一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201001 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 201003
我が町
最近は家と会社の往復だけが行動範囲、たまに買い物で地元を歩くくらいの生活が続いています。
歩いていて、自分の地元の写真をあまり撮っていないのに気付きまして、
ちょっと旧市街の方に足を踏み入れてみました。

自宅から枚方街道(国道170号線)を南下、産業道路(国道171号線)との交差点に来ました。
ここ八丁畷の交差点はは重要幹線の交差点で、平日昼間は渋滞の名所でもあります。
その交差点に架かる歩道橋の上から北の阪急電車の方に向かって撮っています。
このアングルの写角に入るところは昭和になってから開発された新市街になります。
我が家は前方の阪急6300系特急が走っている高架線の手前を右に入ったところです。

(1) 我が町#1

この交差点の南西方向が高槻市の旧市街になります。
旧城下町らしい東西南北方眼道路にクランクの入った道が通っています。

(2) 我が町#2

その道路を旧市街の方に入ってゆきますと、昔ながらの街並みが比較的よく残っています。
元々の旧市街は東西南北とも500mくらいの小さな範囲です。
このあたりの景色は私の中学生の頃とあまり変わっていません。

(3) 我が町#3

路地の奥にはこのような飯屋が今でも商売をしていました。

(4) 我が町#4

昔は人口数千人の旧城下町ですが、よくある国鉄が町の遙か外れに通り、そこに向かって市街が延び、
やがて阪急(新京阪)が開通して国鉄高槻駅と阪急高槻市駅を中心としたあたりに繁華街が移り、
戦後3万~5万人の町になりました。経済成長に伴い国鉄沿線にサンスターや明治製菓、
松下電工や湯浅電池などの誘致が進むとともに人口が急増し、昭和30年代後半で10万人、
そして昭和50年代前半には35万人の規模に急拡大しまして、新市街が一気に拡大しました。
以来人口が横ばい状態で推移しています。
昔撮った写真を出しますと田圃だらけなのに、最近の写真は住宅密集地というのが
よく分かっていただけると思います。典型的な大都市近郊ベッドタウンへの推移ですね。


FUJIFILM GA645 Professional / SUPER-EBC FUJINON 60mm F4 / AGFA APX100 ND-76 1:1 23℃ 7.5分


テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

朝#1


今月頭あたりでは通勤で朝家を出るときには真っ暗でしたが、
徐々に明るくなってきており、最近では太陽が顔を出すのが見えるくらいになりました。

阪急からモノレールに乗り換える南茨木駅では、その頃はやっと周りがほの明るくなる程度でした。
ところがここ数日ではすっかり明るくなり、朝日がきれいに差し込んできます。
朝の電車待ちで毎日同じ時刻にホームに立っていると、春近しを感じます。


KODAK EasyShere V570


テーマ:朝の写真 - ジャンル:写真

6300系終焉
以前にも何度かご紹介しました阪急電車京都線の特急専用車6300系がいよいよ終焉を迎えます。
阪急の広報によりますと、2/21~28の間引退記念運転を実施するとのことでした。
既に本線運用については1編成だけしか残っていなかったのですが、
実は正月明けからは予備車扱いとなっていて運用からはずれていました。
今回の引退記念(復活)運転で2/28をもって本線営業運転を終了するとか。
2/24~28の間は引退記念ヘッドマークをつけての運転となるようです。
この最後に残った1編成については当面車庫待機の予備車となる模様で、
何かのイベントの折には臨時列車などで出てくるかもしれません。

いよいよこの名車の35年間の活躍に終止符を打たれるということで自転車を漕いで撮りに行ってきました。
撮影場所は阪急京都線高槻市-上牧間です。

河原町7:30発の梅田行き6300系通勤特急がやってきました。2ドア車のサイドラインが美しいですね。
(1) 6300系終焉#1

この編成は梅田着8:17、折り返して8:24発の河原町行き通勤特急として戻ってきます。
先の下りは檜尾川鉄橋のところで撮りましたが、こちらは上牧寄りの新幹線との合流点付近で撮りました。
(2) 6300系終焉#2

