一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200811 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200901
カビ玉
キヤノンSLR用にNew FD 35-105mm F3.5というレンズがあり、
なかなか優秀なので欲しいとは思っていましたが、なかなか縁なく・・・
ところが、ひょんなことで手に入れました。  (^^)v
「難ありですけど、いいですかね?」というものですが、喜んで、『はい!』。
よく見るとカビ玉  (@_@。   今更要らんとは言えずありがたく、という次第です。

カビ玉#1

このカビは2群目の前についているので、簡単に取れるだろとフロントからアクセス、ところが・・・
飾りリングは取れたのですが、前玉がかしめた様になっていて、どうしても外せません。
のぞき込むと裏からリングでレンズを押さえているような構造になっている模様で、
オイオイ、これは後ろから全部いかんといけないのぉ、ととりあえず蓋しました。
よく見ると、飾りリングに派手なひっかき傷が・・・ (;´_`;)
どうも前の持ち主もトライしてあきらめたようなのでありました・爆

とりあえずこのカビがどの程度影響するものか試写してみることにしました。

まずはワイドの35mm側で、早朝のために完全逆光。
このフレアっぽいのはカビのせいかなぁ・・・・
カビ玉#2

次に同じ場所でテレの105mm側。
やっぱり逆光ですよぉ、という描写です。
カビ玉#3

順光だとどんな感じかな、と撮ったのがこれ。
何も問題ないように見えますね。
カビ玉#4

実は昨日の影を写したのもこのレンズで、あれもまるで問題なく見えてますね。
この後フィルムの残りでちょいと撮りましたのですが、さほど問題なく感じましたので、
まぁいいかと感じている次第です。後ろからバラすのはじゃまくさいし・・・  (^^ゞ
1981年製造の13群15枚構成のレンズなので、当時はシャープな描写で有名なレンズでしたが、
逆光には弱いのは仕方ないかな、、、カビの影響でもなさそうだ、と思います。
まぁ、カビがこれ以上広がらない限りこのまま使うことにしましょうかね。


CANON T-70 / New FD 35-105mm F3.5 / Konica Minolta Centuria 400


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.