一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
エントランス
 
エントランス#1


ここはご近所のNさん宅の玄関前、
北道路からのアプローチですが、
南側の庭を通した光の入り具合が、
特に午前中にはとてもいい雰囲気なのです。
なぜか私のとても好きな景色で、
前を通る度に覗かせてもらっています。


Nikon Df / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


関連記事

テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
自転車が現実生活を物語っていますが、良い光
ですね。惹かれて写されるのはわかります。
2014/12/26(金) 23:35:12 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、人それぞれになぜか引かれる物があり、他人からは「フーン、そうなの・・・」
言ってみればヲタクの萌えポイントが一般人に理解できないようなものでしょうかね。
その多様性がおもしろさを醸すのだと思うのですよ。
2014/12/27(土) 07:25:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
雰囲気がよく気になる玄関先ってありますね。
前を通る人をキブンよくさせることって、
大切だけどなかなかできないです。
少なくとも周りを不愉快にさせるような家は困りますね。
2014/12/27(土) 08:33:42 | URL | keizo-f #-[ 編集]
keizo-fさん、玄関先の雰囲気って何となくそのお宅の空気感が感じられますね。
ついほっこりさせていただけるような雰囲気だと、その日はとても気分良く過ごせます。
反対に、バラ線や鼠返しで固め、「べからず」看板がベタベタ貼ってあったら、
とても嫌な気分になってしまいますね。
2014/12/27(土) 08:57:56 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
冬の光は時間によって全く違うのでとても面白いですね。
ただし私の場合は午前中は仕事だったり、休みの日は起動に時間がかかってしまうのでなかなか写真が撮れません(笑
2014/12/27(土) 15:09:11 | URL | おとにゃん #WOq6nlhY[ 編集]
北側からだと、薄暗い感じになりやすいですが
光の道を考えてエントランスを作られていますね
どんな人が住んでいるんだろうと考えてしまいます
2014/12/27(土) 16:45:52 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
紅葉でしょうか
抜けて見える色合いが素敵ですね。
2014/12/27(土) 17:34:34 | URL | higemajin #-[ 編集]
おとにゃんさん、冬の陽は短時間で、しかも弱くて陰が長い、
だから刻々と景色の表情が変わるので、美味しい一瞬を見逃さないのが大切ですね。
私はフルタイム自由なので、狙えるっちゃぁ狙えるのですが、如何せん
突然ランダムに不自由になるので、反ってストレスが溜まります・泪
2014/12/27(土) 18:31:58 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、シンプルながら北道路の角地をいかしたいいアレンジだと思います。
こちらのお住まいの築年は我家と差が無く、同世代のご夫婦が住まわれてます。
なかなかセンスの良い設えで、落ち着いて渋く、温厚なご夫婦ですよ。
2014/12/27(土) 18:36:30 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
higemajinさん、まだ紅葉してますね。
この木の向こう、アーチに隠れたところに柿の木が1本あるのですが、
いま実が1個だけ残って完熟状態です。葉は全部落ちました。
実はこの実、わざと残しているんだそうです。その景色が実に美しい!
2014/12/27(土) 18:39:57 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
写真部に入ったという孫っちに
「この季節の光と陰を意識して・・・」って
メールしました。
2014/12/27(土) 19:59:43 | URL | 會津 #-[ 編集]
會津さん、そのメールに孫っちが応えてくれると、将来有望ですね。
思い返せば、“ピーカン”“順光”基準の写真術から一皮剥けたものを撮りたい、
光のアヤを直接に、陰を使って間接に仕留めたいという欲望を満たすための試行錯誤、
これが若い頃からの格闘対象で、ずっと続くテーマした。
2014/12/27(土) 20:05:43 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.