一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201904 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201906
後祭の山 2
新町通をいったん六角通まで下がって、六角通を東に一筋進みますと、室町通と交差します。
その交差点から室町通を少し上がると、黒主山にあたります。

後祭の山 2#1

黒主山は桜の花見をする大伴黒主が表現されていて、この時期に汗をかいて眺めるには不思議な景色です。
小型の山ながら、前垂れ、水引から黒主の衣装まで重文クラスの懸想品がてんこもりです。

後祭の山 2#2

後祭の山 2#3

そこから室町通を六角通を越えて下がったところに、鯉山があります。

後祭の山 2#4

鯉山の御神体は、全長1メートル50に及ぶ木彫の見事な鯉で、名工左甚五郎作と伝わっています。
山の上に大きな鯉が躍動しており、龍門の滝をのぼる鯉の勇姿を表現しています。
鯉山の周囲を飾るタペストリーは、16世紀にベルギーのブリュッセルで織られた壁掛だそうです。
残念ながら、まだ飾り付けが全部済んでいませんね。

後祭の山 2#5

ここで一旦室町通を上がって六角通を東に入りますと、烏丸通の手前で浄妙山に出会います。

後祭の山 2#6

浄妙山は平家物語の宇治川の合戦にモチーフを獲った造りですが、
私が見た限りでは、狭い六角通でも余裕で置ける小型の山で、
おそらく祗園祭の山鉾の中で最小クラスと思われます。

後祭の山 2#7

祗園祭の後祭の山鉾を見て回りましたが、ここまでで7基、
あと、役行者山、鈴鹿山、橋弁慶山の3基が残っていますが、時間の都合で回りきれませんでした。
心残りながらこの日は退散、翌日にKBS京都放送の巡行中継で拝見しました。


PENTAX K-3 / TAMRON SP AF 10-24mm F3.5-4.5 DiII LD [IF]


テーマ:祇園祭 - ジャンル:写真

後祭の山
祗園祭の後祭で巡行する山鉾は10基、
その中で鉾と呼ばれる大きなものは、前記事でご紹介しました大船鉾のみで、
残りの9基は山と呼ばれる小型のもの、基本的には囃子方が乗らない飾り山なのですが、
山の中には囃子方が乗り込み、鉾と変わらない大きさのものもあります。

折角後祭の山鉾を拝見に来ましたので、残りの山も見ておきたいと思います。
大船鉾が組まれていたのは新町通四条を下がったところですが、
新町通を上がって四条通を越え、錦小路通を越えますと、蛸薬師通の手前で南観音山に出会います。

後祭の山#1

南観音山は天明の大火(1788年)で消失しましたが復興がなり、
囃子方の乗り込む大型の山として、そして、山全体を飾る見事な水引で有名な山であります。

後祭の山#2

さて、南観音山の横の細い隙間を抜け、
新町通を更に上がって蛸薬師通を越えるとすぐに北観音山がありました。

後祭の山#3

北観音山は、応仁の乱の時代から隣町の南観音山と、1年おきの交代で山を出していました。
もとは舁き山だったのですが、後に曳き山になり、囃子方も乗り込んで祇園囃子を奏じます。
山の上には楊柳観音像と韋駄天立像を安置しますが、鉾ではないので真木の代わりに松の木を立てます。
巡行前には、渡り廊下を渡して一般の方に山の内部をご披露しています。

後祭の山#5

北観音山の横を抜け、新町通を更に上がって行き、
六角通を越えて三条通の手前に八幡山があります。

後祭の山#6

八幡山は小型の舁き山で、巡行の時には八幡山の麓に総金箔の美麗な小祠を置き、
華麗な水引や前垂れなどを飾った美しい姿で行進します。
舁き手は揃いの装束に陣笠姿になり、目を引きます。

後祭の山#7

この八幡山にカゴりませんが、祗園祭では各々の鉾町で山鉾銘のちまきや手ぬぐいなどを販売し、
山鉾の維持管理費の一助としています。 このお祭を続けてゆくためにも、できるだけ協力したいものです。

後祭の山#8

各鉾町では祗園祭の間、店舗や居宅の一部を開放し、
代々伝わる屏風や調度品、古友禅などを展示して、見物客の目を楽しませてくれます。

後祭の山#9


この新町通を四条下がるところから三条手前まで歩くだけで4基の山鉾を拝見できました。

祗園祭は7月いっぱいの1ヶ月間続きますので、巡行だけではなく、
巡行前の提灯で飾られた山鉾を拝見したり、展示される調度品を見て回ったり、
後祭と同日に開催される花笠巡行で花街のきれいどころを見たり、と、多くの楽しみがあります。
私のように宵山の、それも昼間に出かけてゆっくり山鉾を拝見して満足する、
それも祗園祭の楽しみ方の一つ、機会あれば是非お出かけいただきたいと思います。
ただし、梅雨明けの酷暑はまさに京の油照り、それだけはご覚悟下さいませ。