6300系特急車は3ドアの9300系クロスシート車に置き換えられることになっていますが、
増備中の9300系車両は先日第11編成が投入され、特急全車置き換えの準備が整いました。
現在は置き換えの移行期間ですので、9300系は特急のみならず快速急行や準急などでも使われています。

これがその最新第11編成です。この日は準急に使われていました。
9300系では行き先・列車種別表示がLED表示になったため高速シャッターではまともに写りません・涙
(3) 6300系終焉#3

1/60以下の低速シャッターですとちゃんと写るのですが、その速度では肝心の電車がぶれてしまいます。
今後LED化が進むと鉄ちゃんは撮影で悩むことになるでしょうなぁ・・・・


阪急では3月14日にダイヤ改定が行われ、スピードアップと列車種別の変更・整理が行われます。
そこで気になっているのが、朝のラッシュ時に3往復だけ2両増結の10両編成で運転されている
快速急行の扱いなんです。現在は河原町を出た電車に桂駅で2両増結して梅田まで走り、
梅田から折り返して桂駅まで来たところでこの2両を開放するという運用になっています。

ご存じのように長期不況と通勤通学乗客の減少が続いており、関西圏では毎年2%程度減っているようです。
阪急は元々ラッシュ時でも殺人的混雑にならないサービスレベルでしたが、最近は余裕が出ており、
増結・開放の要員と手間もバカにならず、10連運転は廃止の方向でないかと感じていました。
以前に比べると現在でも10連の運転本数は減っており、実際に乗っても吊革には十分掴まれます。

加えて昨年から駅で配られるポケット時刻表から10連の表記が消えました。
実際に普段乗っている人だけがどの電車が10連かを知っているという状態が1年ほど続いています。
これは10連運転廃止の準備ではないかと感じていた次第です。
ひょっとしたらこの3月のダイヤ改定で全滅、あるいは順次削減で消滅の方向か、
という感じを受けていましたので、ついでに10連快速急行の写真も撮っておきました。

河原町7:22発の快速急行がやってきました。
堂々の10両編成です。前2両が桂で増結された電車です。8個のパンタが壮観ですね。
(4) 6300系終焉#4

その快速急行が梅田で折り返し、8:17発の河原町行きで戻ってきました。
(5) 6300系終焉#5

通り過ぎた電車の後部には先ほど先頭で梅田に向かっていた増結車がついています。
(6) 6300系終焉#6
左にカーブしたところで高架に登り、新幹線と並走します。
向こうに見える高架線路を新幹線が走っていたらよかったんですけどね・笑

その次、8:33梅田発の河原町行き快速急行が続いて戻ってきます。
(7) 6300系終焉#7

先の電車は7300系でしたが、この電車は基本の8両が8300系です。
増結用の2両は7300系のみですが、7300系、8300系のどちらにも増結できるようになっています。
(8) 6300系終焉#8
ですので、通り過ぎた電車を後ろから見ると、前と後で形式が違い、顔つきも違っています。

もう1本10連の快速急行が走りますが、2種類の組み合わせが見られたので3本目はカットしました。
2/24からの「さよなら」ヘッドマーク付6300系が走り出しますと、多くの鉄ちゃんが群がって
自由に撮影するのが困難になるんじゃないかなと思いますので、早めに撮っておきました。
既に今月に入ってからは、駅のホームでは撮り鉄がたくさん来ていて結構な賑わいになっています。
先日来鉄ちゃんのマナー違反で列車を止めたり、警察が出動したりと実に嘆かわしい事態が起きています。
そんな騒ぎに巻き込まれたらこちらが災難、人が群がるところには行かないようにしています。

この記事を見て、「じゃぁ、せっかくだから見に行ってみようか」と思い立たれた方、
最後の勇姿、ラストランを是非見送って、そして乗ってやって欲しいと思っています。
くれぐれも、乗務員や駅員にストレスをかけないよう行儀よく見てやってくださいね。


