一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
下鴨神社糺の森
折角出町柳まで来ましたので、ちょっとだけ下鴨神社を覗いていくことにします。
下鴨神社と言っても、目的は糺の森(ただすのもり)、ここをどうしてもちょいと覗いてみたいのです。

では、このおねえさんの後について参道に入ります。
下鴨神社糺の森#1

この日の日差しは、上着を着て日向を歩くと汗ばむくらい、
桜も散り始めておりました。
下鴨神社糺の森#2

参道を進んで、そろそろ糺の森というあたりで、陽気な神職と出くわしました。
神職と言えど、素のときは気のいいおっちゃん、おにいちゃんであります。
おねえさんは、タイプじゃなかったのか、ニアミスしたのに目もくれずに通り過ぎました。
下鴨神社糺の森#3

そうこうするうちに、懐かしの糺の森の入口に来ました。
下鴨神社糺の森#4

森の木立を通した日差しは、とても気持ちよい光なのであります。
下鴨神社糺の森#5

糺の森はいつ来ても人は多くもなく、少なくもなく、快適な空間です。
下鴨神社糺の森#6

この参道寄りにある瀬見の小川は、いつものように澄んだ水が流れていました。
水量が少なく、流れも緩いので、地味な存在ではありますが、無くてはならない小川です。
下鴨神社糺の森#7

糺の森でも、まだ名残の桜が咲いており、春の空気を感じられます。
下鴨神社糺の森#8


糺の森は、行っから何がある、何かがあるから行くという場所ではありませんが、
いつ行ってもいつもどおりの景観で迎えてくれ、ゆっくりとくつろげるのです。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


関連記事

テーマ:京都の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
う~ん
大好きになりそうな森です。
森のなかへ入った辺りからの写真は
見ているだけで癒されます。
2014/04/21(月) 20:05:55 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、ここは古代の原生林が残るところ、私も大好きです。
京都といえば竹と言われますが、この辺りにはあまり見られません。
適度に手の入った里山の雰囲気が町中で味わえる、いい場所です。
2014/04/21(月) 20:43:37 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
♪京都♪大原♪三千院 ではありませんが、このオネーチャン、恋に疲れているんでしょうかねぇ。
2014/04/21(月) 21:28:28 | URL | HARIKYU #KULPigg6[ 編集]
 葉桜から新緑へと変わっていきますね。仙台のソメイヨシノは散り始めましたが、枝垂れ系は、まだ見られます。
 葉が生い茂ると鳥さんを見つけにくくなります
2014/04/21(月) 21:40:03 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
HARIKYUさん、このおねえさんは、背筋ピン、シャキシャキと歩いていましたので、
恋に疲れている風には見えませんでしたけどねぇ・笑
2014/04/21(月) 22:26:41 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、今は新緑が瑞々しくて、生命力とその息吹を感じますね。
当地でも枝垂れ系の桜はまだ花咲いていて、まだ見ることができています。
それでも、そろそろ藤の開花がちらほらと聞こえてきています。
季節は確実に進んでいってますよ。
2014/04/21(月) 22:30:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
糺の森は本当に魅力的ですね。いつか必ず歩いて
見たく思います。
2014/04/21(月) 23:49:04 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、全国各地に心地よく散策できる森はありますが、
ここの魅力は、とにかく樹高があって森の天が高いことですね。
通路が狭く鬱蒼とした森ではなく、清澄な明るさがあって、気分が晴れます。
駅やバス停から数分というお手軽さ、地の利も魅力ですね。
2014/04/22(火) 07:59:13 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.