一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200908 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200910
D51三重連
さぁ、いよいよ伯備線上り貨物列車、D51三重連の列車がやってきます。
備中神代駅を発車する列車の発車合図の汽笛「ボーーッ」の3連発が聞こえてきました。
列車が走らない限り風の音しか聞こえない静かな布原では遠くの汽笛がよく聞こえます。
先に休憩したときに決断してレンズを55mmに戻しました。吉と出るか凶と出るか…

この布原で唯一残念なのは、上り列車が下り坂になるためほぼ絶気運転で走ってくることです。
ですので谷間にロッドの空回りの音が「カラン、カラン、、、カラン」と響きます。
嬉しい煙も見えませんので、ちょいと拍子抜けしてしまいます。

(1) D51三重連#1

(2) D51三重連#2

重連や三重連の機関車でよく勘違いされるのですが、
列車の本務機はあくまでも客車や貨車の直前に連結されている機関車で、
その前や後ろに連結されている2両目や3両目はあくまでも補機なんです。
本務機はその列車を主体で運転する機関車、補機は必要な区間だけ付け加えられます。
先頭にいるので親玉(本務機)だ、ということではないのを覚えておいてくださいね。

で、これはこの三重連の本務機です。
(3) D51三重連#3

これが前補機その1です。
(4) D51三重連#4

先頭の機関車は前補機その2です。
(5) D51三重連#5


55mmでは画角が足りず、横全景が撮れませんでしたので、
昔やったプリントの切り貼りで作ったパノラマ写真、この手法で遊んでみました。

D51三重連パノラマ


三重連の貨物列車はあっけなく布原信号所に進入してゆきました。

(6) D51三重連#6

布原で下り列車と交換した三重連貨物列車は3筋の煙を残して新見に向けて発車してゆきました。

(7) D51三重連#7

この貨物列車は伯備線の足立駅で仕立てられる姫路の広畑までの石灰石専用列車で、
新日鉄広畑製鉄所へ石灰を運搬する上りの専用列車でした。(486レ)
牽引重量からD51単機でも賄える程度のものですが、雨天や降雪時あるいは異例事態に備え
念のために前補機をつけた(二)重連の姿が本来の運転形態となります。
ただし、別の定期運転下り貨物列車の補機を回送するためにさらに前位に補機を連結しますので、
結果として三重連になったものです。ですから定期列車が運休になると時々(二)重連になります。
荷動きの関係で貨物列車の運休はたまにありましたので、そんなときに見に行っていたら、、、
アテが外れてがっかり、ということになりますね。

三重連で運転するのは足立駅から備中神代駅、布原信号所を通って新見駅までわずか12.6kmです。
ですから良好な景色の中でこの三重連を見ようとすると、撮影ポイントは限られてしまいます。

また、最前位の補機は実質回送なので、牽引力を発揮する必要がありません。
発車時以外はお荷物にならない程度の出力で流しています。
走行中には先頭のD51だけ無煙だったり薄い白煙だったり、
安全弁開けて白い蒸気を流したり、あとの2両と様子が違っています。
ちなみに、真ん中の前補機も出力を絞って、そこそこのパワーで運転しています。

ところで、連れのO君は信号所の新見寄りで三重連を狙い撮影していましたが、
ど迫力のドラフト音は聞けたものの、こもった煙だらけで姿ははっきり見えなかったようです。

ん~~、55mmに変えたのが良かったのか悪かったのか、未だに分かりません。


1968. 3. 28 布原信号所
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / NEOPAN SS  Microfine 10分



↓↓ お立ち台について調べてみました ↓↓
[D51三重連]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.