PENTAX K-3 / TAMRON SP AF 10-24mm F3.5-4.5 DiII LD [IF]


テーマ:祇園祭 - ジャンル:写真

大船鉾の復活
今年の祇園祭は、1965年以来半世紀ぶりで2回巡行が復活し、
17日に 『前祭(さきまつり)』 、24日に 『後祭(あとまつり)』 が行われます。
今年は前祭で23基、後祭で10基が参加し、
長刀鉾、函谷鉾、月鉾などの有名どころが前祭巡行となり、華やかさでは勝ります。

しかし、今年は何と150年ぶりに大船鉾(おおふねほこ)が復活し、後祭で巡行することになりました。
大船鉾は嘉吉元年(1441年)の建立とされ、祗園祭の山鉾の中でも由緒のある鉾です。
応仁の乱(1467年で他の山鉾とともに焼失、23年後の明応9年(1500年)に再興しましたが、
その頃は人形だけを乗せた比較的簡素な「舟」でしたが、江戸時代に次第に装飾が加えられ、
囃子も加わって、「船鉾」と呼ばれるようになりました。

ところが、天明の大火(1788年)で神功皇后の御神面を残して焼失、
文化元年(1804年)に以前にも増して豪華な鉾として再興され、大船鉾と呼ばれました。
大船鉾の復活#1
現在残る懸装品や金幣はこの後に整えられたものだそうですが、
元治元年(1864年)の禁門(蛤御門)の変により木部を焼失、以後は休み鉾となっていました。

それが今年から復活するのです。
それも、後祭10基の山鉾で唯一の鉾として、巡行の最後尾を飾る復活ですから、期待も大きいのです。
・・・・ということで、35℃の酷暑の中、拝見に行ってきました。

四条通から新町通を少し下がると、、、、ありました!

大船鉾の復活#2

さすがに伝説の名鉾、大きいですねぇ、立派ですねぇ。
今年の祇園祭で一番の話題になっている鉾ですから、ハンパない人が見物に来ていました。

大船鉾の復活#3

狭い通りですので、なかなかすっきりと全景を眺められませんが、
斜め前から拝見しますと、大きな船形の実に堂々とした鉾でありました。
舳先には実に豪華な金幣も飾られています。

大船鉾の復活#4

真横から拝見しますと、多の有名どころよりも背が高く、威風堂々とした鉾であります。
シャシンは、右が舳先です。

大船鉾の復活#5

後部には昔の外洋和船に見られる櫓が乗っています。

大船鉾の復活#6

船底?には、巡行の時の辻廻しで使う割竹が備えられていました。
これを見ると、明日はいよいよこれが曳かれてゆくんだなぁと実感できます。

大船鉾の復活#7

前祭の巡行は、過去50年間の1回巡行と同じ四条通→河原町通→御池通と回りますが、
後祭は逆コースをたどって、御池通→河原町通→四条通と進みます。
今夜の宵山、明日の巡行が楽しみですね。


PENTAX K-3 / TAMRON SP AF 10-24mm F3.5-4.5 DiII LD [IF]



2014. 7. 24   後祭巡行のTV中継より大船鉾の辻廻しのシーンを持ってきました。


大船鉾の復活#8



テーマ:祇園祭 - ジャンル:写真

祗園祭宵々山
今年の祗園祭は、宵々々山・宵々山・宵山の3日間が土日祝日と重なり、
言ってみれば前夜祭が例年より多くの人出になるだろうと予想されました。
かと言って山鉾巡行の17日は平日、おいそれと仕事を休んで見に行くわけにも、
ということで、人出覚悟の宵々山に夕方から出掛けてみました。

電車を降り、薄暮の烏丸から四条通を東に進みますと、お馴染みの長刀鉾がありました。
予想どおり物凄い人出で、鉾の周りは人だらけ、自分の思うように進めません。
車線を絞った四条通でありますが、言われるままに歩くしかありませんでした。

