一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200904 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200906
農場作業場
京大農場事務棟の西側には大きな作業場があります。
メインの機能は機械工具類の製作や改造、整備を行うところです。
ここの景色も抜群なので、私の試写でもよく出てきます。

(1) 農場作業場#1

(2) 農場作業場#2

窓から中を覗いてみますと、工具や材料が雑然と置かれています。
高くて大きく広い窓からは陽光がよく入ってきます。

(3) 農場作業場#3

(4) 農場作業場#4

ここの前庭ではよく散歩に来て休んでいる方がいらっしゃいます。


Konica MT-100 / KONICA LENS 34mm F4.5 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

京大農場事務棟
京大農場の構内に入り、正面通路の突き当たりに事務棟が見えます。
この並木道は銀杏並木でして、秋には見事な黄葉が楽しめます。

(1) 京大農場事務棟#1

この農場は1928年(昭和3年)に開設されたので、もう80年ほどの歴史になりますが、
施設はほぼその当時のままで残っているので、実に風情があります。
特にこの本館というか事務棟の辺りはヨーロッパの学舎を見るような美しさを感じます。

(2) 京大農場事務棟#2

(3) 京大農場事務棟#3

(4) 京大農場事務棟#4


このようにどのアングルから眺めてみても価値ある建物だと思います。


Konica MT-100 / KONICA LENS 34mm F4.5 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

近所のイナカ
私がよく試写で使う京都大学農学部の農場が自宅から徒歩5分圏にあります。
ここは農場だけでなく周りの昔からの田畑も残っており、田園風景を堪能できます。

ここが京大農場の入口です。
この中は大学構内ですが、通路は一般人車も自由に通行できます。
ただし、奥の方ではすれ違いも困難なほど細くなっていますので、
地元の慣れた人しか通りません、、、というか通れないでしょう。
(1) 近所のイナカ#1

農場門柱の前は阪急電車の高架橋になっています。
高架沿いには古くからの道幅の狭い道路も走っています。
(2) 近所のイナカ#2

農場に入って並木道を進み、途中で横を見ますと、そこは昔ながらの田圃です。
最近は大分浸食されて住宅街に変わってきていますが、ある距離からこっちは開発ストップ。
(3) 近所のイナカ#3

農場を通り抜けて北側に出ますと、ここも田圃と畑が広がっています。
向こうの方にはJRの線路と車庫があり、実にのどかな雰囲気です。
(4) 近所のイナカ#4

田圃や畑越しにJRを走る特急電車も眺められます。
(5) 近所のイナカ#5

農場の果樹園越しに振り返ると、阪急電車が高架を走るのも眺められます。
(6) 近所のイナカ#6

駅からも近くて便利なこの辺りが何で田畑で残ってるかと言いますと、
実はこの農場を中心とした耕作地一帯が弥生時代の集落の遺跡である、
ということが以前一部を発掘した時に発見されたんです。そこでこの土地をどうするか、
ただいま議論中なので手がつけられないというのが、そもそもの理由です。

バブル崩壊までのイケイケ時代にはここを大規模開発してスポーツセンターにという構想があり、
京大も立ち退きにほぼ合意していたイキサツがありましたが、
このところの開発行政の頓挫と見直しにより、ここを遺跡公園にしようじゃないかという
意見が優勢になってきています。私はもし手を入れるならその方がありがたいなと思います。
願わくばこのまま手をつけないでそっとイナカを残して欲しいのですが、それは場所柄ムリかなぁ・・・


Konica MT-100 / KONICA LENS 34mm F4.5 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

#62 Konica MT-100
機材紹介第62弾は Konica MT-100

コニカが「ジャスピンミニ」というニックネームで売り出したコンパクトAE・AFカメラである。
性能的には入門機といった位置づけであろうか、レンズは私の好きな34mmという
中途半端な焦点距離の3枚玉で単焦点、開放値はF4.5であるが、
実質的にはF8の絞優先AE機となる不思議な仕様。
私はこの現物を手に取るまで見かけたことも話を聞いたこともないので、
マニア間でも話題にならず、一般にも売れなかったんでしょうね。


