一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201810 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201812
冬の花
このところ急に冷え込んできて、一気に晩秋から初冬の気配になってきました。
今年はこの急な冷え込みで紅葉の色付きもよく、近傍の名所でも見頃になってきているようです。

我が家でも冬は冬なりに咲く花があり、立冬の頃から花開きました。
庭では真紅の寒椿が、生垣では白とピンクのサザンカが、
玄関先では、花ではありませんがセンリョウの朱色の実が目を引きます。

息の長い花や実ですので、この冬もこれらに雪の積もる景色も見られるでしょうか。


冬の花31

冬の花#2

冬の花#3


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:冬に咲く花 - ジャンル:写真

秋祭
母の入居している施設では年に何度かイベントが開催されますが、
今秋は秋祭をやるということでしたので、今日朝一で行ってきました。

秋祭#1 秋祭#2

家族参加歓迎ということで、普段なかなか来れない家族も多く、
初めてお見かけする方も多かったのですが、賑やかなお祭になりました。
射的や輪投げのゲームで袋菓子の景品をもらったり、
屋台でたこ焼き汁や善哉、焼き鳥などををもらって摘まみながら大道芸を楽しむ、
普段、なかなか人と交わったり刺激の無いルーチン生活のお年寄りも喜んでいました。


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

飛来物
昨日午後から台風24号が接近し、大暴れして今日未明に去って行きました。
思い返せば、今年は12号、20号、21号に続いて4回目の台風襲来です。
1年内にこれだけの数の台風がやってきたのは、記憶にありません。
今年はまだ3ヶ月残っていますが、大地震や集中豪雨もあり、まぁ災害まみれの1年でしたね。

こちらのお宅では地震と前回の台風で剥がれた屋根の補修中、
取り敢えずブルーシートで養生して工事待ち状態でしたが、
作業に掛かる前に今回の台風でやられてしまいました。

飛来物#1

昨夜の台風通過時には前回の21号ほどのことなく、何とかなると見守っていましたが、
通過後の吹き返しで『ビュ~』『ゴ~~』と強風が吹き荒れ、いろんなものが飛び交い、
朝になって見回ったら例によっていろんな飛来物がありました。

家の周りの側溝沿いには、いつもの缶コーヒーの空き缶やレジ袋、菓子袋、吸い殻のポイ捨てに加え、
これだけのものが見つかって回収しました。

飛来物32

庭のガレージ跡には、何故か雨合羽のズボンが・・・・

飛来物#3

文句を言っても仕方ないので、次の粗大ゴミ回収の日にまとめて出すことにします。
それにしても、溜息しか出ませんなぁ。


FUJIFILM FinPix F550EXR


台風直撃
今日の昼過ぎ、また台風の直撃を食らいました。
10日ほど前に台風20号が来て、頭の上を通過していったのですが、
今日もほぼ同じコースで台風21号がやってきました。

前回よりもはるかに規模の大きい台風だそうで、
ビュー、ゴーという暴風雨の恐ろしい音が響き渡りました。
家の前を走る阪急電車も昼頃から止まったままです。

台風直撃#1

恐る恐るロックチェーンを掛けた勝手口を少し開けましたら、
真横に吹き荒れる風雨に混じり、いろんなものが飛んで、電線にも絡んでいました。
何やら屋根の下地材やパッキンといったものも見受けられ、
近くで「ガッシャン」という感じの衝突音も聞こえます。

家の前の道路で車のブレーキ音を聞きましたので、
もう一度覗いてみますと、電線にスレート屋根板が絡みついていました。

台風直撃#2

我家のものではないので、取り敢えずホッとしましたが、
これはどこのお宅の屋根だろう・・・・・
その後も窓を閉め切ったので見ることのできない庭から
いろんなものが飛んできている音が聞こえます。

そっと開けてみた玄関口からは、
庭に落ちた屋根の下地材の角棒やプレスボード、防水シートが見え、
透明波板・・・これは物置の屋根かなぁ、の残骸も落ちていました。

ちょうどこの記事を投稿する今あたりがピークの模様、
1~2時間して風が収まってきたら外から確認してみましょうか。
明日は飛来ゴミ掃除に追われそうです。
一夏の短期間に12号と合わせて台風3発の直撃を受け、もうウンザリです。


========== 追加 ==========

夕方に風が収まりかけた頃、買い物に出たら、
駅前の古い駐輪場の看板が風で倒れていました。

台風直撃#3

ちょうど業者さんが駆けつけたところで、
腕組みして見上げていました。


========== 追加 2018.9.5 8:00 ==========

一夜明けて我家の玄関先を確認してみますと、いろんな飛来物が目に付きました。
特に、ご近所の屋根が剥がれたお宅の屋根材が目立ちました。

台風直撃#4 台風直撃#5 台風直撃#6

台風直撃#7 台風直撃#8


========== 追加 2018.9.5 12:00 ==========

母の入居施設を訪れた際に
以前レポートしました地震被害に遭ってから手つかずのお宅があったのを思いだし、
気になって眺めてみましたが、やはり想像どおりの結果でした。
屋根の崩れがますます酷くなり、ブルーシートも何処へやら、という感じです。

台風直撃#9


FUJIFILM FinPix F550EXR


台風一過
今回上陸した台風12号は異例尽くめだそうで、
普通は西から東に大きく湾曲したコースをとることが多いのに、
東から西にほぼ真っ直ぐなコースを辿るとか。

昨夜は深夜に紀伊半島の伊勢あたりに上陸し、そのまま西進、
夜半の3時前から急に雨風が強まってきて、
雨戸シャッターを叩くような風と雨で、一旦眠りについた目が醒めてしまいました。
強風の『ゴ~』という音とともに1時間あまり、「今頭の上を通っとるなぁ」とTVの天気情報を眺めていました。
ピークを過ぎた頃から横になり、騒音で起こされたり微睡んだりを繰り返し、朝を迎えました。