祗園祭宵々山#1

それでも最接近した場所では祗園囃子が心地よく響き、いやが上にも祭の雰囲気が盛り上がります。

祗園祭宵々山#2

巡行では常に先頭を切る名門中の名門長刀鉾ですが、囃子方には子供も入っておりました。

祗園祭宵々山#3

四条通の四条烏丸交差点を挟んだ大宮側には、これも有名な函谷鉾がありました。
こちらの提灯にはもう灯が入っておりました。

祗園祭宵々山#4

四条通、函谷鉾のずっと向こう、大宮寄り南側には月鉾が見えます。
暑い夕日の照り返しが、改めて夏の祭を意識させます。

祗園祭宵々山#5

四条通から狭い室町通を北に分け入りますと、菊水鉾が見えてきます。
見えてからそばに行くまで時間のかかることと言ったら・・・・・泪

祗園祭宵々山#6

私はこの菊水鉾の唐破風造りの屋根が大好きなので、どうしても毎回見ておきたいのです。
動く宝物館と言われる鉾や山でありますが、中でもこの菊水鉾の雅な姿には萌えてしまいます。

祗園祭宵々山#7

その混雑甚だしい室町通から、更に狭い錦小路を東に入ります。
よくまぁこんな所にというところに占出山がありました。
デンと座っている山の横を、やっとすり抜けられる程度の狭い小路であります。
山の横では、その山独自のちまきや手拭い、護符などを販売しており、
これらの収入が山鉾の維持管理に充てられます。
この収入がないと、町内の拠出金だけでは山や、ましてや鉾の維持管理はできません。

祗園祭宵々山#8

私などは山や鉾に見とれ、申し訳ないけど屋台がこんな所にあると通りにくくて困るのですが、
子供や祭の雰囲気を楽しみたい人にとっては屋台店も大切な祭アイテムなのでしょうね。

祗園祭宵々山#9


他にもいくつかの山や鉾を拝見したのですが、これ以上ご紹介してもと思いますし、
私自身、人いきれで少々バテてきましたので、今年の祗園祭ご紹介はこのあたりで切り上げます。

ホントは山鉾巡行も久しぶりに見てみたいのですが、今年こそと思ってはみるものの、
昔は普通に見られた路傍も人で溢れ、見所の場所は有料観覧席になってしまっていますので、
ドアツードア30分で行ける場所で行われる地元のお祭りではありますが、
近年では年々遠い存在になってきていることが、何か寂しい気がしています。

今日の山鉾巡行は好天に恵まれ、というよりも好天過ぎて35℃超のカンカン照りの猛暑日になり、
沿道には15万人ほどが詰めかけたとか、イヤハヤ見物された方は大変でしたでしょうね。
これがために身体を壊した、なんてことのないように願っております。


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:祇園祭 - ジャンル:写真

♪コンチキチン
7月の京都ではメインイベント「祗園祭」がいよいよ佳境に入ってきました。
13日の試験曳きで鉾や山の本番スタンバイは万全になり、
14日の宵々々山、15日の宵々山、16日の宵山で皆さんに飾り立てた鉾と山をご披露し、
17日の本曳き、山鉾巡行でクライマックスを迎えます。

今年も33の山と鉾が約2時間かけて市内を巡ります。
先頭の長刀鉾が出てから最後尾の大船鉾が出発するまで2時間かかりますから、
実質的に4時間の大行列でありますね。
ちなみに、大船鉾は火事で焼失してから140年ぶりで今年復活した注目の鉾です。

さて、その宵山に行ってきたわけでありますが、いやぁ、その暑かったこと。
最高気温は35℃越え、猛暑日でありますよ。じっと立ってるだけで汗が噴き出してきます。

宵山の3日間に限り、鉾や山を出す町内の者だけ、しかもほぼ女人禁制のその中まで
一般の希望者を招き入れ、ご披露してくれる鉾がいくつかあるのであります。
これは函谷鉾の観覧用の渡り廊下ですが、この時で1時間待ちでありました。

♪コンチキチ#1

鉾には祗園囃子の奏者が乗り込んで、本番に向けた演奏準備に余念がありません。
こちらは長刀鉾の演奏模様、もう本番さながらの雰囲気を醸し出していました。

♪コンチキチ#2

狭い室町通や新町通にも多くの鉾や山が建てられ、それを見ようとする人で大混雑、
おまけに露店まで出ておりますので、声を嗄らして交通整理鵜をしても思うように進めません。
加えて猛暑日の暑さであります。一張羅のべべ着た子供も、もうぐったりでありました。

♪コンチキチ#3


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6 D DC



ここは我が家の勝手口、
猛暑日には日差しを受けた突っかけはヤケドをするので履けません。

♪コンチキチ#4

日当たりの悪い我が家の庭も、眩しくて目が痛いくらい、やってられませんなぁ・・・・

♪コンチキチ#5



テーマ:祇園祭 - ジャンル:写真

群衆
今朝いつもどおり出勤のためモノレールで7時20分過ぎに千里中央に着きまして、
いつもどおり朝マックしようといつものマクドナルドに行きますと、なぜか長蛇の列  (@_@。
「いったい、なんじゃ?!」と店に入るのを諦めて何気なく千里セルシー広場の方に目をやりますと
何と、いつもは閑散としている朝の広場が黒山の人だかりではありませんか!

