一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
Y字路の桜
昨日今日と、時折雲がかかることはあるものの当地は好天に恵まれ、
日中の気温も17℃程度まで上がりました。

TVを見ますと、ニュースなどで「満開だぁ」、「お花見だぁ」と大騒ぎしていますが、
これは東京キー局の身の回りの話であって、当地ではまだまだ蕾でありました。
九州四国や南紀などの早咲きの地方では、咲き始めから満開近しではありますが、
その気分ギャップにしらけておりました。

先週木曜のゴミ出しの日の朝、この定点観測点である近所のY字路にある絵描きさんの家の前に行きましたが、
あの桜の木はまだ蕾、開花まではもうちょっとかかるるかなぁという感じでした。
そこで、今日、「どうなってるかしら、咲き始めてるかな・・・」と行ってみました。

見頃にはまだまだですが、そろそろ咲き始めていましたので、一安心というところでした。

Y字路の桜#1

枝によって蕾ばかり、結構咲いているところとばらつきがありますが、
近寄ってみますと、これくらいの感じで観賞できました。

Y字路の桜#2

見たところ2分程度の咲き加減でしょうかしらね。
多分今週中には満開になるのではないかと思われます。

Y字路の桜#3

場所は当家から徒歩30歩の郵便ポストのあるところ、
このブログ読者にはお馴染みの私の試写ポイントであります。

Y字路の桜#4

実はこの画面左に写っている白いブロック塀のお宅、
私宅がここに引っ越してきた時に、ほぼ同時に入居されたこの住宅街最古参のお宅なんです。
こちらとは50年以上のおつきあいで、ここのお婆ちゃんと私の母親も仲がよく、
同年齢ということもあって、この住宅街で最後に生き残った母親の親しいお友達でもありました。
新興住宅地の入居当時、小中学生だった子供が既にアラカン世代になっていますから、仕方ないですね。
ここのお子さんが独立されて家を出、20年ほど前にご主人を亡くされてからはひとり暮らしでありました。

一昨年の4月にここで写真を撮った時、いつも早起きのここのお婆ちゃんがたまたま表に出てきて、
「今年もきれいに咲いたねぇ」などと私もお話をしていたのであります。

ところが一昨年の暮れ、突然体調を崩されて入院しました。
ですから、昨年の桜が咲いた時にこのお宅は無人でお留守、ご一緒に花を見られませんでした。
そして、そのまま、残念なことに昨年5月早々に鬼籍に入ってしまわれました。

ここのお婆ちゃんが亡くなって、私の母親もがっくり、
唯一の親友を亡くしてしまって一気に老け込んでしまいました。
このお宅も、息子さん、娘さんによれば土地家屋を処分する方向で検討中とか、
昨年右側の景色が変わってしまいましたが、今度は左側の景色も変わってしまいそうです。
今年の花見は何とも複雑な気分で迎えることになりました。


FUJIFILM FinePix F550EXR


関連記事

テーマ: - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
何度か拝見している街角、何も変わらないようで
いろいろ変化していきますね。それも生きている
ということなのでしょうが、見知った景色が変わる
のは切ないものです。
2013/03/24(日) 20:42:30 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
そうですか
そういう場所ですか・・・

 人それぞれ基点となる場所があるのですね。
 私は今の場所に移って5年にしかなりません。
 これから出来てゆくのかもしれません。
2013/03/24(日) 21:32:46 | URL | higemajin #-[ 編集]
kanさん、この写真に写っている道路沿いの家はそこそこ建て替わっているのですが、
道路が全然変わっていないので同じ街角だというのがわかります。
道路が変わると愕然とするくらい景色が変わるんですけどね。
変わったようで変わらない街角ですが、10年前と比べると凄く変わってますね。
2013/03/24(日) 22:26:13 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
higemajinさん、ひとっ所に半世紀以上住んでいると、周りも自分も変わりますわなぁ。
家も変わるし、人も変わる。家が変わり、ひとが年々歳を加えてゆくのは自然に受け取れますが、
人が入れ替わったり、亡くなったりするのは、とても寂しい気持になりますね。
町というのはコミュニティで成り立っているんだなぁ、というのを最近痛感しています。
2013/03/24(日) 22:33:15 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
私の住んでるところも当時は新興住宅地の外れでしたが当時から住んでる方は向いの元地主さんだけです。
更に西方向へ住宅地が広がって、この辺りは空家・空地が目立ちます。
お年寄りばかり(私もだ!)目立ちますからどうなるやら。
2013/03/25(月) 11:20:54 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、この辺りは元々弥生時代からの田圃を昭和30年代に埋めて造成された新興住宅地、
開発主体が阪急系の大手不動産会社ですから、元地主さんも大家さんもなしでありますよ。
80軒ほどの第一次開発ブロックの第一号入居者は5軒、その当時に世帯主(の妻)だった人で、
現在生き残っているのは私の母ひとりであります。
昼間の住宅街はもともと静かなものですが、輪をかけて子供の遊ぶ声も聞こえず、
井戸端会議の人々の姿も見えず、犬も猫も昼寝中、まことに静かな町なのであります。
2013/03/25(月) 11:33:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.