一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200705 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200707
姉小路の名筆1
姉小路、これを「あねやこうじ」と読みます。「あねこうじ」でも「あねしょうじ」でもありません。
京都の地名はややこしいですね。まぁこれはどこに行ってもその地方独特の読み方がありますので、
ある程度歴史とか方言を理解していれば何とかなる場合もあるのですが・・・

さて姉小路は三条通の一筋北側、御池通の一筋南側にあり、細いなんの変哲もない路地に見えますが、
拡幅された御池通と比較するから狭く思うだけで、三条通と道路幅は変わりません。
東は寺町通から西は西大路を突き抜けて太子道に突き当たるまでの東西幹線で、平安京の頃からの道筋です。

この通り沿いには観光的な名所というのはありませんが、老舗の店舗が沢山あり、シックな趣を醸しています。
特に烏丸通から寺町通までと寺町通姉小路上ル下ルの店舗には仰天の名筆看板が並んでいるんです。
それを何回かでご紹介しますので、機会がありましたら露店美術館を一度ご覧下さい。
これだけまとまって見られるのは京都でもここをおいて他にはありませんよ。

烏丸通から姉小路通にはいるとすぐに北側にこのお店が見えます。
「御菓子司亀末廣」という京菓子の老舗です。
姉小路の名筆1#1

このお店の看板は檜の一枚物、この書は山本竟山(やまもと きょうざん)筆になるものです。
山本は大正時代の書道家で、かの湯川秀樹博士も山本の弟子であったそうです。
看板板の回りにブツブツ穴が開いていますが、これは古い和菓子の木型を額縁に見立てたんだそうです。
姉小路の名筆1#2

そのすぐそばには老舗の表具屋「春芳堂」があります。
軒上の看板は明治大正の京都画壇の重鎮竹内栖鳳(たけうち せいほう)の筆です。
春芳堂は竹内お抱えの表具屋というご縁でこれを書いたようです。
軒下にかかる小さめの看板は、これがなんと富岡鉄斎(とみおか てっさい)の筆であります。
姉小路の名筆1#3

今日のラストは「柚味噌」、この看板は北大路魯山人の筆でありますよ。
この看板は実は模刻でホンモノは大切に店内に展示されているとのことです。
ホンモノは魯山人自らが彫ったものだそうで、多彩な芸術家の一端を伺わせます。
姉小路の名筆1#4

今日のご紹介分は姉小路通を烏丸通から東に100mほど入っただけであります。
まだ姉小路通ギャラリーは500mほど残ってますよ。 (^_^;

CONTAX G1 / Planar T* 45mm F2 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.