一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200710 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200712
新世界へ
天王寺駅前から天王寺公園の抜け道を通って新世界に向かいます。
公園も動物園も入園料が必要ですが、この通路だけは無料で通れます。
何年か前まではこの通路にテントやバラックで作ったカラオケ屋台が何軒もあり、
勝手な占拠物で通路が狭まり、酔っぱらいが怖くて通れないなどの悶着がありました。
人権団体や支援者、当事者、野次馬にマスコミに市役所とお互いに好き放題を言ってましたが、
なんとか本来の通路の状態になり、今は不法屋台もありません。

その通路を抜けると市立美術館前に出てきます。
ここはとても規模の大きい美術館で、数年前に友人が所属する会の写真展があり、
大ホールを貸し切って展示していました。その規模全倍プリントで100枚、壮観でしたよ。
(1) 新世界へ#1
美術館は上町台地の端っこに乗っかっておりまして、この写真の左手奥に茶臼山があります。
その茶臼山を挟んで昨日ご紹介した堀越神社とは背中合わせになります。

その美術館の正面から新世界に向かって一直線に空中歩道が通じています。
上から広大な天王寺公園や天王寺動物園をチラチラ覗きながら向こうに渡ります。
(2) 新世界へ#2
新世界との境目にある阪神高速道路が走るところ、
それを右手(北方)に10分ほど歩きますと昨年訪れた軍艦アパート跡に達します。

さて渡りきったところで地上に降りますとそこが天王寺動物園に入場ゲートになります。
この日も結構親子連れで賑わっていました。
(3) 新世界へ#3

閉園日や夜間に浮浪者などが入ってこないようにゴツくて背の高いフェンスでガードされております。
そのフェンス越しに外を眺めますと、もうそこは濃いぃ新世界ワールドであります。
上を阪神高速道路が走る道路の向こうとこっちはまるで別の世界なのですよ。
(4) 新世界へ#4

その道路を渡り、一歩路地に踏み込みますと、そこは見慣れた新世界であります。
そこで見つけた散髪屋さん、まだまだパンチパーマはここではいけてるヘアースタイルなんです。
(5) 新世界へ#5

ここでフィルムが終わりました。
一本勝負第二部の24mmはここまでであります。

なお、第二部は露出計の感度設定を間違えて大半のコマが1段以上の露光オーバーポジになったため、
全体に白飛びしてしまいました。本来のレンズ性能はこんなもんではないのをご理解下さい。
全て撮影者のアタシが悪いんであります。
勘露光の方があたってたなぁ、、、カメラの電池抜いといたらよかった。 (-_-)!!

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON-SW 24mm F2.8 / FUJICHROME VELVIA 100F (RVP F)

テーマ:大阪の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.