一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201706 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201708
もうすぐ巣立ち
 
もうすぐ巣立ち#1


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

夏本番
 
夏本番#1


ここ数日は毎日35℃レベルの猛暑となり、
完全に茹だりきっておりますが、
当地にはまだ梅雨明け宣言が出ていません。

今日外出先から帰って自転車を置こうとしたら、
玄関先に蝉が1匹落ちていました。
この蝉の夏はもう終わったんですねぇ。
まだ梅雨中ながら ”もう夏は本番が来てるんや” と実感してしまいました。


Nikon DF / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

暑いよぉ
 
暑いよぉ#1


昨日今日と暑さに茹だっておりますが、
今日小1時間外出して戻ったら、部屋のメーターが・・・・

堪らずエアコンを点けましたが、
外壁が触れないくらいに熱くなっていて、
1時間経っても30℃から下に針は振れません。
酷暑慣れはしているつもりですが、
さすがに今日はへばりました・泪


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

京都水族館
 
京都水族館#1


母の入所する施設の遠足で京都水族館に行ってきました。
車椅子の押し役と言うか、付き添いであります。
私が京都洛中に足を踏み入れるのは3年余ぶりのこと、勿論水族館も初めてです。


京都水族館#2


天気予報は雨でしたが、ギリギリ降らずに済み、
水族館には2時間あまりの滞在でしたが、
久々の外出で母も上機嫌、私もいい気分転換ができました。
私には隣接する鉄道博物館の方が気になったのでありますが・笑


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:水族館 - ジャンル:写真

みなづき
 
みなづき#1


今年もこの季節がやってきました。
毎年、6月末近くになると知人が届けてくれます。

梅雨の盛りももう少し、梅雨が明けるといよいよ油照りの京の夏がやってきます。
みなづきは、外郎に寒天で固めた大納言小豆餡を載せたような京菓子ですが、
氷菓子に見立てて涼味を感じ、京都の夏の暑さを乗り切る覚悟を固める庶民の季節菓子です。
これを食べると祇園囃子のコンチキチが聞こえてきます。


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:季節の風物 - ジャンル:写真

歩けんよ
 
歩けんよ#1


先日、おとにゃんさんのブログで拝見した記事で思い出しました。
我が町の駅前、駅ビルの外れにも全く困りものの通せんぼ歩道があるんですよ。

ここは駅ビルの側道、駅ビル下の屋根付き歩道です。
不法駐輪の自転車がびっしりと歩道を埋め尽くしていますので、
歩道を歩くと、対向する人とすれ違うことも困難です。
歩道と車道の間には柵があり、歩道の入口にはご覧の通せんぼがあるのですが、
ここに自転車を置く人は、力任せに自転車を持ち上げ柵を乗り越して駐めています。

実はこの通せんぼ、人が通り抜けようとしても ”カニの横這い” ポーズでないと通れません。
買い物袋を持っていると、私でもバランスを崩して転けてしまいそうです。
当然、老人車を押したお婆ちゃんなどは通れません。
買い物帰りに屋根付きの歩道が通れず、雨の日などには特に、
濡れながら車の通る車道を歩く姿をよく見かけ、気の毒になぁ、危ないなぁ・・・・

折角の歩道が雨に濡れず普通に歩けるよう、何とかならんもんですかねぇ。


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

梅雨入り
 
梅雨入り#1

先ほど、気象庁から関東甲信地方以西に対し一斉に ”梅雨入りした模様” と発表されました。
当地でも昨夜半から雨が降り続き、強弱はあっても止み間なく降り続いています。
豪雨というほどではなく、シトシトピッチャン、、、、
雨粒は小さく、傘なしでは外には出られないけど、傘があれば何とか歩けるレベルです。
言ってみれば、まさに梅雨らしい降り方そのものであります。

先日開花をお知らせした我家のアジサイも、梅雨入りを見計らったように見頃となっています。
久しぶりの納得づくの梅雨入り模様ですが、
降り込められる鬱陶しい日々が続くかと思うと、憂鬱でもあります。

梅雨入り#2


Nikon DF / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


テーマ:雨の景色 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.