一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200803 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200805
お知らせ
個人的な事情により当ブログを一時休載します。

いつ頃までというのは分かりませんが、当分新記事のアップはできないとご承知ください。
できるようになりましたら復活させるつもりでおりますので、このブログはそのまま置いておきます。

談話室ゲストブックもそのまま残しておきます。
時々SPAM書き込みのチェックにはきますが、
質問等書き込まれましてもすぐにご返事できないと思います。
失礼の段、あらかじめお含みください。

また、皆さまのブログなどにもなかなかお伺いできないと思いますが、
急にここに現れたり、たまたま気まぐれで訪問するかも知れません、その節にはよろしくお願いいたします。

それでは、再会の時までお達者で。  <m(__)m>

靱公園
暫く前ですが大阪市内に仕事で出ることがあり、土佐堀で片づけ、
昼飯を食いに阿波座の吉野家へ行って牛丼をぱくつきました。
昼休みに缶コーヒーを飲みながらチョイと休憩したのがこの靱(うつぼ)公園です。

(1) 靱公園#1

この公園は東は四つ橋筋からなにわ筋を跨いであみだ池筋まで東西600mほど、
南北には150mほどの細長い公園で、市内では結構広大な緑地になっています。
現在はかなり整備されて、このような築山のようなものまで作られています。
(2) 靱公園#2

この靱公園は就職してサラリーマンになった頃、メーデーになると動員をかけられ、
ここに集合させられたところです。お弁当とカップ酒をもらって赤はちまき締めて・・・
何と言っても総評全金という過激な組合構成員でしたからねぇ。思い出の場所です。
それでもご用組合だったなぁ、、、専従を経験すると幹部候補生みたいな。
そのもたれ合い実態を知ってからは代議員になってもまるで活動意欲は出ませんでした。

今はこんな遊具もあって、それなりに整備されていますが、
少子化と言うよりも、ホームレスの住処になっていて子供は近寄りません。
この日も何人か見かけましたが、カメラは向けませんでした。
(3) 靱公園#3

この公園は鳥たちのオアシスでもありまして、ハトにカラスにスズメ、結構たむろしてます。
(4) 靱公園#4

人気が少ないと、こういう風に荒んでくるんですねぇ。
(5) 靱公園#5

この辺りは大阪でも古い下町です。商工住が入り乱れている土地柄です。
今では結構ビルが建ち並んでいますが、それでも格安自販機が・・・・
(6) 靱公園#6

(7) 靱公園#7

勿論私もそれを知っていて、この自販機まで来て缶コーヒーを買いました・笑

HEXAR Silver / 35mm F2 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

北条町の桜
京都仁和寺の一週間後、兵庫県加西市の北条町というところに行ってきました。
ここでもちょうど桜が見事に咲いておりましたので、季節を外さないようにそれを先行して・・・

実は北条町は旧家の通りを観光の目玉にということで町おこしをしているのですが、
古い街で道がくねって入り組んでいるのに加え、案内地図にはランドマークも書いて無く、
初めて来た人には役に立たないレベル、それでいてそこそこの規模の大きさの町ですので、
道に迷う人かなり多しという感じでありました。私も迷いまくりました。
まだまだ人を呼び込むレベルには至っていないという感じでしたなぁ。
その分素朴で土地の人は親切、聞きまくって歩けばそれなりに楽しめましたけどね。

これはその旧家、屋敷街とは反対側の繁華な道路沿いにポツンと残っていた2本桜です。
(1) 北条町の桜#1

GR21にフォルティアSPを組んで撮ってみたらこんな感じになりました。
同じ木でも随分雰囲気が違ってきますね。
(2) 北条町の桜#2

この桜を裏側から逆光で撮ってみたら・・・・
(3) 北条町の桜#3

ソメイヨシノではなかったですが、その親戚(先祖?)筋のものだと思います。
(4) 北条町の桜#4

この町もご多分に漏れず従来の行政手法での町おこし、
いわゆる箱物だらけで立派な道路という醜さが目立ちました。
すばらしい小学校に中学校、、道の駅かと見まごうばかりのどデカイ公民館、
ここも何とか館となっていましたが、何だったか忘れました。
だって、案内地図にも載ってないのが突然デンと現れたんで・・・
しかし、土日に休館してては役に立たんでしょうねぇ。
中には広くて立派なロビーがあるのに閉めてるから、観光客2組ほどは階段に座り込んでました。
実に立派な建物に実に立派な植栽ではありましたが・・・
(5) 北条町の桜#5