群衆#1

幅20m以上はあろうかという広場から2階テラスに上がる階段にも人がびっしり詰まっていて、
通ろうにも通れません。朝7時半にまだなってない寝ぼけ眼の時間帯ですよ、これが。

群衆#2

どうやらイベントがあるようですが、有名なアイドルでも来るんでしょうかね。
私はそんなのに構っていられないので、マクドナルドを諦めてドトールに流れました。
ドトールは建物の中に店があり、初めて来た人は見つけられないのか空いていました。
そこでゆっくり新聞を読みながらモーニングコーヒーを飲み、出勤しました。


一体何があるのかねぇとネットで調べましたら・・・・

■ 桜の栞 全国握手会イベント powered by ネ申テレビ
   桜の栞はAKB48の45作目のシングル 2010.2.17 発売

○ 3月29日(月) 大阪:千里セルシー広場 ○
<整理券配布開始>  9:00
<イベントスタート>  11:30
<握手会終了予定>  16:30
<参加メンバー>  坂野友美、大島優子、河西智美、北原里英、小嶋陽菜、藤田麻里子、
             高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ、宮崎美穂、宮澤佐江、渡辺麻友


となっておりました。


なるほどね、握手会ですか・・・・そういえば、、、、
1階の広場から溢れて2階テラスのモノレール連絡通路まで長蛇の列、最後尾の看板がありましたなぁ。
そういえば、、、、2階サイドテラスの最前列にビーチマットを敷いて場所取りしてるのがいましたなぁ。
あそこはステージを見るんやったら特等席やもんなぁ。

でも、すいませんがAKB48というのはかろうじて知っていましたが、メンバーのお名前は全く存じません。
こうやってずらずらと名前を並べられても、一体どれが誰でどんなお顔なのかさっぱり分かりません。

ということで、朝から一仕事を片付けてお昼過ぎに昼食で外出しますと、
広場から何やらリズミカルな音楽と歌声、そして「ウォ~~~」という雄叫びが聞こえてきます。
あの歓声は握手会の前説やら歌のご披露をやってるんでしょうねぇ。
飯食うとこ空いてるかしら、と少々心配がつのりますが、予感は的中、
あちこちの定番食事処や喫茶店は軒並み満員でありました。 やっぱりなぁ・・・・
いつもの小汚いカウンター式のカレー屋に行きましたら空席ありでやっと昼食にありつけました。
握手もいいけど、時間の限られてる働く小父さんのご飯時間を脅かさないでね、とお願いしたいです。

そのカレー屋で切り盛りしている小母ちゃんと
「えらい人やねぇ」
「そやねん、いつものお客さんがなかなか店にたどり着けん、言うてはりましたわ」
   広場とテラスが人で埋まっていて通り抜けできないんです。
「朝、ボクが来たときに、もう大分並んではったよ」
「朝来たら遅いんやてぇ、ようさん徹夜しはったみたいよ」
「えっ、ただの握手会やろ?」
「そやで、握手するだけ。 若い子は元気やねぇ」
てな会話を交わしたのであります。

メシも食ったし、どんな騒ぎになってるかなぁ、
と、2階のテラスに行ってみましたが、人の後頭部しか見えません。
シャーナイので、3階に登ってみました。  ←アタシも結構ミーハーかも・・・
そこでテラスの手摺りにしがみついてる人をかき分け、のぞき見ますと、、、、

群衆#3

あかん、さっぱり分からんわ、と更に4階に登ります。  ←こうなると意地ですね・笑

群衆#4
この画面、向こう側中程までは1階広場、こっち側は2階テラスで落差が4~5mあるんですけど、
分かりますかねぇ、、、、、、シームレスにつながってるように見えますな。

ステージを見ると、肝心のAKB48のナンチャラちゃんはおらんやないか!
その時にラウドスピーカーから放送がありまして、
「整理番号3501番から・・・・番の人はステージ向かって左手に・・・・・」
え、え、え、、、サンゼンゴヒャクぅ!
「手は洗って、、、、指輪は外して、・・・・・」みたいなことも言ってました。
ハァハァ、そら、大変なことで・汗

