一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200809 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200811
ペンタDAレンズを35mmフルで使ってみる
ペンタックスのデジタル一眼レフ専用交換レンズとしてsmc PENTAX-DAレンズがあります。
オートフォーカス対応、3モード自動露出(プログラム、シャッター優先、絞り優先)対応スペックで、
絞りリングがなく、絞りの設定は全てボディ側から行うことになります。
同じ仕様のレンズにFAJというのがありますが、これは35mmフルサイズ対応です。
DAの違うところは撮影画面がAPS-Cサイズ専用であること。
当然包括角度は35mmフルサイズをカバーしていません。

DAレンズの取説によりますと、
・ペンタックスデジタルカメラ専用です
・フィルムカメラには使用できません
・KAFマウントは従来の一眼レフ用と同じ規格です
と記載されています。

常識的には包括角度の関係で35mmフルサイズで使用すると周辺にケラレが出るため
使用に難があるのは分かるのですが、敢えて使用できませんと記載してるのはなぜでしょう。

確かにニコンのAPSカメラ用交換レンズは、同一規格マウントながら35mmフルサイズ一眼に使うと
ミラーにあたって故障の原因になると明記、という先例がありましたので、気になりました。

ということで実際に使ったらどうなるのか、実験してみました。アホですね・笑
根拠はKAFマウントの規格が一緒と言ってるからで、よもや着けただけで逝ってしまう事はなかろうと。

使ったレンズは smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL という、一般にセット販売されている
廉価版標準ズームレンズです。私はDAレンズをこれ1本しか持ってませんので、選択肢が・・・
このレンズは廉価版標準レンズですが、金属製のがっしりしたマウント構造になっています。

試写は自宅の庭でお手軽に、ズームリングにプリントされた各焦点距離ごとに
開放絞り、常用絞り(f8)、最小絞りで撮ってみました。
サンプルはスキャンしたそのままの素の状態ですので、細部は問わないでください。

18mm
DAレンズ#01DAレンズ#02DAレンズ#03
   開放 f3.5                 f8                       最小 f22

24mm
DAレンズ#04DAレンズ#05DAレンズ#06
   開放 f4                   f8                       最小 f27

35mm
DAレンズ#07DAレンズ#08DAレンズ#09
   開放 f4.5                 f8                       最小 f27

45mm
DAレンズ#10DAレンズ#11DAレンズ#12
   開放 f4.5                 f8                       最小 f32

55mm
DAレンズ#13DAレンズ#14DAレンズ#15
   開放 f5.6                 f8                       最小 f38


結論から言いますと、ケラレや画質を問わなければ問題なく使えました。
要するに、取り付けても故障の原因にはならないということでした。
ではなぜ使用したらケラレや画質低下がありますではなくて使用できませんときっぱり書いたのか?
最近のえげつないクレーマーから難癖つけられないように対策したのかな、と思います。

さて、肝心の"写り"ですが、
さすがに18mmや24mmでは周囲のケラレで画面が丸くなってしまいますが、
見たところ35mmではフル画面をカバーしているようです。
刻みには書かれていませんが、28mmあたりからは35mmフルで使えるようです。
画質的には、さすがに周辺部では流れや崩れが若干見られますが、
2LプリントやWeb鑑賞レベルではケラレない範囲は結構いいセンで写っています。

面白いのは中大判レンズのようにケラレが出る範囲が絞り込んでも改善されないこと、
逆に18mmや24mmのサンプルで分かるように絞ったらより狭まることです。
これはレトロフォーカス設計で、ズームレンズだからということからかもしれません。
包括角度の常識から外れたこの絞り効果が面白いと感じました。
中大判レンズでも非対称設計のテレフォトタイプなどではこの傾向がありましたね。

イザという時には非常用でフィルムカメラにも使えそうです。
イザという時って、、、、、どんな時かは私は知りませんけどね。

実は、私が何でこの互換性に興味を持ったかというと、
DAレンズのラインナップにフィッシュアイズームがあるんです。
対角線魚眼レンズなのですが、あれを使って敢えて丸い画面を撮ったら結構面白そう、
こんな邪道的な興味を持ってしまったからです。
DA魚眼と出会い頭があっても、これで安心して心中できそうです。 (^^ゞ

さて、この実験ですが、必ずしも結果を保証しているわけではありませんので、
ご自分で試されてどんな結果、最悪故障や破損が起こっても私は一切関知しません。
やるならあくまでも自己責任でやってください。よい子は冒険しないようにね。

・・・こんな常識的なことをクレーマー対策で書かないといけないこと自体、悲しいことですが。


PENTAX MZ-S / smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL / NEOPAN SS ND-76 1:1 22.5℃ 7分

[ペンタDAレンズを35mmフルで使ってみる]の続きを読む

テーマ:試写 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.