一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200708 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200710
朝の谷九
9月も下旬になったというのに今年はまだまだ夏のままでした。
朝方はやっと涼しくなってきましたが、お昼頃になるともういけません、真夏になってしまいます。
と言うことで早めに家を出て朝8時頃にはここについていました。
さすがにこの時間帯なら普通に歩けます。 (^_^;

(1) 朝の谷九#1
谷九は谷町九丁目の略で、大阪では良くある地名の短縮語法であります。
この谷町筋(筋は南北の通り)は上町台地の上を走っており、ここから港(西)に向かって一気に下ります。
一筋西の現在の松屋町筋へ一気に下ることになりますが、昔々はこの松屋町あたりが大阪湾岸でした。
谷町筋と交差する東西の通り千日前通(通は東西の通り)が松屋町筋に向かって一気に下っています。
この写真は谷九の交差点からその松屋町筋に向かって撮っています。

谷町筋は昔は大阪の要衝を結ぶ重要な道路でしたが、いまでも交通幹線ではあるものの
繁華街のある通りとは言えません。寺町が平行してることもあり、お寺が多く相撲部屋も集まっていました。
いまでは大阪場所のあるときだけ間借のように相撲部屋が開かれますが、
タニマチ(谷町)が相撲界の隠語から贔屓筋をさす言葉として広まったのは有名ですね。
いまは谷町筋の北半分は官庁街、南半分は寺町という様相になっています。
ここに住まっている住人も代々の人が多く、大阪では中流階層の住宅地ともなっていました。

(2) 朝の谷九#2
この谷九交差点は地下鉄谷町線、千日前線の乗換駅があり、近鉄も走っていますが、
地上は閑静な町並みが広がっています。特に朝方には静かな雰囲気が味わえます。

(3) 朝の谷九#3
交差点に近い喫茶店の表には風格のある椅子が置かれていました。

(4) 朝の谷九#4
お決まりの居酒屋もちゃんと用意されていますよ。

(5) 朝の谷九#5
ちょいと洒落た洋風居酒屋ですが、お値段はリーズナブルです。

NIKOMAT EL / NIKKOR-H Auto 85mm F1.8 / KODAK EKTACHROME DYNA HG 100

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

今日はキャプションなしです・笑

朝#1
NIKOMAT EL / NIKKOR-H Auto 85mm F1.8 / KODAK EKTACHROME DYNA HG 100

朝#2
Bessaflex TM Silver / Auto-Topcor 58mm F1.4 (COSINA) / FUJICHROME VELVIA 100F


今日は新製品発表会の案内をもらいましたので、新大阪でNIKON D3/D300を、
難波でSONY α700をハシゴして触ってきました。
今日の写真はそれらの対極にある銀塩写真ということで・・・・
談話室
の方にちょこっと書いておきました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

縦と横
TX-1のようなカメラでパノラマ写真を撮るときには特に「縦位置」と「横位置」でまるで印象が違ってきます。

これは同じ位置から同じ被写体を縦と横で撮ったものです。
(1) 縦と横#1  (2) 縦と横#2
まだ先の出番予定の出演者ですが、ベテランさんなのでしょうかリラックスして演技を見ています。
広角写真の定石構図ですが、縦と横でまるで印象が違っていますね。
どちらがいいかというのは好みの問題でしょうが、どちらがどんな印象を見る人に与えるか、
これは撮るときにかなり意識しておかないといけないというのが分かります。
パノラマ写真は結構撮るのが難しいです。

では、私なりに縦がよかろう、横がよかろうと撮ったものを並べてみます。
ご覧になった皆さんはどんな印象を持たれるでしょうか?
「これは横より縦やでぇ」などとご意見をいただければと思います。
敢えて写真にキャプションはつけないでおきます。
一応今回の神戸よさこいまつり2007で撮った未発表分からセレクトしました。

先ずは縦位置。
(3) 縦と横#3  (4) 縦と横#4  (5) 縦と横#5

次は横位置です。
(6) 縦と横#6

(7) 縦と横#7

(8) 縦と横#8

FUJIFILM TX-1 / SUPER-EBC FUJINON 45mm F4 /
(1)(2)(3)(4)(6) KODACHROME 64 (KR64)   (5)(7)(8) FUJICHROME PROVIA 100F (RDPIII)

[縦と横]の続きを読む

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

出番前
次々に舞台で観客にご披露していきますが、そろそろ次はウチやねぇという頃になると緊張もしてきます。
今日はそんな本番直前の人たちの表情を追ってみました。

こちらは若い人たちのグループで、本番前に円陣を組んで気合を入れていました。
(1) 出番前#1

今度は大人と子供の混成チームですが、大人が中心なので子供は案外リラックスしています。
(2) 出番前#2

こちらも混成チームですが、子供が中心のチームで大人がちらほら、
何となく不安げな顔つきでありました。
(3) 出番前#3

年長者が子供たちを落ち着かせようといろいろお話をしています。
「さっきできとったから大丈夫やん」「自分の場所動いたらあかんで」
なんてのがちらほらと聞こえてきました。
(4) 出番前#4

