一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200908 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200910
再び新見駅
無事新見駅に戻ってきました。
布原信号所は駅扱いではありませんので、隣の駅は一つ向こうの駅備中神代になっています。
これで布原は正式の客扱いをしていない便宜上の客扱い停車場であるのが分かります。

(1) 再び新見駅#1

もうお昼時になっていますから、夜明け頃に立ち寄ったときよりずっと明るくなっていて、
人も列車も構内は賑やかになって活気あふれる駅になっていました。

この新見駅はさすがに機関区もある拠点の大規模駅ですね、
C58が十字マークをつけた入替専用機になって動き回っていました。
前後進を繰り返し、連結開放を繰り返し、寸止め操作が多いので、
デフレクター(除煙板)の下2/3くらいを切り取って見通しをよくしていますね。
排煙防塵装置が付いていませんので、煙突回りがすっきりしています。

(2) 再び新見駅#2

これは次の運転に向けて待機しているのでしょうか、あるいは外された補機でしょうか、
ホームの端っこでD51が運転体制のまま停まっていました。

(3) 再び新見駅#3

3月下旬ですが、この冬の出動が済んでもう今シーズンは走ることはないのでしょうが、
除雪車がいつでも出動できるよう待機していました。
もうすぐに車庫に仕舞い込まれることになるのでしょう。

(4) 再び新見駅#4

朝から何も口にしていませんので、乗る列車が来る前に食事を済ませます。
ホームに戻るとちょうど広島行きの急行「たいしゃく」が入線してきました。
これに乗って広島駅に向かいます。いよいよ新見ともおさらばです。

(5) 再び新見駅#5

急行「たいしゃく」は岡山発伯備線・芸備線経由広島行きというのんびりしたDC急行で、
わざわざ中国山地を遠回りで縦走している列車です。
やたら時間が掛かりますが、沿線の各小都市をこまめにつなぐ重要な列車なんです。
そして、この新見から明るいうちに広島にたどり着ける列車はこれしかありません。

座席に落ちついて本日の収穫話で盛り上がるかと思いきや、前日は深夜から半徹夜、
未明からハイテンションで飛ばしてきましたので急速に眠気が襲ってきまして、
この後は広島に着くまで全く記憶も記録もありません。二人とも車中爆睡の旅でありました。


1968. 3. 28 伯備線(芸備線)新見駅
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / NEOPAN SS  Microfine 10分


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.