一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200705 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200707
PC-TEA
JFC会のクスリ博士SCRさんからPC-TEAなるモノクロ現像液の試薬を戴いた。
D-76などでおなじみの無水亜硫酸ソーダもハイドロキノンも使わない処方、
トリエタノールアミン(TEA)とフェリドン、アルスコビン酸(ビタミンC)の3種類のみで出来上がっています。
詳しくはSCRさんのHPこちらをどうぞ。

とりあえず私の標準現像処方、NNCのND-76 1:1希釈現像と比べてみましょう。
試写はAGFA APX100をFUJICA GW690に詰め、万博記念公園に行ってきました。
1本目はND-76で、2本目はPC-TEAで現像して比べてみました。
1本目の最後と2本目の最初のコマを同じ被写体にして並べてみました。
ND-76 1:1 23℃ 8分 / PC-TEA 1:50 20℃ 7分
PC-TEAの方が少しネガ濃度が薄くなりました。
PC-TEA#1

これを反転して同じ濃度になるように調整してみました。
PC-TEA#2

PC-TEAの方が暗部がドスンと重くなる感じですね。

参考までに現像後の廃液の色はこんな具合でありました。
濃いぃ緑色がPC-TEA、淡い赤茶色がND-76であります。
PC-TEAの廃液の色を初めて見たらびっくりしますよ。
PC-TEA#9

ちなみにPC-TEA原液の色は濃縮紅茶色です。
原液は喉シロップのようにトロっとしていますが、
これを水で50倍希釈して使用しますので、使用液はサラサラです。
PC-TEA#12

きちんとスキャンして大きくしたのを並べてみましょう。
左がND-76希釈、右がPC-TEAです。
PC-TEA#3   PC-TEA#4

別シーンになりますが、「らしさ」の出たコマを少しご紹介しますね。

先ずはND-76希釈です。
PC-TEA#5   PC-TEA#6

次はPC-TEAです。
PC-TEA#7   PC-TEA#8


当分慣れたND-76で続けようと思いますが、イザとなれば代替でいけそうな気がしますね。
皆さまはいかがでしょうか?
SCRさん、ありがとうございました。



【追記】暗い写真サンプルを2枚追加しときます。
  左は木漏れ日の道を撮ったものですが、ND-76希釈のキラキラした描写が気に入ってます。
  右は菖蒲園ですが、花を飛ばさないように露出を決めたので全体的に露光アンダーの薄ネガです。
  PC-TEAの黒がべたっとする感じが出ました。
PC-TEA#10   PC-TEA#11


FUJICA GW690 Professional / EBC-FUJINON 90mm F3.5 / AGFA APX100

テーマ:試写 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.