一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200709 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200711
堀越神社
四天王寺から天王寺へのだらだら坂を下っての戻り道、
ちょうど中間地点くらいのところ、茶臼山の麓の谷町筋沿いに堀越神社があります。
ちょっと一服ということで、ここに立ち寄ってみました。

谷町筋の歩道を天王寺に向かって歩いていますと右手にチョイと小高く堀越神社があります。
このままだらだらっと高くなっていって茶臼山になります。
(1) 堀越神社#1

石段を8段ほど上がりますとこういうこぢんまりとした神社が見えてきます。
清掃も手入れも行き届き、きちんと打ち水もされていて大変気持ちのいいところです。
(2) 堀越神社#2

実はここに入ったのは初めてですので、ホホォなどと感心してキョロキョロしていますと、
私を追い越してお参りの方がそそくさと先に進まれてゆきました。
どうも四天王寺さんにお参りするついでのようですが、何か急いでるんでしょうか?
イヤイヤ、大阪のおばちゃんは結構せっかちで、「ああ忙し」が口癖なんです。
やることはドンくさいのにね・汗。別に急ぎの用があるとは限りません。
(3) 堀越神社#3

拝殿横には最近ではもうどこでも定番になっています奉納絵馬がかかっておりました。
書かれております御願書、なかなか沁みる内容でありますなぁ・・・・
(4) 堀越神社#4

チョイと横の方を覗きに行きますと、特に何もありませんが20段ほどの石段がありました。
谷町筋から上町台地の下に通じる横道からの参道になるのですが、結構このあたりも起伏は激しいようです。
振り返ると、別のおばちゃんが、これもそそくさとお参りして戻ってゆかれました。
(5) 堀越神社#5

このフジノン24mmレンズは最短撮影距離が30cmですので、結構寄れるんですよ。
(6) 堀越神社#6

打ち水で気持ちよい空気に触れ、木陰で一服させていただきましたので、天王寺まで戻ります。
天王寺公園前で屋台のソフトクリームを買って、また一服・笑
ここにはやたらと鳩が沢山おりますなぁ。人擦れしてしていて傍を平気でうろつきよる。
後方はもうJR天王寺駅ビル、向こうに見えるのは阿倍野近鉄百貨店です。
(7) 堀越神社#7

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-SW 24mm F2.8 / FUJICHROME VELVIA 100F (RVP F)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

賑やかな境内
もうすぐキリ番ですよぉ! (^^)/~~~

また近づいた頃に再度お知らせしますね。
あと10日~2週間だと思います。


四天王寺2本目、24mmとベルビアの組合せに戻ります。

縁日の日は広い四天王寺も人でいっぱいになります。
勿論子供相手の定番、金魚すくいも結構流行っておりました。
(1) 賑やかな境内#1

この日は朝から暑い日でしたので、さすがに蒸し饅頭には客がまばら、
例年ならお彼岸過ぎるとそろそろシーズンインするんですけどねぇ。
(2) 賑やかな境内#2

これは奉納の木槌でしょうかねぇ、勝手に志を入れて持ってってくださいって雰囲気ですね。
さすがにこういうのをごまかす人はいないと思いますが、大らかなもんですね。
(3) 賑やかな境内#3

いつもならここも凄い人だかりなんですが、暑いと火の傍には寄りたくないのかしら。
(4) 賑やかな境内#4

あれ、こんなところで布袋さん、ちちもみなんかやったりして・・・
(5) 賑やかな境内#5

そろそろ10時過ぎたし退散しましょうと西門までやってきました。
表通り谷町筋からの短い参道のところまで屋台が出ていました。
それでも辻立ち、托鉢をしていらっしゃる僧侶はいらっしゃいます。
(6) 賑やかな境内#6

・・・で、一歩寺領を出ますと、、、これですわ。
さすが大阪と言いましょうか、根性あると言いましょうか・・・・
(7) 賑やかな境内#7

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-SW 24mm F2.8 / FUJICHROME VELVIA 100F (RVP F)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

もうすぐキリ番 "111111"
もうすぐキリ番の”111111”ぞろ目になります。

キリ番、ニアピンを踏んだ方はぜひ宣言を!