(1)(4)   KonicaMinolta α-7 digital / SIGMA AF 30mm F1.4 EX DC
(2)(3)(5) RICOH GR21 / 21mm F3.5 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

テーマ: - ジャンル:写真

嵐電
仁和寺で腹一杯桜を堪能しましたので、引き上げることにしましす。
ストレートに帰っても仕方ないので、嵐電に乗ってちょっと寄り道してみます。

嵐電北野線の御室仁和寺で取り敢えずチン電に乗ります。
この日は花見のピーク、電車はみんな2輛編成になってフル回転です。
時刻表もヘッタクレもありません、いつもはいない駅員まで来ていて
「後2~3分で次の電車が来まぁす」・笑
下りのこの北野白梅町行きが到着しましたら、すぐに上り帷子ノ辻行きがやってきました。
北野線は全線単線ですので、対向電車と交換しないと前に進めません。
(1) 嵐電#1

御室仁和寺から本線接続で北野線終点の帷子ノ辻に行き、大宮行きに乗り換えます。
蚕ノ社に着いたところで下車しました。ここから先は道路併用軌道になります。
この専用軌道のホームから道路併用区間に入って行くところのこの駅が好きなんです。
(2) 嵐電#2

蚕ノ社から200mほどで過日ご紹介しました嵐電天神川駅に着きました。
実はこの駅、3月28日に開業したばかりで、まだ残工事をやっていました。
この日の本線も走ってる電車は全部2輛編成でした。
普段は北野線を走ってることの多いレトロ電車も豪華2輛編成で本線を走っておりました。
(3) 嵐電#3

工事が始まった時には、一旦道路から外れて地下鉄太秦天神川駅前の方に迂回して行くのか、
と思いましたが、道路の真ん中にホームを設け、道路が膨らんで抱え込む格好になっていました。
(4) 嵐電#4

ですから電車に乗るためには信号に従って横断歩道を渡って行かないといけません。
それでも山之内や西大路三条の上り線みたいな狭い安全地帯より余程駅らしいです。

嵐電天神川駅の開通後の無事な姿を見ましたので、次なる目的地に向かいます。
初めてこの駅からの乗車です。電車を待ってる間もウキウキであります。
(5) 嵐電#5

2輛編成の1両目は101形の旧車ですが、敢えて2両目の611形の方に乗ります。
何たって2輛編成の2両目でも運転席には乗務員が乗ってるんです。
運転は1両目の運転手が総括制御でやりますので、この乗務員は座ってるだけ・笑
でも、駅ごとの運賃回収や車内の保安管理という重要なお仕事があるんです。
(6) 嵐電#6

さて、西院につきまして、またここで降りました。
対向の嵐山行きの電車が四条通から西大路通並行区間へ90°カーブを切って走って行きます。
道路には遮断機はなく、信号機のみです。この乗用車は停止線を過ぎて停車していまして、
もう電車スレスレ、電車は慣れてるのか「パァ~ン」と警笛一発脅しながらゴーと走り去りました。
(7) 嵐電#7
この501形は乗降ドアが真ん中に一個だけのため乗務員は2名乗車しないといけません。
普段は車庫で眠ったままです。この日は全列車2輛編成でフル稼働のために駆り出されたのです。
この先にある西院車庫の横を通りましたら、全部出払っていて車庫に走れる電車はいませんでした。

何で西院で降りたかと言いますと、暫く行っていなかったカメラのふじもとへチョイとご機嫌伺いに・・・
こういう景色を眺めながら10分ほど久しぶりの西院散歩をしました。
(8) 嵐電#8 (9) 嵐電#9

帰りは勿論この駅、阪急西院駅から電車で我家であります。
(10) 嵐電#10

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON 35mm F2.8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)
  (2)のみ CONTAX G1 / Hologon T* 16mm F8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

ホロゴンで桜2
境内はどこを向いても桜、桜、桜、、、、
ついついシャッターを切ってしまいます。

(1) ホロゴンで桜2#1

(2) ホロゴンで桜2#2

(3) ホロゴンで桜2#3

(4) ホロゴンで桜2#4

参道沿いにはソメイヨシノが植えられていて、これは近年になってからのものでしょう。
それでも数十年は経っているので立派な木に育っています。
(5) ホロゴンで桜2#5