アタシはそろそろお仕事に戻らんといかんから会社に戻りますよ。
結局AKB48の片割れでも垣間見ることはできませんでした。

それにしても、無気力とか、努力が嫌いとか、出不精とか、いろいろ言われている若者ですが、
徹夜で並んで整理券貰い、更に何時間も並んで待って握手してもらう、
ただそれだけのためにめちゃくちゃバイタリティある行動力を示してくれていました。


KODAK EasyShere V570


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

若者たち
誠長連の囃子、鉦と太鼓の4人がとてもいい感じだったのでちょいと後について追いかけてみました。

(1) 若者たち#1

(2) 若者たち#2

パレードの終点まできて、踊りが解散しても彼らはまだやり足らないのか盛んに囃していました。
私が横の花壇に登ってその様子を撮ろうとしたら、4人で輪になって叩き始めました。

(3) 若者たち#3

(4) 若者たち#4

(5) 若者たち#5

(6) 若者たち#6

こうやって演じているのを撮ってもらいたかったみたいでした。
撮り終えて「おおきにぃ」と声をかけたらニコッと笑って手を振ってくれました。
とても感じのいい若者たちでした。

これで黄門まつりレポートは終了です。
このところあちこちの板で阿波踊りが紹介されているのを拝見していますが、
ここ脇町のが一番泥臭くて田舎っぽかったようですね・笑
このあと掘立小屋でのお芝居も企画されていましたが、さすがに芝居見物はしませんでした。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

誠長連
黄門まつりに参加している阿波踊りの連もこの誠長連で最後です。
恒例の子供踊りでパレードがスタートしました。

(1) 誠長連#1

おっと、この連で初めて鳥追い姿の女踊りが出てきました。
いやぁ、やっぱり阿波踊りとなるとこの女踊りがないとその気になりませんなぁ。

(2) 誠長連#2

(3) 誠長連#3

男踊りもなかなかのものでしたが、女踊りが出てくると影が薄くなりますね。

(4) 誠長連#4

こちらは二軍の参加者、後部にいたお母さんとその娘さんです。
踊ってるような歩いてるような初心者歩みでついて行きました。
この子は来年は連の先頭集団に入れてもらえるでしょうか。

(5) 誠長連#5

囃子の鐘太鼓笛も大きな連だけに結構な人数で入っていました。

(6) 誠長連#6

(7) 誠長連#7

(8) 誠長連#8

この連はかなり若者中心で構成されていまして、囃子も踊りもきびきびしていました。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

飛び入り
とんび連を見送って、さぁ次は、、、、と思ったときにけったいな爺ちゃんが行列のうしろでウロウロ、
おいおい昼間っから酔っぱらいかと思ったのですが・・・・・・

(1) 飛び入り#1

どうやらこの爺ちゃんは好きで好きでたまらんので、勝手に踊り出したという感じです。
列の最後尾で一所懸命振りをしていますので追いかけてみましょう。

(2) 飛び入り#2

真剣な顔してますねぇ。
普通は飛び入りしてもすぐに照れくさそうに途中でやめてしまうものですが・・・・

(3) 飛び入り#3

前に回って待ち伏せしてみましょうか。

(4) 飛び入り#4

え~、、、ここが最後尾です。

(5) 飛び入り#5

やっぱり付いてきていました。
フィルムが切れたので、新しいフィルムに入れ替えても、まだやってました。

(6) 飛び入り#6

結局通りの終点、パレードの終了地点までこの爺さんは付いてきていました。
昔取った杵柄か手振り足運びも堂に入ったもので、昔はどこかの連に入っていたんでしょうかね。
大した踊り手さんでしたよ。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

とんび連
続いてやってきたのはとんび連です。
こちら先の土柱連よりも連の規模が大きく、、特に若者が多く入っていました。
とんび連も子供が先頭に立ち、その後若者たちが続いて大人が締める構成でした。

(1) とんび連#1

(2) とんび連#2

(3) とんび連#3

最後はベテラン勢がきちんと締めて、人数が多い分囃子方も多く入っていました。

(4) とんび連#4

(5) とんび連#5

おっと、この小振りの太鼓でリズムをとっているのは子供じゃないですか。
不安げな顔をしながら大人の大太鼓を見習って一所懸命に叩いておりました。

(6) とんび連#6

将来の連の担い手を子供の頃から本番参加させながら育てているんですねぇ。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.