SONY α700 / SIGMA APO AF ZOOM 70-200mm F2.8 EX DG



2010.5 追記

廃止が懸念された朝ラッシュ時の10連運転ですが、3月のダイヤ改定以降の4月5月も残っています。
朝の河原町発梅田行きの快速急行3本は河原町を8連で出発し、桂で梅田寄りに2両を増結して10連になります。
そして梅田からはそのまま河原町行きの快速急行として走って来まして、桂で2両を切り離し、
8連になって河原町に向かいます。その後は通常の8連運用で走ることになります。
厳密には桂―梅田間で10連運転をしていることになりますが、兎にも角にも生き残ってくれました。

10連運転を開始した当初には、10連の形で桂から河原町に回送し、河原町発車時から10連というのも
あったのですが、いつの間にか桂で増結の2連を営業運転中に連結開放するようになっています。

京都本線の8連は9300/8300/7300系の場合8両固定編成を基本的に組んでいます。
ただ、8300/7300系では一部梅田寄りから2+6両に分割運転ができるようになっているものがあり、
多客時の嵐山線の区間運転や本線と嵐山線直通臨時電車の運転で6両編成として走れるようになっています。
朝の快速急行で10連になるものにはこの2+6連の編成が基本的に使われているようです。
ですから、10連運転のときには2+2+6連の編成になります。
これは、運転席分の広さがデッドスペースとなるため、ラッシュ時に8連の混雑緩和と
10連の混雑度とのバランスを考慮したものと思われます。

なお、阪急では編成の中間に来た運転台は連結面を開放し、隣の車両にスルーできます。
ですので、2連増結したからといって隣の車両に移れない窮屈さはありません。
増結した車両と基本編成の間が通れない運用が他社では多いのですが、阪急は必ず通れるようにしています。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

阪急北千里駅
阪急千里線は彼の千里ニュータウンの東側に深く分け入っている路線ですが、北千里駅はその終点です。
元々は千里山線といい、千里山駅が終点で周りは団地ではなく新興分譲住宅と旧来の山里が入り交じっていました。
千里ニュータウンの開発が進み、北部の山間部が住宅開発され、私が高校生の頃に新千里山まで延長、
大学に入る頃にこの北千里まで線路が延びました。その時に新千里山が南千里となり、路線も千里線と改称しました。
1970年の大阪万博の時には南千里と北千里の間に開催期間中だけ万博西口駅が臨時開設され、
その後万博西口駅の中央環状線(道路)を挟んだ南側に山田駅が開設され、その駅周辺は
当初は荒れ地や崖のある閑散とした駅前でしたが、最近では駅前にマンション群が林立しています。

そんな開発経緯のある終点が北千里駅です。

(1) 阪急北千里駅#1

この線路は元々箕面まで延長する予定線の中間駅という位置づけでしたので、
上下線2本をホームが両側から挟むというごく一般的な駅の造りで、待避線もありません。
千里山駅以北の新線部分は道路とは全て立体交差、踏切なしの高架線(ただし土盛り)となっています。
箕面に向かって延びる線路用地は当時から確保されていて、
その路盤が緩く左カーブしながら北に延びているのがホームからもよく見えました。
いつも「いつになったら線路が引かれるのかなぁ」と思って見ていたのですが、
昭和から平成に掛かる頃にその路線延長の話は立ち消えになり、
線路用地は分譲されて今では高級住宅が建ち並んでいます。

ホームから大阪(梅田)方面を眺めると、折り返しのための渡り線が設けられています。

(2) 阪急北千里駅#2

ホームからニュータウンの方を眺めますと、線路が高架を走っているのが分かります。
自然の山を切り開いて町を作りましたので起伏に富み、多くの緑が残っています。

(3) 阪急北千里駅#3

(4) 阪急北千里駅#4

駅前広場のところではいろんなイベントが開かれ、人の往来も多く、賑わっています。
ここがここより北部西部東部への四通するバス交通の起点になっているからというのもあるのでしょう。
更に、ここが開発されてから40年以上経ち、一帯が町の体をなしてきたというのもあるんでしょうね。

(5) 阪急北千里駅#5

ここをうろついていると、昔私の部下だった女の子が結婚して住み着き、
たまたまベビーカーを押して通りかかったのに出会うこともあります。
「よぉ、久しぶり。元気そうやねぇ」なんて立ち話になることも・笑


