一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200901 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 200903
#56 Kyocera T Scope 2
機材紹介第56弾は Kyocera T Scope 2

京セラから発売されたAFコンパクトカメラで、スペック的にはごく一般的なプラカメである。
このカメラの売りの1番目は、コンタックスベンダーの特質を活かしたツアイス・テッサーの装備、
2番目はローアングルファインダーをビルトインしているので、上から覗いて撮れることである。
このローアングルファインダーは昔よくあった反射ミラーファインダーのレベルで、
ベス単などに装着されていたのとさほど見えは変わらない。あると便利レベルである。

初代 T Scope との差異はストロボ撮影モードに赤目軽減モードがついたこと、
セルフタイマーボタンに連写モードが追加されたことのみ、
実質的には初代と性能は変わらないで、定価が3千円下がった。

#56 KYOCERA T SCOPE 2#0

名称: Kyocera T Scope 2
レンズ: Carl Zeiss Tessar T*35mm F2.8 4群4枚
撮影距離: 0.5m~∞ シャッター半押しでAFロック、最短より近いとシャッターロック
フォーカス: 赤外線アクティブAF、ステップ数16
シャッター: 電子制御プログラム式 1~1/630秒
露出制御: SPD受光素子使用プログラムAE
        連動範囲(ISO100): ロングタイムモード(フラッシュ発光停止)でEV3~17
        ストロボ自動発光モード: EV8~17
フイルム感度: DXコード対応 ISO64~1600
ストロボ: 内蔵固定式、低輝度時自動発光、発光禁止、強制発光(日中シンクロ可)、
       赤目軽減機能、連動範囲:0.5~3m、
       BBC機構(背景とのバランス評価調整)付きフラッシュマチック、充電時間:約0.6秒
ファインダー: アルバダ式ブライトフレーム、倍率0.5、視野率85%
         測距完了/近距離警告ランプ点灯、ストロボ充電/発光表示ランプ点灯 
         ローアングルファインダー装備: ミラー式左右逆像
巻上・巻戻: オートローディング、自動巻き上げ・巻き戻し、途中巻き戻し可
画面サイズ: 35mm判135規格パトローネ入り、24x35mm
電源電池 : リチウムイオン電池2CR5×1個 (デート用:CR2025)
その他: JIS等級4の生活防水
寸法・重量: 128×67.5×54.5mm、295g(電池別)
発売年月日: 1991年頃
発売時定価: 43,500円(ケース付き)


試写は春節祭で神戸南京町に出かけた時にそのついでに行った。

(1) #56 KYOCERA T SCOPE 2#1
近距離、周辺も崩れがないですね。さすがテッサーを冠するだけのことはあります。

(2) #56 KYOCERA T SCOPE 2#2
コントラストの低い光線下でもちゃんと雰囲気描写してくれます。

(3) #56 KYOCERA T SCOPE 2#3
ピーカンの直射光下でも飛んでしまわず、忠実にトーンを拾います。

(4) #56 KYOCERA T SCOPE 2#4
屋内の人工光での柔らかい描写もなかなかのものです。

京セラの一連のTシリーズはコンパクトカメラの中でもその描写力で光っているが、
このTスコープもその例に漏れず優秀な撮影結果を示してくれた。
この機材は機会があれば使ってみたいとは思っていたものの縁がなかった。
先日某カメラ店で裏側の底部が欠けたジャンクをタダで貰ってきたものだが、
心配をよそに快調に働き、光線漏れもなくきちんと写ってくれた。
もらい物がこれだけ働いてくれたら丸儲けである。


Kyocera T Scope 2 / Carl Teiss T* Tessar 35mm F2.8 / KODAK 400TX ND-76 1:1 23℃ 8分


テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.