#62 Konica MT-100#0


型式 : 35mm レンズシャッター式カメラ
レンズ : KONICA LENS 34mm F4.5 (3群3枚)
シャッター : 電子シャッター  1/500 ~ 1/4秒、2秒
絞り : F8 のみ
ファインダー : アルバダ式、撮影範囲、AF範囲フレーム付、合焦表示、ストロボ充電表示
焦点調節 : 赤外線式アクティブAF 1.2m~∞ AFロック(シャッター半押し) ステップ数2
露出調節 : CdS測光プログラムAE、通常オート時は絞りF8固定(EV11~EV15:ISO100)
        ストロボoff時には EV8~EV15:ISO100、EV8以下になるとF8、2秒に固定
フィルム感度範囲: DX対応 100/200と400の2段のみ
シンクロ : 内蔵ストロボ、低輝度時自動発光(1/30秒以下の手ブレ限界になると発光)
       連動範囲:1.2m~3.4m、充電4秒
セルフタイマー: 電子式10秒
フィルム装填・給送 : ベロ位置合わせセット、電動巻き上げ
フィルムカウンター : 裏蓋開放に連動して自動復帰するメカニカル順算式
フィルム巻き戻し : フィルム終端検知で電動巻戻、途中巻戻不可
その他: 裏蓋組み込みのデート写し込み機能あり
画面サイズ : 24×36mm パトローネ入り35mmフィルム
寸法と重量 : W118×H69×D51.5mm 230g
電池 : CR123A 1個、デート用にCR2025 1個
発売年月 : 1990年 3月
発売時定価 : 24,000 円 (ケース付)


カメラ前面のレンズカバー開閉レバーが電源on/offスイッチになっている。
カメラ前面のボタンは上から
 セルフタイマー: 押しながらシャッターを切るとセルフタイマー撮影となる
 夜景(ストロボoff): 押しながらシャッターを切るとストロボ発光禁止となる
 逆光(ストロボon): 押しながらシャッターを切るとストロボ強制発光となる



試写はネオパンSSを使って家の近所で行った。
フィルムとの相性もあるようだが、遠景ではかなりフラットな描写での画像となった。
AFといっても近・中遠の2ステップなので、無限遠はパンフォーカスの深度いっぱいか。
このカメラではISO400のメリハリある今どきのフィルムの方がいい結果が出るかもしれない。


(1) #62 Konica MT-100#1

(2) #62 Konica MT-100#2

(3) #62 Konica MT-100#3


Konica MT-100 / KONICA LENS 34mm F4.5 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

グランキューブ大阪
グランキューブ大阪の正式名は大阪府立国際会議場、
あのお騒がせ建築家故黒川紀章の設計によるもので、2000年に完成しました。
ここでよく業界セミナーや展示会がありますので、しばしば訪れます。

(1)グランキューブ大阪#1 (2)グランキューブ大阪#2

ビル内部の会議室などは別に他の建物と変わった構造ではありませんが、
ロビーや通路などには吹き抜けを多用し、明るく広々とした空間を演出しています。

90年代頃からは日本一緑の少ない都市という汚名返上を図ってか
大阪市内の再開発地には緑地空間が増えてきています。
元々商業地で遊休空間の少なかった都市ですので、その歩みは遅々としていますが、
再開発地では少しづつちょっと休める緑地が増えてきているようです。

(3) グランキューブ大阪#3

(4) グランキューブ大阪#4

(5) グランキューブ大阪#5

中之島のこのあたりは実は長く鉄道の便が悪く、行くのに不便なところでした。
私もここへはお隣のリーガロイヤルホテルのリムジンバスに便乗させていただいて来ていました。
この3月に京阪電車の中之島線が開業し、目の前に中之島駅ができましたので、
格段に便利になったのですが、昨年来の超不況が災いしてか電車はガラガラ状態です。
経済が上向きになれば徐々にビジネス客が増えてくると思われます。

グランキューブ大阪#6


Panasonic LUMIX DMC-FX01/SC60


テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

土佐堀橋
(1) 土佐堀橋#1

大川(旧淀川)が中之島で二手に分かれ、堂島川と土佐堀川になりますが、
東西に長い中之島がすぼまって切れる西端の近く、南側の土佐堀川にかかるのが
土佐堀橋です。中之島はバブルの前に開発が進み、ひょっとして西梅田あたりより先に
ビル群が林立する、東京でいえば新宿副都心の景色のようになっていました。
橋の上から中之島を眺めると、その雰囲気が満喫できます。

(2) 土佐堀橋#2

このあたりは古くから回船、海運業の集積地で倉庫群も多い土地です。
新たに進出してきた異業種ビルとともに懐かしい老舗も残っています。

(3) 土佐堀橋#3

(4) 土佐堀橋#4

土佐堀橋はあみだ筋という南北道路に架かっていますが、
このあたりは中之島の幅も狭く、歩いてすぐに堂島川に辿り着きます。
向こうに見える堂島川には昭和2年に架け替えられた当時の作りのままの堂島大橋が架かっています。
堂島大橋は石と鉄骨の組み合わせ橋ですが、空襲の煤けが今でも残っています。