前回のキリ番”99999”の景品では故障品が混じってたようで、ご迷惑をおかけしてしまいました。
今回は私が確認して間違いないカメラを景品におつけして、罪滅ぼしとさせていただきます。

今回も景品は前後賞入れて豪勢に4点になります。
「キリ番記念に寄贈するよ」と思いがけないお申し出があり、景品を3個もいただいてしまいました。
『カメラのふじもと店主さま』ありがとうございます。
この板の常連さんならご存じの京都のクラカメ店、在庫800台を誇る名店であります。ぜひご往訪下さい。
http://www.k5.dion.ne.jp/~camera-f/

① Windsor 35 I 後期型 (Tokyo Photo Works, 1954)
  ・巻上げ等チョイと渋くなっていますが、完動品です。シャッター全速OKです。
   距離計もくっきり見えます。かなりレアな一品ですよ。
   なお、この装着レンズは日本光学のOEM品です。(当時のメーカーパンフに明記)
   フィルム巻戻しはとんでもない手順が必要ですので、当選者にはお知らせします。
111111#1

② FUJICA COMPACT 35
  ・これも完動品ですが、セレンが弱っています。光にかろうじて反応するレベルです。
   快調に動作していますが、問題は露光調節ですね。
   マニュアルで絞り(F2.8~22)とシャッター(B,1/30~1/250)が選択できます。
   harikyu仙人によりますと、このマニュアル設定できる初代は非常にレア物だそうです。

111111#2

③ FUJICA GP
  ・こちらはCdSも生きている完品です。
   ちゃんとキャップも付いていますよ。 (^^)v
111111#3

④ FUJIFILM Silvi F2.8
  ・私からの提供品です。何度もサクヒンをアップしてますので、皆さんご存じですよね。
   新品で買いましたので、箱、取説、おまけ、ケース、リモコンなど全部ついてますよ。
111111#4

キリ番宣言はこのブログ談話室に書き込まれたもののみ有効とします。

キリ番ジャスト、及びキリ番に近い人から順に上位4人に景品を進呈します。
ニアピンでキリ番からの誤差が同じ場合、下記の順番で優先上位とします。
(111111、111112、111110、111113、111109、111114、111108、・・・の順です)
キリ番ジャスト、近い人から上位4人が順位に従って好きな景品を各々1個選択できることにします。

このブログと談話室、サイト表紙のカウンターは共通です。表示数値は同じです。
ブログや画像掲示板個別のカウンターとは違いますのでお間違いのないように。
同一IPアドレスからの連続アクセスの時にはカウンターが上がらないようにしていますので、
画面リフレッシュしても無駄な努力です。カウンターは上がりません・笑
もし他の人がその時割り込んでいたら、、、カウンターは一気に2上がりますよ。

宣言するときにキリ番が分かるようなスナップショットを談話室に貼っていただけたら話はスムーズかと・・・

111111#5
まとめて試写アップ
暫くぶりにたまっていた試写の写真をアップしました。

・LOMO VOSKHOD (ブログで一部公開済み)
  http://madam3.web.fc2.com/photo/070908-1.html
VOSKHOD

・OLYMPUS TRIP JUNIOR (未発表)
  http://madam3.web.fc2.com/photo/070607-2.html
TRIP JUNIOR

・FUJICA RAPID S2 (ポジで撮り直したリベンジ編です)
  http://madam3.web.fc2.com/photo/070901.html
RAPID S2

・KODAK TOURIST (未発表)
  http://madam3.web.fc2.com/photo/071020.html
TOURIST


KODAK TOURIST、OLYMPUS TRIP JUNIOR は未発表ですが、
その他は既にこのブログでご紹介したのとダブります。

ページにまとめました、というご報告です。

テーマ:試写 - ジャンル:写真

赤穂の裏通り
暫くぶりで赤穂に行ったときにチョイと裏通りを歩いてきました。
この日はどんよりとした曇り日、今にも降りそうな陰鬱な天気で、
タダでさえ雰囲気の暗い裏通りがことに寂しげに見えました。

さてこの雰囲気を出すにはどうするか、、、
フィルムは予備で持って行ったFOMAPAN 400を使いました。
現像は・・・SCRさんもらったPC-TEAの残りがあったのでそれを使いましょうかね。

こちら、タバコから乾物、野菜、和風スナックフーヅまで手広く商っているお店のようですが、
なかなかお客がつかないのでしょうねぇ、食堂部門のうどん・そばは止めてしまったようです。
(1) 赤穂の裏通り#1

赤穂と言えば塩、塩と言えば専売独占、松の廊下事件、そうなると赤穂浪士の討ち入り、
瀬戸内の塩の大産地赤穂藩は塩田が広がる豊かな藩であったがため妬みを買うことも多く、
それが積もり積もってイジメにあったというのが定説でありますが、
藩主の浅野内匠頭の器の問題もあったやに聞いております。
その赤穂の塩屋、今でも残っておりました。裏通りにひっそりと・・・
(2) 赤穂の裏通り#2

