一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200809 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200811
また500系
過日そろそろお終いだから乗り納めと言うことで東海道山陽新幹線500系をレポートしましたが、
先日出張で東京に行った折、戻りの新幹線「季節臨のぞみ187号 博多行」に500系が入っていました。
日によって700系になりますが、この日は幸い500系でしたので、思いもかけずに乗れました。
しかものぞみ172号で東上して東京駅に着いてから、40分あまりも18番線ホームで待機しています。
おまけに30分近く前にドアが開いて乗車可能です。せっかくのサービスですので、
その間を利用してちょっと乗ったり降りたり、だめ押しの撮影をしてきました。

到着したのぞみ172号から乗客が降りてしまうと、発車まで間があるホームはひっそりしています。
隣の17番線には700系ののぞみが止まっていますが、サイズも格好もまるで違いますね。
異彩を放っているこの500系の方が断然格好いいです。光の加減がよければねぇ・・・・
(1) また500系#01

到着してすぐの500系先頭部のフォルムをしつこく撮りました。
丸くとんがったコンコルドのようなノーズ、低い運転室に合わせた変形乗務員扉など
この500系の一番そそるところです。
それにしてもばっちくなっています。1200kmも走ってきた後はこうなるんですかなぁ。
(2) また500系#02 (3) また500系#03

前回のレポートでご紹介できなかった特徴あるパンタグラフも今回は撮ってきました。
独特のT形のパンタは改造で8連の山陽新幹線専用こだまに転用されると
普通タイプに取り替えられるので、もう見納めになってしまいます。
(4) また500系#04
横から見ても、前から見ても、後ろから見てもユニークな格好ですね。
(5) また500系#05 (6) また500系#06

次にこの500系の最大特長でもある航空機のような丸い胴体断面を見てみます。
(7) また500系#07 (8) また500系#08 (9) また500系#09
客用乗降扉やデッキ付近を見れば、かなり丸みを帯びているのが分かりますね。
客室とデッキの間の扉も上部が窄められたようになっています。
ここまでは必要ないように思われますが、丸い断面に合わせたデザインと配管等の艤装面、
車体フレーム材との関係でこのように設計されているようです。

次は客室内です。
これは16号車、東京寄先頭車ですが、運転室に向かって天井が下がっている様子、
断面が丸いので航空機のキャビンのような雰囲気が分かると思います。
これは明るい室内に見えますが、300系や700系の車両に比べてかなり室内は暗いです。
明るい照明にすると天井が低いためにまぶしく感じるからだそうです。
(10) また500系#10 (11) また500系#11

最後にこれはデッキにある車内案内図です。
他の車種となるべく合わせるように配慮されてはいますが、
サービスコーナーなどの配置が結構違っていますし、各車の定員も微妙に違います。
右上に写ってるフレームは、客用乗降扉の枠ですが、相当傾斜してついているのが分かりますね。
(12) また500系#12

このように独創的で挑戦的な車両が消えてゆくのは寂しいことですが、
新製当時のコストが他車種の倍近く掛かり、保守費も嵩むとなれば仕方ないのかもしれません。
さあ、もう一度乗る機会がくるでしょうか、、、あることを願っています。


KODAK EasyShare V570

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.