(5) 土佐堀橋#5


Panasonic LUMIX DMC-FX01/SC60


[土佐堀橋]の続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

鳩のいる公園
大阪市の中心部ながら少し西の外れ、さほど繁華でない下町に靱(うつぼ)公園があります。
暫く前になりますが、たまたま仕事で出たときの昼食時に寄ってみました。

相変わらず平日の昼間は閑散とし、お年寄りがのんびりくつろいでいました。
そして、相も変わらず多くの鳩がいました。

(1) 鳩のいる公園#1

(2) 鳩のいる公園#2

(3) 鳩のいる公園#3

公園にはやはりというか、さすがにこのようなデカい立て看板がありました。
この看板を作ったヒトは、正すべき日本語をわきまえている常識人のようです。

(4) 鳩のいる公園#4

ここは庶民の街ですので、自販機も100円マシンでした。

(5) 鳩のいる公園#5

この公園はのべつ幕なしでずっと何か工事をしています。
一体この工事は必要なのか、いつ終わるのかと思ってしまいます。

(6) 鳩のいる公園#6

実はこの公園は一時ホームレスのブルーシート小屋にほとんど占拠されている状態でした。
少なくとも定住化は困るということで立ち退きの指導や強制撤去をやりましたが、
いたちごっこでなかなか退去が進みませんでした。
鳩も以前からいなかったわけではないですが、新住人からのおこぼれ目当てで集まりだし、
以前に比べるとかなりの数の鳩が居着くようになってしまいました。

その頃からこの公園ではあちこちで工事が始まり、その工事は切れ目無く今も行われています。
ホームレス住人が居着きにくくする意図があるのか無いのか私には分かりませんが、
確かにホームレス住人の数はまばらにはなってきています。
でも、鳩は増えたままなので、鳩も困ってるんでしょう、行ったら何かくれと寄ってきます。


Panasonic LUMIX DMC-FX01/SC60


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

スタジオ撮影3
ラストはやっぱり悩殺ポーズで締めましょうかね・笑


(1)  スタジオ撮影3#1


(2)  スタジオ撮影3#2


PENTAX K10D / smc PENTAX-FA 43mm F1.8 Limited


テーマ:モデル撮影会 - ジャンル:写真

スタジオ撮影2
スタジオの廃墟ゾーンにあったバイクを小道具に撮ったものです。


(1)  スタジオ撮影2#1


(2)  スタジオ撮影2#2


PENTAX K10D / smc PENTAX-FA 43mm F1.8 Limited


テーマ:モデル撮影会 - ジャンル:写真

スタジオ撮影1
先週の日曜日、大阪は一日中雨が降り、インフルエンザの大騒ぎになる中
スタジオを借り切って仲間と撮影会をやりました。

幹事としてマネージャ兼ディレクター兼ライトマンをやってましたので、
なかなかシャッターが切れませんでしたが、今日から3回、何とか撮れた中からご紹介します。


(1)  スタジオ撮影1#1


(2)  スタジオ撮影1#2


(3)  スタジオ撮影1#3


先ずお断りしておきますが、このブログは入室制限をしておりませんので、
ヌード撮影の作品掲示にあたってどこまで出していいものか悩みました。
私の基本的考え方はフルオープンでありますが、そうなると一体どこから
ヘンコ頭の因縁がつくか分かりません。

私は別段構わないのですが、読者の皆さんに不愉快なやりとりをお見せしたり
モデルさんやスタジオにあらぬ迷惑をかけかねませんので、乳首と性器は一切
出さないことにしました。更に微妙なボカシでは作品自体が陰湿になりますので、
思いっきり明るく☆☆☆でカバーし、笑って見られるようにしました。
また、よからぬ輩がダウンロードして楽しもうとしても興ざめすることも期待しました。
☆なしを想像いただき、マジメに撮ったものであることをご理解いただけたら幸いです。
そういう事情でありますので、笑って許していただきたいと思います。

モデルは先月海岸で撮らせていただいたRURIさんです。
彼女のHPをご訪問いただけましたらどっかに私の撮った写真も埋もれています。(R18)

撮影したスタジオは大阪弁天町のHACO STUDIO DIVです。



PENTAX K10D / smc PENTAX-FA 43mm F1.8 Limited


[スタジオ撮影1]の続きを読む

テーマ:モデル撮影会 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.