本番に入ってしまえば堂々としたものなんですが、出番の前はドキドキなんですね。

FUJIFILM TX-1 / SUPER-EBC FUJINON 45mm F4 /
(1) KODACHROME 64 (KR64)   (4) FUJICHROME PROVIA 100F (RDPIII)
(2)(3) KONIICA MINOLTA α-7 digital / SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm EX DG / Ex. FINE mode

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

ハラハラ
コダクロームの現像がやっと上がってきました。
現像に何とも日数がかかるようになってきたもんです。
でも、何のかんの言っても今年いっぱいで終わりなんですねぇ・・・  (・・、)
このTX-1でコダクロームを使うのは昨年冬に下寺住宅(軍艦アパート)で使って以来です。
さて、後は手持ち1本ポッキリ、ホントに最後の1本になってしまいました。
さぁ、最後に何を撮りましょうかねぇ。



はねっこ広場では落ち着かない様子のお母さんが演技を見つめています。
見つめる先では子供だけのグループがまさに熱演中、演技は可愛い我が子なんですねぇ。
応援しつつもハラハラドキドキなんでしょう。
(1) ハラハラ#1

お子ちゃまの方はそんなお母さんの心配をよそに楽しそうに踊ってごじゃったよ。
(2) ハラハラ#2

(3) ハラハラ#3

何か決めポーズでも決まったのでしょうか、左端のお母さんはノリノリであります。
二番目のお母さんはチョイノリ程度、リュックのお母さんはまるで無感動ですね。
このバリエーション、親子セットで並べて見比べてみたいものでありますよ。
ところで右端のお母さんは次の出演グループの人のようですが、
子供がこっちにも出てるんでしょうか、それとも他人だけど気になって仕方ないのかな?
ハラハラ#4

練習漬けで子供も大変だったでしょうが親も大変なんですねぇ。
このお母さん、演技が終わったら抱きしめて泣くんでしょうか?
子供は多分へらへらしてると思いますけどね。

(1)(4) FUJIFILM TX-1 / SUPER-EBC FUJINON 45mm F4 / KODACHROME 64 (KR64)
(2)(3) KONIICA MINOLTA α-7 digital / SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm EX DG / Ex. FINE mode

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

決めポーズ
神戸よさこいまつり2007のはねっこ広場での演技は100グループを超えました。
朝から夕方まで延々と続きますので全ては付き合っていられませんが、
1グループあたり3~4分の演技時間で次々と入れ替わりますので見飽きません。
そんな演技の終了での決めポーズも様々、今日はそれをピックアップしてみました。

こちらは妖艶なおねえさんの決めポーズ、なかなかよろしいなぁ。
(1) 決めポーズ#1

今度は現役の子供さんから昔子供だった人までの混成チームです。
(2) 決めポーズ#2

神戸のよさこいでは地元の小中学生がたくさん出ていました。
見て楽しく、一緒にやって楽しくというコンセプトはなかなか良かったですよ。
(3) 決めポーズ#3

こちらは子供さんばかりで組んだグループで、父兄参観で賑やかでした。
何やら学校の運動会の応援風景にも似た雰囲気でありました。
(4) 決めポーズ#4

このゴチャゴチャの団体は実は4人しか集まらなかったグループで、
その場で観客席に呼びかけて飛び入りを募りましたら、これだけの数の乱舞?になりました。
出番待ちの人、出番が終わった人、ただの見物人が入り乱れています。
それでもお祭ですねぇ、リーダー?のリードのもと、それなりに音楽に合わせてまとまって踊れておりました。
(5) 決めポーズ#5

この神戸よさこいまつりは他所のよさこいに比べると、本格的というにはちょっとしんどいかな、
でも、見る者演る者皆で楽しめるというレベルではなかなかのものだと感じます。
市民参加型の神戸まつりを長くやっている経験が活きているのかな、と思います。

(1)~(4) KONIICA MINOLTA α-7 digital / SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm EX DG / Ex. FINE mode
(5) FUJIFILM TX-1 / SUPER-EBC FUJINON 45mm F4 / FUJICHROME PROVIA 100F (RDPIII)

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

見物席
神戸よさこい2007は結構見物ものんびりしたもので、
他所のよさこいのように見物客が場所取りで喧嘩したり、
カメラマン同士が怒鳴りあったりというのは殆ど見られません。
メイン会場のハーバーランドはねっこ広場が円形の取り囲むような階段席になっているからでしょうか。
私たちも最前列に行くのは結構難しいですが、場所を変えながら自由に撮れました。
お天気はピーカンで眩しかったり、雲がかかって薄暗くなったり、
果ては雨がぱらついて逃げ回ったりとなかなかスリリングでしたが、
そこでちょっと一服ついでに見物人になりきって、背中越しにこのお祭を眺めてみました。

