一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201001 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 201003
我が町
最近は家と会社の往復だけが行動範囲、たまに買い物で地元を歩くくらいの生活が続いています。
歩いていて、自分の地元の写真をあまり撮っていないのに気付きまして、
ちょっと旧市街の方に足を踏み入れてみました。

自宅から枚方街道(国道170号線)を南下、産業道路(国道171号線)との交差点に来ました。
ここ八丁畷の交差点はは重要幹線の交差点で、平日昼間は渋滞の名所でもあります。
その交差点に架かる歩道橋の上から北の阪急電車の方に向かって撮っています。
このアングルの写角に入るところは昭和になってから開発された新市街になります。
我が家は前方の阪急6300系特急が走っている高架線の手前を右に入ったところです。

(1) 我が町#1

この交差点の南西方向が高槻市の旧市街になります。
旧城下町らしい東西南北方眼道路にクランクの入った道が通っています。

(2) 我が町#2

その道路を旧市街の方に入ってゆきますと、昔ながらの街並みが比較的よく残っています。
元々の旧市街は東西南北とも500mくらいの小さな範囲です。
このあたりの景色は私の中学生の頃とあまり変わっていません。

(3) 我が町#3

路地の奥にはこのような飯屋が今でも商売をしていました。

(4) 我が町#4

昔は人口数千人の旧城下町ですが、よくある国鉄が町の遙か外れに通り、そこに向かって市街が延び、
やがて阪急(新京阪)が開通して国鉄高槻駅と阪急高槻市駅を中心としたあたりに繁華街が移り、
戦後3万~5万人の町になりました。経済成長に伴い国鉄沿線にサンスターや明治製菓、
松下電工や湯浅電池などの誘致が進むとともに人口が急増し、昭和30年代後半で10万人、
そして昭和50年代前半には35万人の規模に急拡大しまして、新市街が一気に拡大しました。
以来人口が横ばい状態で推移しています。
昔撮った写真を出しますと田圃だらけなのに、最近の写真は住宅密集地というのが
よく分かっていただけると思います。典型的な大都市近郊ベッドタウンへの推移ですね。


FUJIFILM GA645 Professional / SUPER-EBC FUJINON 60mm F4 / AGFA APX100 ND-76 1:1 23℃ 7.5分


テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.