PENTAX PC35AF-M (オートロン2) DATE / PENTAX LENS 35mm F2.8 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:駅の写真 - ジャンル:写真

昆陽池公園
天神川沿いに散策しながら昆陽池公園に着きました。
昆陽池(こやいけ)は8世紀の頃に行基の指導で農業用水の溜池として作られたという古い人工池です。
ここは近畿でも有数の野鳥が来る水辺として有名で、野鳥ファンが引きも切らずやってきます。
近年拡張され、昆陽池と隣接貯水池の2つの池を中心に昆虫館などを整備した広大な公園になっています。

こちらの貯水池の畔では今の季節ならゆりかもめが乱舞し、水面を鴨がのんびり泳いでいます。

(1) 昆陽池公園#1

(2) 昆陽池公園#2

(3) 昆陽池公園#3

公園は市民の憩いの場となっており、季節を問わず人が訪れてそれぞれが楽しんでいます。
伊丹市は若い新世代の市民も多く、商業地の開発が今でも盛んです。
公園に来る人も若い人が目立ち、子供の姿も多く見かけます。

(4) 昆陽池公園#4

(5) 昆陽池公園#5

(6) 昆陽池公園#6

昆陽池本体は自然の池畔が残されていて、多くの白鳥が自然放養されています。
そして中央部に人工島が作られ、それが日本列島の形をしています。
大阪空港(伊丹空港)を利用したことのある人なら、離陸した飛行機が大きく左旋回しながら南に向かうとき、
旋回中の左窓下に大きな池と日本列島形の島を見たことがあるでしょう。
残念ながら地上からでは日本列島が分かりませんので、今回写真は撮っておりません。

ということで、ここでゆっくりした後今回の伊丹探訪を終了しました。


MINOLTA X-70 / MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 / KODAK GOLD 400


[昆陽池公園]の続きを読む

テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

川沿の散策路
緑ヶ丘公園を抜け、暫く歩きますと陸上自衛隊の伊丹駐屯所があります。

(1) 川沿の散策路#1

その昔、私が幼い頃に伯父がここの幹部でして、運動会があるときに家族を呼んでくれました。
貴賓席から豪快なその運動会風景を拝見し、何やら腰が落ち着かなかった記憶があります。
官舎に戻るときには乗った車をズラッと並んだ隊員が敬礼の行列で見送ってくれ、ビックリしました。

そんなことを思い出しながら進路を西に取り天神川に向かいます。
天神川は、宝塚から尼崎と西宮の境を流れる武庫川に注ぐ支流河川です。
その堤は遊歩道として整備されています。その堤を南下して戻ってゆきます。

(2) 川沿の散策路#2

昔はこの川の周りは田圃だらけでしたが、最近は相当住宅開発が進んでいるようです。

(3) 川沿の散策路#3

暫く歩くと行く手に森の茂みが見えてきました。昆陽池(こやいけ)公園です。

(4) 川沿の散策路#4

昆陽池に立ち寄って、今日は帰ることにします。


MINOLTA X-70 / MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 / KODAK GOLD 400


テーマ:川のある風景 - ジャンル:写真

鴻臚館
下池に隣接してある鴻臚館(こうろかん)は伊丹市の公館で、言ってみれば迎賓館とでも言えるものでしょうか。
地方都市でこういうものを持っているところをあまり知りませんが、数寄屋造りの和風建築です。
市内の大工、左官、建具師ら“現代の名工”を掻き集めて新築したかなり贅沢な造りの施設です。
1984年(昭和59年)の竣工と聞けば、イケイケ時代ですので、なるほどと納得か・・・

鴻臚館#0
全景画像を撮るのを忘れましたのでwikipediaから借用しました。

(1) 鴻臚館#1

入口の門扉からこのような凝った造りでありました。

(2) 鴻臚館#2

ここは建物の裏玄関口ですが、お忍びで入る料亭の風情でありました。

(3) 鴻臚館#3

建物回りの庭園やちょっとした造作物にもかなり手の込んだものがあり、
それら一つ一つを並べ上げるときりがありません。

(4) 鴻臚館#4

(5) 鴻臚館#5

(6) 鴻臚館#6

この日も一般公開日でありましたが、来客があるようで、
セレブな雰囲気のお方とメイド服のおなごしさんが客を待っている風でありました。


MINOLTA X-70 / MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 / KODAK GOLD 400