浴衣の女の子はせっかくのお祭だからとハレの衣装で見物に来たんでしょう。
見物人の中には自分の出番が終わった連中、出番待ちの連中も結構いました。
(1) 見物席#1

(2) こちらは演技舞台から少し離れたところ、出番までまだ暫くある出演予定者がのんびり見物です。
(2) 見物席#2   (3) 見物席#3
(3) 一方、こちら高浜岸壁では予定時刻を過ぎても遅れ気味のパレードがスタートしません。
10分ほど待っていた女の子は待ちくたびれてとうとうしゃがみ込んでしまいました。
でもそろそろスタートできそうな雰囲気になってきましたね。

このフルパノラマカメラでの縦位置というのはなかなかまとめにくいのですが、
こういう撮り方をしたら結構新鮮な視点が得られますね。
広角レンズを使うときの定石技法ではあるんですけどね。

FUJIFILM TX-1 / SUPER-EBC FUJINON 45mm F4 / FUJICHROME PROVIA 100F (RDPIII)

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

叫ぶ
ふと思ったのですが、最近叫んだ記憶ってのがまるでありません。
最後に叫んだのはいつ頃だろうというくらいの省エネ生活を送っています。
アレも若さのエネルギーがなせるワザなのでしょうか。

先日あった「神戸よさこい2007」、撮りにいったら叫んでましたねぇ・・・・・
アタシですか?  冷静に写真撮ってました。
いま叫んだらかすれてまともな声が出んでしょうなぁ。
それより急にテンション上げたら貧血起こして倒れるかも・汗

そんな羨ましい「お叫び」写真を何枚かご紹介します。

(1) 叫ぶ#0

(2) 叫ぶ#1

(3) 叫ぶ#2

(4) 叫ぶ#3

(5) 叫ぶ#4

KONIICA MINOLTA α-7 digital / SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm EX DG / Ex. FINE mode

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

TX-1
フジにTX-1というパノラマ専用カメラがあります。
TX-1#1
画面サイズが24x65mmで、よくある35mmフルサイズの天地カットのパノラマとはひと味違います。
この長辺サイズから6x7判の天地カットしたら撮れるじゃないですか、と言う方もいらっしゃいますが、
フルフレームからトリミングするのと、端っからパノラマでフレーミングするのでは撮る時の気分が違います。
最初からこの変形サイズでしか記録が残らないとなると、必死でフレーミングを考えます。
ということで、このいやらしいカメラを持ち出して神戸よさこい2007、お祭の撮影をしてきました。
実はこの類のカメラが一番苦手なのがこのようなスナップ写真なんです。
こんなアホなことをやってみようと思い立つのも好きだからでしょうね。

TX-1#2

FUJIFILM TX-1 / SUPER-EBC FUJINON 45mm F4 / FUJICHROME PROVIA 100F (RDPIII)

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

ずんどこ針穴
昨日ご紹介しましたずんどこ単玉をいただいた時にセットでピンホールレンズ?を一緒にいただきました。
EOSのボディキャップを加工したもので大凡 f=55mm、F=1:200 になります。
場所はずんどこ単玉と一緒に近所の大阪万博記念公園でやりました。

モノレール万博記念公園駅から見た太陽の塔です。 (1秒)
SLRフランジバックの関係で広角写角までピンホールを引っ込められませんので、画角はノーマルです。
(1) ずんどこ針穴#1

公園内のソラードという空中回廊でのシーンです。 (4秒)
先行する人が歩いていますので、それがぶれて写っています。
(2) ずんどこ針穴#2
この写真は8月中旬の当HPの表紙でご紹介したものです。

森の中の池を写してみました。 (8秒)
300mm単玉で撮ったのと同じ場所ですが、木漏れ日を受けていてもまるで雰囲気が違って写ります。
(3) ずんどこ針穴#3

公園中央部、オープンスペースにあるモニュメントです。 (2秒)
腰が痛くてファインダーが覗けないため、当てずっぽうで撮ったら下向きすぎました。 (^_^;
(4) ずんどこ針穴#4

三脚を持って行かなかったので、柵にカメラを押しつけたり、地面にカメラを置いたり、
ぶれないように気をつけては撮ったのですが、もっとフランジバックを浅くして超広角にした方が効果的でしたね。

CANON EOS 620 / ずんどこ HARIANA 55mm F200 / FUJICHROME FORTHIA

[ずんどこ針穴]の続きを読む

テーマ:試写 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.