一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200705 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200707
姉小路の名筆3
こちらの2軒、絹屋の里村商店と味噌醤油の市古商店の看板も立派なものです。
特に誰の筆という謂れはないようですが、この風格には思わず見とれてしまいます。
(1) 姉小路の名筆3#1 (2)  姉小路の名筆3#2

姉小路通を大分東進して麩屋町(ふやちょう)まで来ました。
この交差点の北西角にあるのが知る人ぞ知る平野とうふ店です。
こちらはいまでも手作りのとうふに拘っていまして、近隣の料亭が仕入れに来ます。
午前中の在庫のある時でしたら私らが行っても売っていただけますよ。
ここの木綿豆腐も絹ごし豆腐もやっこや湯豆腐でいただいたら絶品であります。
(3) 姉小路の名筆3#3 (4)  姉小路の名筆3#4

平野とうふの筋向かいにはこのようなアパートもまだ残ってますよ。
お風呂は高倉通六角下ルの銭湯に行っていただきます。家賃はどれくらいかな?
(5) 姉小路の名筆3#5

麩屋町通を通り過ぎると右手に「斎雲堂」が見えてきます。
ここは日本画の絵の具専門店で、京都の画壇名士達の贔屓にする老舗です。
この書も富岡鉄斎の筆になります。鉄斎はこの一筋南の三条通の法衣店に生まれた地元の名士です。
鉄斎は嵯峨野車折神社の宮司をやり、南画家としても高名な明治・大正期の巨匠であります。
気さくな方でもあったようで、頼まれれば気軽に屋号など書いてやったと言われています。
(6) 姉小路の名筆3#6

そろそろ御幸町(ごこまち)、寺町通はもうそこというところまで来ました。
ここには私が子供の頃からおなじみの「河道屋」があります。
♪河道屋ぁのそばぼぉろ♪というコマーシャルソングを暗唱できるくらいラジオで聞きましたよ。
和風クッキーとでもいいましょうか、そば粉をふっくらと、堅焼きにした御菓子は誰でも知っています。
正式には「河道屋本舗蕎麦ほうる」と言うようですね。元々は麺類一般のお店です。
(7) 姉小路の名筆3#7 (8)  姉小路の名筆3#8
この書は明治末期に京都山科で托鉢と奉仕に尽くした宗教家で、西田天香(にしだ てんこう)という方の筆です。
西田は二宮尊徳の報徳思想に共感し、京都鹿ヶ谷、後に山科に一灯園を開き、
本部光泉林,諸学校施設などをもった共産的多数世帯の大家族的生活を実践しました。

CONTAX G1 / Planar T* 45mm F2 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.