(6) ホロゴンで桜2#6

(7) ホロゴンで桜2#7

CONTAX G1 / Hologon T* 16mm F8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

[ホロゴンで桜2]の続きを読む

テーマ: - ジャンル:写真

ホロゴンで桜1
仁和寺仁王門を入って参道を中門の方に進むと何本か見事な桜の大木がありました。
(1) ホロゴンで桜1#1

中門の手前にも立派な桜の一本木があります。
この中門と桜越しに五重塔を眺めるアングルも絶景であります。
(2) ホロゴンで桜1#2

中門を入りますと左側にかの有名な御室桜の桜園があるのですが、
遅咲きのためまだ蕾も堅く、残念ながらまだ鑑賞することはで来ませんでした。
その代わり花見屋台に被さる枝垂れ桜が見事な姿を見せてくれていました。
(3) ホロゴンで桜1#3

御室桜以外はちょうど見頃、臨時の休憩所も結構賑わっておりました。
(4) ホロゴンで桜1#4

これは、赤外でもご紹介した観音堂とその前の枝垂れ桜です。
(5) ホロゴンで桜1#5

北東の五重塔の裏側にある拝殿あたりまで来ますと、さすがに人影も少なくなっていました。
(6) ホロゴンで桜1#6

CONTAX G1 / Hologon T* 16mm F8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

テーマ: - ジャンル:写真

ホロゴンで仁和寺
仁和寺での撮影、けったいなレンズ2個目は”あの”ホロゴンです。
モノクロ赤外にレンコン・ソフトにホロゴンに・・・・
まともに撮る気があるのかというお叱りはごもっともですが、ご愛敬ということで。

嵐電御室仁和寺駅から真北に歩いてちょっと、仁和寺のでっかい仁王門が見えてきます。
(1) ホロゴンで仁和寺#1

仁王門の前から白砂の参道を通して中門を見てみます。
この仁王門をくぐるといよいよ来たなぁ、という実感の湧く絶妙の配置です。
(2) ホロゴンで仁和寺#2

御室御所と呼ばれるミニ御所造りの宸殿の方に入ってみます。
大玄関から白書院に入りますと白砂の南庭が広がっています。
向こうに見える宸殿の前には左近の桜と右近の橘が御所同様にちゃんとあります。
(3) ホロゴンで仁和寺#3

今度は宸殿に進んで、その廊下に出ますと北庭の築山越しに五重塔が望めます。
ここはこの仁和寺でまさに絶景の場所であります。
ここで撮った赤外写真は先日ご紹介しました。
(4) ホロゴンで仁和寺#4

黒書院の前庭は伝統的な山水造りでした。
このミニ御所は日本の伝統的な庭造りを一堂に見ることができます。
(5) ホロゴンで仁和寺#5

明日はせっかくですので、仁和寺の桜をホロゴンで撮ったものをご紹介します。

CONTAX G1 / Hologon T* 16mm F8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

[ホロゴンで仁和寺]の続きを読む

テーマ:寺社・仏閣 - ジャンル:写真

仁和寺の桜
仁和寺でレンコン絞りを使って撮った桜の写真、
昨日はアップのものを出しましたが、今日はちょっと周りも入れたものを。

中庭の桜並木はほぼ満開になっていまして、赤白ピンクといろんな桜が咲き誇っていました。
(1) 仁和寺の桜#1

まだ7分咲きの深紅の桜が満開の白い花をバックに鮮やかでした。
レンコン絞り独特のボケ味は細かい柄になると結構ざわついて見えますね。
(2) 仁和寺の桜#2

枝垂れ桜を前景にお堂を入れて撮りましたが、モノクロ赤外で撮ったのとはまるで雰囲気が変わりました。
(3) 仁和寺の桜#3

仁和寺中門脇の桜は五重塔をバックにしていい景色でした。
もうちょっと高いアングルで撮りたかったですね。
(4) 仁和寺の桜#4

東側の脇参道には休憩所やカフェがあります。
そのカフェの前にも桜が咲いていましたので、オープンテラスをバックに撮って見ました。
(5) 仁和寺の桜#5

桜ばっかりでは少々食傷しますので、ちょっと箸休めにこんなのも。
(6) 仁和寺の桜#6

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON SF 85mm F4 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

