一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
200910 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 200912
塚本今昔
このブログで40年前の淀川堤防から見た国鉄塚本駅と大阪駅の写真を出しましたが、
あそこはどうなってるかなと先日その淀川堤防に行ってみました。

これが 1968.3.15 に撮った淀川右岸堤防から塚本駅方向を撮った写真です。
(1) 塚本今昔#1

そしてこれがほぼ同じ場所から撮った今の写真です。
線路位置が左にずれて建物に隠れるため、50mmで撮っています。
(2) 塚本今昔#2

当時は国鉄淀川鉄橋架け替え(嵩上げ)工事中で、線路を後方の阪神高速道路寄りに
移設しながら鉄橋を架け替え、線路を移設しています。
当時の線路があった土盛り築堤は線路2本分削り取られ、線路と線路沿いの道路が離れました。
昔の線路高さは、現在のコンクリート擁壁の上辺あたりになります。
それ以外に地形や区割りは変わっていませんが、写真に写っている建物のほとんどが建て替わっています。
見たところ同じ場所だと分かりますが、随分雰囲気が違って見えます。


同じ日に淀川越しに大阪駅の方を撮った写真です。
川沿いの工場群の向こうにできたばかりの大阪タワーが見え、画面左に凸型の大阪駅も遠望できます。
(3) 塚本今昔#3

同じ方向の今の写真です。
少し右にずれてしまいましたが、一番手前ののっぽビルの陰に大阪タワーが隠れています。
川沿いにあった工場群は姿を消し、大阪駅との間には高層ビル群が建ち並び、大阪駅の姿は消えました。
(4) 塚本今昔#4

大阪タワーは、と言いますと、少し上流側に移動して撮りますとビル影にちょこっと見えています。
随分背が低くなっていますが、ビル群に囲まれてアンテナ塔としても展望台としても
役に立たなくなってしまったので用途廃止となり、現在解体工事中なんです。
混み合った市街に建っていましたので、だるま落としの要領で下から解体して背を低くしていっています。
(5) 塚本今昔#5

上の写真は個々には大変わりしていますが、全体として名残の景色が分かります。
下の写真はまるで景色が変わってしまって、最初は撮ろうとしても目的が定まりませんでした。
41年半経った定点観測ですが、撮る方向によっても変化の度合いが違っていて興味深いです。


ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 135mm F3.5 / NEOPAN SS Microfine
RICOH XR500 Auto / XR RIKENON 50mm F2 L、135mm F2.8 / KonicaMinolta 業務用 100ネガ

テーマ:昭和レトロ - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.