一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200909 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 200911
一之船入
ここは以前にもご紹介した一之船入です。暫く行っていないので眺めに行きました。

(1) 一之船入#1

高瀬舟が現役で高瀬川の荷役運搬に使われていた頃、ここが源流の船溜まりでした。
場所は木屋町通押小路上ルという二条大橋から少し南のところにあります。

この船溜まりは以前はもっと広かったのですが、一部埋め立てられて狭くなってしまいました。
北側に日銀の現京都支店ができ立ち入りが厳重に管理されているので、この隙間から見るしかありません。

南側には押小路沿いに船溜まりとの間に当時からの船宿や料理屋が軒を連ね、
昔の賑わいを想像することができます。

(2) 一之船入#2

ここから高瀬川が木屋町通に沿って下ってゆくと、二之船入、三之船入といくつもの荷下ろし場があり、
河原町方向に直角に切り込んだ船着き場がありました。今ではほとんど埋められて痕跡もありません。

この一之船入の船宿や料理屋には押小路通りから入りますが、
それを通りの側から眺めるとこんな感じの街並みになっています。

(3) 一之船入#3

この通りを挟んだ向かい側も昔は料理屋や旅館が並んでいたのですが、
現在は再開発されてホテルオークラ京都になっていて、通り北側だけに残っています。

1階軒の小屋根にはちゃんと鍾馗さんが据えられていますが、ちょっとあさっての方を向いています。
これはお向かいに同業者お仲間のお宅があった当時の名残で、本来は正面を向いて
邪気を払う睨みをきかすものですが、お仲間の玄関を睨んでは申し訳ないと視線をそらせているのです。

(4) 一之船入#4

このあたりの船宿の残っている一帯は町名には「一之船入町」という名前が残っています。
観光客でも訪れる人は少なく、不思議と日本人より欧米の外人さんをよく見かけます。
京都に来る観光客は日本人より海外からのお客さんの方が良く歴史を調べてこられているようです。


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6D DC

テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.