一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200809 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200811
糺の森
糺の森(だだすのもり)は古代から現在の下鴨神社の社領としてある森林で、
かつては数十万坪の手つかずの原生林でしたが、現在では4万坪弱になっています。
それでも都会地の歩いていける貴重な森林で、世界遺産下鴨神社の大きな部分を占めています。

この糺の森はインドネシアから帰国されたfe3さんのお気に入りの場所で、
結構頻繁に訪れているようです。彼のブログでも時々紹介されています。
今回はfe3さんのシマを荒らしてしまったようですが、私もお気に入りなのでご勘弁を。

場所は賀茂川(現在は正式には鴨川)と高野川の合流点から上流側の三角地帯です。
ここには瀬見川、泉川などの小川が自然状態のまま流れており、遊歩道も整備されていますが、
舗装や地形変更もされず、できるだけ自然状態を残すようにされています。
下鴨神社の表参道はこの糺の森を南北に貫くように通っています。
(1) 糺の森#1

ここは昔は池(沼)だったそうです。
(2) 糺の森#2

これは泉川
(3) 糺の森#3

こちらが瀬見川
(4) 糺の森#4

画面右にチョロっと白く見えるのが表参道です。
泉川と瀬見川に挟まれたところを下鴨神社の表参道が通っています。

ここでは学校の課外授業やサークルの野外活動がよく行われており、
市民の散策道としても親しく利用されています。
もちろん世界的な観光地でもありますので、国内外の観光客も多く来ますが、
それでも人出では一般市民の方が多いようです。
(5) 糺の森#5

下鴨神社の表参道脇でもこのとうり。
(6) 糺の森#6

糺の森は平安京の北東洛外、鬼門の方角に当たるため賀茂社をその守り神とし、
広大な自然森林を社領として残すことで鬼門筋からの魑魅魍魎をここに止まらせ、
都を厄災から守ろうという陰陽道信仰に基づいた政策で長く保存されてきました。
そのおかげで市街拡大で市域に飲み込まれた現在でも不思議な自然森林が残されたいるのです。
今では市民の憩いの場として貴重な近郊自然で愛されています。


PENTAX K100D Super / smc PENTAX-FAJ 18-35mm F4-5.6 AL

テーマ: 森林公園散策   - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.