テーマ:散歩で撮った風景 - ジャンル:写真

緑ヶ丘公園
国道171号を渡り、更に北に進みますと緑ヶ丘公園に着きます。
ここには緑ヶ丘神社なるものがありますが、
こういう今どきの名前で分かるように、この公園は昭和38年に整備された新しい公園です。

(1) 緑ヶ丘公園#1

この公園は上池と下池という二つの池を中心に作られていまして、下池の方が大きな池となっています。

(2) 緑ヶ丘公園#2

下池には中国・佛山市からの贈り物「亭(ちん)賞月亭」という赤い屋根の建物があります。
佛山市は何故か伊丹市の友好都市で、友好都市締結5周年を記念して1990年に寄贈された物で、
佛山市の中山公園にある「迎春亭」をモデルにしているそうです。

(3) 緑ヶ丘公園#3

そのせいかどうか、この下池には何やら中国風の気配を感じてしまいます。
そして、上池に移りますと、こちらは池の周りに梅の木が数百本植えられており、
池の土手も自然の土手風、水面には一面に藻が繁茂し、和風の景色になっています。

(4) 緑ヶ丘公園#4

新しいだけにまだ全体にきめは粗い感じですが、ちょっとのんびりするにはいいところです。
ただ、回りに民家が結構建て込んでいますので、わざわざ出かけてまでという感じはします。


MINOLTA X-70 / MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 / KODAK GOLD 400


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

山裾の散策道
猪名野神社には立派な土俵があり、回りは子供遊園になっていました。
この土俵では子供相撲大会なんかが開かれるんでしょうかね、この日はひっそりしていましたが。

(1) 山裾の散策道#1

猪名野神社を後に北に向かいますと、西に六甲山系、北に能勢山系が迫る山裾風景になってきます。
市街から一段高いところの山裾に沿うように散策道が整備されていますので、
その散策道をくねくねと辿ることにします。

(2) 山裾の散策道#2

読者の皆さんは意外に思われるかもしれませんが、伊丹は西と北に向かって結構な傾斜地なんです。
散策道の右手は傾斜の下が市街地になっており、道はちょうど平地の二階建て家屋の屋根くらいの高さです。
そして左側はずっと勾配のきつい山肌だったのですが、3~40年前から住宅開発が進み、
市街地の延長線上の町の様相になってきています。

(3) 山裾の散策道#3

以前は傾斜地に住宅はなかったのですが、近年ではすぐ際まで住宅が建ってきて、
散策道の目の高さにこのような景色が飛び込んでくるようになりました。

(4) 山裾の散策道#4

国道171号に近くなるあたりは大阪空港(伊丹空港)の離陸コースになっており、
頭の上を離陸した飛行機が通過してゆきます。山に向かって北北西向きに離陸した飛行機は
この後高度を上げながら大きく左に旋回し、南に飛んでゆきます。

(5) 山裾の散策道#5

伊丹の酒造が発達したのは、この北部と西部の山系からの豊かな水が地下水となって供給され、
いわゆる宮水と呼ばれる酒に適した豊富な水資源があったからなのです。


MINOLTA X-70 / MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 / KODAK GOLD 400


[山裾の散策道]の続きを読む

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

ミノルタ
伊丹を歩いていて忘れてはならない建物を見つけました。
街並みを北に向かい、段々と高台の方に歩いてゆくと国道171号沿いに出てきます。


ミノルタ#1



現在はコニカミノルタホールディングス傘下のコニカミノルタエンジニアリングという会社の伊丹サイトですが、
かつてはミノルタカメラの技術開発拠点であった伊丹研究所です。
せっかくミノルタのカメラとレンズを使っているので、記念に撮りました。


MINOLTA X-70 / MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 / KODAK GOLD 400


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.