一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
梅は、まだ
凍えるくらいに冷える日もあれば、日差しの下を歩けば軽く汗ばむ日もあり、
そんな三寒四温で春に近づいてゆくのかなぁ、なんて感じる日も出てきました。
そんな春めいた日差しの中、天神さんに出掛けてみました。
次のの土日には「てんじん祭」があるとのことでしたが、梅はどうなんでしょうね。

境内の白梅はまだ蕾が堅く、開花している花は一輪もありませんでした。

梅は、まだ#1

では、紅梅の方はどうでしょう。
こちらもまだまだ蕾の中に閉じ籠もっておりました。

梅は、まだ#2

参道では日の光を気持ちよく浴びることができたんですけどねぇ。

梅は、まだ#3


折角のうらうらとした日和ではありましたが、25日には梅の花は間に合わないかもしれませんね。
25日、26日にはこの参道に多くの屋台店が並びます。


高槻・上宮天満宮
SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


関連記事

テーマ:梅の花 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント

今年は極端に開花が遅いですねぇ。
地球温暖化はどこへ行っちゃったのか・・・・・。
25日に予定されているモデル撮影会も困った事になりそうです。

http://www.town.ogose.saitama.jp/umematsuri/kaika.html
2012/02/20(月) 20:52:14 | URL | HARIKYU #KULPigg6[ 編集]
 今年は、開花が遅れるようですね。イベントに関係している人たちは大変ですね。
 でも、ちょっと膨らんだ蕾は、春が近づいていることを知らせてくれますね。
2012/02/20(月) 20:58:42 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
foresterさん、今日ちょうどタイミング良く近畿で梅の開花があったそうです。
場所は奈良ですが、いつもより半月以上遅いそうです。全般に半月遅れペースみたいですよ。
この寒波は温暖化の反作用のようで、400年前にはこれで小氷河期に入ったそうです。
温暖化現象が氷河期の始まりねぇ・・・・・・
2012/02/20(月) 21:58:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、今度の週末に梅まつりを計画していたところなんて、大変よ。
まだ開花もしてないから、温風器で煽っても、間に合いそうもないわね。
ただ蕾は花の色が分かる程まで育っていますので、確実に春への一歩を踏み出していますね。
2012/02/20(月) 22:02:23 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こちらも梅園の梅祭りが開けないでいます。やっと
今週に少しは開花するようで、今年の寒さがわかり
ます。それでも春はまもなくですね。
2012/02/21(火) 02:02:39 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、当地でも梅園の開園に花が間に合わなくて右往左往してるようです。
寂しいけれど通常通り開園し、閉園を10日程度遅らせるのが多い感じです。
それでも蕾の色づきや日差しの眩しさにそろそろ春の到来を感じますね。
2012/02/21(火) 08:47:10 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
気温だけは確実に上がってきてますから春は近いのかなぁ。
2mの雪に埋もれて春を待ちます。(笑)
2012/02/21(火) 10:36:47 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、確かに平年に比べれば低温ですが、それでも確実にアベレージが上がってますね。
今年は梅がこの状態ですが、桜はどうなんでしょうかね。どっかで追いつくのかなぁ。
2012/02/21(火) 11:00:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こちらの大宰府天満宮の梅も今年は、かなり
遅かったです・・
天候不順で咲ききれていません~~
2012/02/21(火) 18:48:31 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、そちらではもうほころんできていますか?
近畿一円はどこもベタ遅れで、大凡例年の半月遅れの感じです。
梅園が見頃になるのは今月末頃になりそうですね。
2012/02/21(火) 19:06:40 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.