塩屋さんの近くにはこれもひっそりと昔ながらのお米屋さん。
そう言えば、何故か宅急便の取次所って米屋さん、酒屋さんから普及してゆきましたねぇ。
このあたりはまだ都市ガスが行き渡っていないようで、あちこちでプロパンガスボンベを見ました。
ガス業者さんは「ひまわりガス」というらしいです。
(3) 赤穂の裏通り#3


この赤穂の裏通りは24mmレンズの似合う街でもありました。


でも、50mm側も捨てたもんじゃないですよ。
下の写真のように自在に使える便利なズームがついております。

建物は改築されたり造作が変わっていたりしていますが、
裏通りの細い路地には昔ながらの風情がそこここで感じられます。
(4) 赤穂の裏通り#4

こちらには表通りに面した民家がポツンと残っていました。
見たところ今は住まわれていない空家のようですが、荒れてはいないので留守宅にしてるのでしょうか。
どうやら道路拡張に合わせて家の前面を斜めにきっちりと削り取ったようですねぇ。
元々の造りに合わせて同じ造作にしたところがエライと思います。
(5) 赤穂の裏通り#5


FUJIFILM Silvi F2.8 / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 24-50mm F2.8-5.6
          FOMAPAN Action 400 / PC-TEA 1:40 20.5℃ 7.5分


[赤穂の裏通り]の続きを読む

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

回る転法輪
四天王寺には転法輪というクルクル回るハンドルみたいなものがあちこちにあります。
法輪とは仏教の教義のことで、それを他人に伝えることを転法輪といいます。
法輪は仏教の教義を示す物として八方向に教えを広める車輪形の法具として具現化され、
卍と共に仏教のシンボルとなっています。
導師ではなく、法輪そのものを絶対教義とする法輪寺などもありますね。
普通は説教を聞いて教義を教わりますが、回る転法輪を回すことにより
その説教を受けたと同じ効用があるとして設けられている寺院も多いです。

こちらは四天王寺西門にある回る転法輪、入るとき、出るときに皆さん回してます。
(1) 回る転法輪#1

こちらは元三大師堂の傍にある回る転法輪です。石柱に小振りなのが付いていました。
(2) 回る転法輪#2

こういうものを見ると何故か人は触って回してみたくなるようで・・・
特に大阪人のおばちゃん族は何でも触りたがりですからねぇ・笑
(3) 回る転法輪#3


Bessaflex TM Silver
   (1) EBC FUJINON-SW 24mm F2.8 / FUJICHROME VELVIA 100F (RVP F)
   (2)(3) EBC FUJINON-T 100mm F2.8 / KODAK ELITECHROME 100 (EBX)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

露店
境内にはたくさんの露店が出ていまして、それらを眺めてるだけでも飽きません。

ここはさすが大阪ですねぇ、高野槇専門の露店もでておりました。
高野槇は杉の仲間で、常緑高木です。これを供えるのは関西だけの風習でしょうね。
高野山で禁忌十則のため果樹、花樹、竹、漆などを植えることを禁止され、
高野山を中心に広く植えられ、高野槇の枝が仏に供える花の代用で使わています。
(1) 露店#1

こちらは定番の仮設飲食店、焼きそば、お好み焼きにジュースにラムネ、
蒸し饅頭もありまっせ。チョイと小腹が空いたらこちらへどうぞ。
(2) 露店#2

勿論大阪名物たこ焼き屋台も何ヶ所かで店を開いています。
(3) 露店#3

甘酒なんてのはこういう縁日でしか飲まなくなりましたね。
この日はまだチョイと暑いかな、くらいの気温でしたが、
このおいちゃんは迷わず買っておられました。
(4) 露店#4

他の露店とは少し外れたところでポツンと刃物屋のおっちゃんが店を開いていました。
勿論デモンストレーションでは白木を出刃でザクザクと切って「よ~切れるでぇ、安いでぇ」と
だみ声で呼びかけておりました。でも、この強面ではなかなか客が付かず、
遠巻きに眺めて通り過ぎるだけ。あくびを噛み殺し、携帯で遊んでおられました。
(5) 露店#5

取り敢えず100mm一本勝負はここまでです。 フ~ σ(^◇^;)


Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-T 100mm F2.8 / KODAK ELITECHROME 100 (EBX)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

四天王寺
いよいよ四天王寺境内、回廊の方に入ってきました。
こうなりますと100mmでの一本勝負はきついですね。 (^_^;)