テーマ: - ジャンル:写真

レンコン絞で桜
せっかくレンコン絞りを仁和寺まで持っていったんだから、
桜の花を雰囲気たっぷりにアップで撮りたい、と撮ってみたのを何枚か・・・

やはり枝垂れ桜は絵になりますね。
(1) レンコン絞で桜#1

満開の桜の木の下に潜り込むとほのかにいい匂いがします。
(2) レンコン絞で桜#2

このレンズの難点は最短撮影距離が1mであること、これ以上近寄れない。
(3) レンコン絞で桜#3

このように圧倒的なボリュームの花を撮ると、迫力ある絵面になります。
レンコン絞りの穴が一つ一つの絞り込み効果を持つのかボケは比較的輪郭がはっきりします。
形が分かるようなボケで、一つ間違えるとざわついた煩さになると思うのですが、
ソフトレンズの収差効果で独特のぼやけ方になります。言ってみれば「アメとムチの併用」か、
これがイマゴンタイプの特徴でしょうかねぇ、華やかな写真になるようです。
(4) レンコン絞で桜#4

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON SF 85mm F4 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

テーマ: - ジャンル:写真

#47 EBC FUJINON SF 85mm F4
機材紹介第47弾はEBC FUJINON SF 85mm F4、
和製イマゴンとして名高いレンコン絞りの入ったソフトフォーカスレンズである。

#47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #1

名称: EBC FUJINON SF 85mm F4 (4群4枚)
マウント: フジカST(定位置ストッパー付M42スクリュー)
    絞環にボディへの連動ノッチが出ているので、一般のM42マウントでは装着不能のものがある
絞り: F4~16、完全自動絞り、レンズ側に手動絞機構なしのためボディからの操作で実絞確認
    光量調整の絞り込みは通常の光彩絞方式であるが、
    レンコンの穴状の固定絞が入っており、この形態によってイマゴンタイプと呼ばれる
    レンコン絞のF11~F16は素通しとなっており、この絞り値ではシャープになる
最短撮影距離: 1m
    開放でピントを合わせてからピント微調整リング(白リング)と距離リングを同時に掴み、
    S位置(ストッパーあり)まで視認ピント位置よりずらせて撮影する
    この補正操作でピント位置のピークを捉えるとのことであった
フィルター径: 49mm
サイズ: 63.5mm(Φ) 64.5mm(L) 285g
発売: 1974年
価格: 35,000円 (フード、ケース付)

#47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #2

実際に使ってみると抑えの効いたソフト効果が得られ、効果は滲んで膨らみ周りにフレアが出る。
絞り値1段でまるでソフト効果が違ってくるので、慣れないと結果が予測しにくい。
ピント位置補正は結果を見れば効いているようだが、撮影時にはホントにこれでいいのかといつも悩んでしまう。

と言うことで、以下に数点の作例を並べてみる。
撮影は露出計の指示どおりで補正なし、ピントを合わせてから正直にピント補正操作をした。

(1) #47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #3
絞を11に設定したら、ソフト感はあるもののフジノンらしい軟調で忠実なディーテイルの描写が得られた。

(2) #47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #4
絞を8にしてレンコン絞効果範囲にはいると急激にソフト効果が出てくる。

(3) #47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #5
絞を5.6にするとかなりソフト度合いがきつくなる。

(4)#47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #6
絞5.6で近景の桜にピントを合わせ、遠景のお堂との対比を見てみた。

(5) #47 EBC FUJINON SF 85mm F4 #7
絞りをF4開放にして近景の桜にピントを持ってきたが、一見ピンボケのように見えてしまう。
開放絞りでの撮影は結構難易度が高いようである。

このように絞1段で効果がまるで違うので、露出の決定は絞優先AEでやりたいところである。
今回はマニュアル機で撮影したので、微妙な調整に苦労した。
絞1段ごとにクリックがついているが、できれば半絞クリックがほしいところである。

以前梅の花をペンタックスのソフトレンズで撮った写真その1その2をご紹介したが、
このイマゴンタイプのソフトレンズは、その効き方が強烈で重厚であるように感じる。
球面収差が大きく、それをレンコン絞で押さえ込んでいるからであろうか。

明日はこのレンズで撮った桜の写真をご紹介します。

Bessaflex TM Silver / EBC FUJINON SF 85mm F4 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.