当地では、普通南西から東北に向かって進む台風が、今回に限り東から西に通過しましたが、
気象予報士やアナウンサーが断定、喧伝していた『今回の台風に限り台風一過の晴れ間はありません』
ということはなく、台風一過の晴れ間となりました。

台風一過#1

風雨が治まったら朝日が射し、明るくなりました。
寝不足の目覚ましに淹れたコーヒーを飲もうと出したマグカップを
テーブルに置いたら見事に陽射しの影ができました。

台風一過#2

ま、かつて経験のない台風の逆走のごとき進路でしたので、
混乱は仕方ないとも言えますが、センセーショナルな報道を検証してもらいたいものです。

台風は現在、兵庫県の瀬戸内沿いを西進中、
これから岡山、広島と、先日の集中豪雨で甚大な被害を受けた地域を通る見込です。
被災軽微であることを願うばかりです。

それにしても、ここ1ヶ月あまりで地震、集中豪雨、猛暑日連続、不規則台風と
次々と異変が起こっています。 次は何が起こるんだろう・・・・


Nikon Df / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR



2018.7.29 1200 追記

母の入居施設に訪問に行ってきましたが、
昨夜の台風騒動は意に介していなかった様子で、ちょっと拍子抜け。

そう言えば、、、と地震で屋根瓦が落ちて手つかずだったお宅を見てみますと、
結構大変なことになっていました。
多分台風の風で飛ばされ、ブルーシートが落ちてしまったのでしょう。

台風一過#3

まだまだ市内には業者が来てくれなくて順番待ちの損壊住宅がたくさんあります。
あの地震から40日、その間に集中豪雨、猛暑日連ちゃん、そして昨夜の台風直撃と、
まさに踏んだり蹴ったりで、お気の毒としか言いようがないですね。

私なら心が折れてしまいそうです。




テーマ:朝日 - ジャンル:写真

猛暑
毎日暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
当地では、先月の地震、月初の集中豪雨、そしてこの猛暑続きのトリプルパンチで、
「もう、どうにでもしてくれ」 という気分になっております。

特にこの猛暑続きは、京都で昨日まで6日連続の38℃越えを記録するなど危険領域に入っています。
我家でも、ここ7日間連続で最高気温が37℃を越え、
母の入居施設への往復は、まるで風呂場で自転車を漕いでいる感じであります。

写真の気温計は、今朝の9時半過ぎに撮ったものです。

猛暑#1 猛暑#2

左は家屋の北面、地面の上1.5mほどの風の通る日陰での記録です。
9時半過ぎでもう33℃を指しており、湿度も65%、モワァっとした空気に包まれています。
今日も午後3時頃には36~38℃を指すと予想できます。

右は在宅時にエアコンを掛けっぱなしにしている居室の温度計です。
並べるとほんのちょっとの差に見えますが、これで十分冷んやり快適に過ごせます。
熱射病予防のために逃げ込めるよう、1部屋は日中も就寝時もこの状態にしています。

気象予報ではこの夏はこの状態がずっと続く見込だとか、
『酷暑』『炎暑』『気象災害』とマスコミは煽り立てていますが、
さて、その対応策は、、、、と言っても、切り札はありません。

堪え忍ぶしかないんでしょうかねぇ・・・・



テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

冷やしあめ
梅雨明け十日、これは当地で昔からよく聞いた言い回しです。
梅雨が明けてから晴れた日が続く十日間ほどが真夏の一番暑さが堪える時候、
そんな意味合いが込められています。

梅雨のムシムシで身体が弱っているところにいきなり油照りに見舞われ、
まだ身体の準備ができていないので、コトほど暑さが身に浸みる様のことです。

例年なら祗園祭の半ば、7月中旬の山鉾巡行の頃がその始まりなのですが、
今年は大地震、集中豪雨と続いた後のいきなりの早めの梅雨明け十日、
しかも突然の猛暑日連ちゃんで、殊更に堪えるのであります。
今朝、町内で今夏のセミの初鳴きを聞きました。

ところで先日、冷やしあめを見つけて買い、冷蔵庫に保管しておりましたが、
外出から戻り、キンキンに冷やしたのを一気に飲み干しますと、「あ~極楽」
火照った身体も落ち着くのであります。

冷やしあめ#1


冷やしあめは子供の頃、夏の縁日に屋台が出ていて、親に買ってもらって飲んでいました。
かき氷、アイスキャンデー、冷やしあめ、これが私にとっての縁日の3大アイテムでありました。

実はその昔、京都の親戚で『冷やしあめ』『冷やしコーヒー』『甘酒』などの
屋台向け飲料を製造し、卸していたんです。
ちょうど仕込んだ頃に親戚を訪れると、お土産に一升瓶に入った『冷やしあめ』を持たせてくれました。
その冷やしあめを井戸水で割り、氷を浮かべて一夏掛けてチビチビといただいたのであります。
その親戚も縁日需要が減り、高齢になったこともあって大分前に廃業してしまいました。

近年では口にする機会もなく、忘れていた味ですが、この夏は久しぶりに楽しんでいます。
麦芽で作った水飴に生姜汁を加えたさっぱりとした、ほのかな甘みが何とも言えません。

冷やしあめは、友人知人の中に結構知らない人も多く、
普及に地域差があるのか、はたまた其奴が縁日に縁がなかったのか、
そのあたりはよく分かりません。
兎にも角にも、私にとっては子供時分を思い出す懐かしい味なのであります。


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:飲み物の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.