参詣に訪れる人は引きも切らず、次々とお参りしています。
(1) 四天王寺#1

地蔵堂でも続々と・・・
(2) 四天王寺#2

回廊から中庭をみますと、五重塔と中門の間に献灯台がありました。
(3) 四天王寺#3

回廊は立派な柱列になっています。今この材木を調達するのは大変でしょうね。
(4) 四天王寺#4

この柱列の内側にはズラリと灯籠が吊られていました。
(5) 四天王寺#5

回廊から五重塔を見上げると、100mmではこれだけしか写りません・涙
(6) 四天王寺#6

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-T 100mm F2.8 / KODAK ELITECHROME 100 (EBX)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

元三大師堂
乾門を入りますと元三大師堂が正面にあります。
元三大師は叡山中興の祖と言われていまして、おみくじの創始者でもあるそうです。
ここには元三大師、弘法大師、文殊菩薩、普賢菩薩、如意輪観世音菩薩、不動明王を安置してまして、
学業の願いを聞き届けて下さるそうです。毎年1月には新春合格祈願護摩供が厳修されます。
菅原道真公が学問の神様なら、こちらは学問の仏様ですね。

乾門、元三大師堂ともに5年ほど前に新しくされましたので、門扉もこのようにきれいです。
(1) 元三大師堂#1

本気で願を掛けるのでしたらこの二つのお百度石を百回回って下さい。
(2) 元三大師堂#2

堂内では何やら一所懸命に読経されてる方がいらっしゃいました。
紺の着物を召した高齢のご婦人でしたが、背景に溶け込んで見えにくいですね。
元三大師堂#3

元三大師堂の横にはデカいちえの輪がありまして、これをくぐると頭がよくなるそうです。
ここを訪れた折には試してみられたらと思います。私は今さらですので、パスしましたけど・笑
(4) 元三大師堂#4


Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-T 100mm F2.8 / KODAK ELITECHROME 100 (EBX)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

夕陽丘
四天王寺は地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅と天王寺駅の中間にあります。
どちらかといえば四天王寺前夕陽ヶ丘の方が近いでしょうか。
その四天王寺前夕陽ヶ丘駅は谷町線が開通するまでは仮称夕陽丘駅でした。
この駅のあるあたりの地名が以前から夕陽丘だったんです。
地元(多分四天王寺に縁の深い商店会)の強引な要求で四天王寺をくっつけ
「四天王寺前夕陽ヶ丘」なんて長ったらしい駅名になりました。
ちなみにこの近所にある阪神高速道路のインター名は「夕陽ヶ丘」です。
この駅からは谷町筋のすぐ東側に平行して四天王寺の細い北参道が通じています。
南側にも同様に南参道が通じています。

その四天王寺前夕陽ヶ丘駅から乗客が出てきました。
このお二人さんは朝からかなりご機嫌が悪そうですが、お連れさん? それとも赤の他人?
(1) 夕陽丘#1

谷町筋の向こう側には愛染さんの案内看板が見えます。あの細い路地を入ったところにあります。
四天王寺の支院・勝鬘院愛染堂が正式名称ですが、私たちは通称の「愛染さん」と呼んでます。
ここの愛染祭は1400年続く聖徳太子をお祭する行事で、大阪三大祭のひとつです。
(2) 夕陽丘#2

地下鉄出口から参道にはいると、もうそこは表通りとは打って変わった門前町の雰囲気です。
店のお婆ちゃんが道をきれいに掃除していました。
(3) 夕陽丘#3

この参道にはいつも露店が出ていて、朝早くから商売をしています。
爺ちゃん猿股、婆ちゃんジャージ、アッパッパにポーチやバッグ、食い物などが安く売られています。
生姜砂糖漬けや線香、お花、軍手に帽子なんかもあり、何やら東京の巣鴨に通じる雰囲気も感じます。
(4) 夕陽丘#4

暫く参道を北から南に歩きますと、最初に出会う四天王寺は乾門です。
ここは四天王寺の北端でこの門を入ると墓所になっています。
この墓所を通って四天王寺の境内に抜けられますので、私はここから入ることにします。
その乾門の直前に何やら雰囲気のいい喫茶店「梵」がありました。
この店名がそそりますねぇ。入ろうかなとも思いましたが、
駅前で缶コーヒーを飲んだところでしたのでパスしました。 残念!
(5) 夕陽丘#5

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-T 100mm F2.8 / KODAK ELITECHROME 100 (EBX)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.