一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201002 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201004
宇野辺駅
今度はモノレールでいつも往復している方、南茨木駅から一つ目の宇野辺(うのべ)駅で降りてみます。
ここも毎日通っているとは言え滅多に降りない駅で、かつて2~3度しか下車した記憶はありません。

駅の造りは先の沢良宜駅とほぼ同じですね。
このあたりは幹線道路と新興住宅地ということで、余り人通りはなく、乗降客も少ないです。

宇野辺駅#1

駅前に1本だけある桜の木ですが、まだ二分咲き程度で、見頃にはなっていませんでした。

宇野辺駅#2

閑散としたところなので、モノレールの出る電車、来る電車が邪魔ものなしでよく見えます。

宇野辺駅#3

宇野辺駅#4

この駅は開業当時は『茨木』駅といいましたが、JRの茨木駅とは1km以上離れていて、
しかもJRと同じ駅名称だったためすぐに乗り換えられると勘違いする客が多く、
モノレールにもJRにも苦情が寄せられ、この地の旧字名である『宇野辺』に改称されました。


FUJIFILM Finepix S5 Pro / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 GII ED


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

元茨木川遊歩道
昨日は割り込みネタが入りましたが、今日は沢良宜の元茨木川に戻ります。  (^^ゞ

では、せっかくですから元茨木川遊歩道ちょっと歩いてみます。
もう桜は咲いていますね。八分程度まで咲いているのもあれば、まだ蕾というものまでバラバラです。

元茨木川遊歩道#1

この遊歩道は名称からも分かるとおり、
元々は田園の中を流れていた茨木川を住宅開発に伴って埋め立て、
名を残して遊歩道に整備したものです。
自然河川のまま埋め立てられましたので、川幅のあったところは公園になっています。

元茨木川遊歩道#2

遊歩道には公園の他にもベンチや休憩所、トイレなどが作られており、
市民の散策道として親しまれているそうです。
公園にはつきものの鳩もウロウロしておりました。

元茨木川遊歩道#3

この遊歩道には梅園ゾーン、桜苑ゾーンなども作られていて、
花見のシーズンには大勢の人出があり、野点や露店のイベントも行われるとのことです。
このソメイヨシノはほぼ満開となっていましたが、今週末には相当大勢さんが見に来られるのでしょう。

元茨木川遊歩道#4

ここが元河川であったことは、所々にあるこのような石碑で確認できます。

元茨木川遊歩道#5

元茨木川遊歩道は3kmほどにわたって整備されていて、最近では休日ランナーも結構走っています。
阪急茨木市駅西方からモノレール沢良宜駅横を通り、モノレールに沿って摂津駅近くまで通して歩けます。
私は通勤で阪急電車を使っていますが、茨木市駅を発車してすぐに遊歩道を越えまして、
毎日眺めております。これから暫くは満開の桜並木を車窓から堪能できそうです。


FUJIFILM Finepix S5 Pro / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 GII ED


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

群衆
今朝いつもどおり出勤のためモノレールで7時20分過ぎに千里中央に着きまして、
いつもどおり朝マックしようといつものマクドナルドに行きますと、なぜか長蛇の列  (@_@。
「いったい、なんじゃ?!」と店に入るのを諦めて何気なく千里セルシー広場の方に目をやりますと
何と、いつもは閑散としている朝の広場が黒山の人だかりではありませんか!

群衆#1

幅20m以上はあろうかという広場から2階テラスに上がる階段にも人がびっしり詰まっていて、
通ろうにも通れません。朝7時半にまだなってない寝ぼけ眼の時間帯ですよ、これが。

群衆#2

どうやらイベントがあるようですが、有名なアイドルでも来るんでしょうかね。
私はそんなのに構っていられないので、マクドナルドを諦めてドトールに流れました。
ドトールは建物の中に店があり、初めて来た人は見つけられないのか空いていました。
そこでゆっくり新聞を読みながらモーニングコーヒーを飲み、出勤しました。


一体何があるのかねぇとネットで調べましたら・・・・

■ 桜の栞 全国握手会イベント powered by ネ申テレビ
   桜の栞はAKB48の45作目のシングル 2010.2.17 発売

○ 3月29日(月) 大阪:千里セルシー広場 ○
<整理券配布開始>  9:00
<イベントスタート>  11:30
<握手会終了予定>  16:30
<参加メンバー>  坂野友美、大島優子、河西智美、北原里英、小嶋陽菜、藤田麻里子、
             高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ、宮崎美穂、宮澤佐江、渡辺麻友


となっておりました。


なるほどね、握手会ですか・・・・そういえば、、、、
1階の広場から溢れて2階テラスのモノレール連絡通路まで長蛇の列、最後尾の看板がありましたなぁ。
そういえば、、、、2階サイドテラスの最前列にビーチマットを敷いて場所取りしてるのがいましたなぁ。
あそこはステージを見るんやったら特等席やもんなぁ。

でも、すいませんがAKB48というのはかろうじて知っていましたが、メンバーのお名前は全く存じません。
こうやってずらずらと名前を並べられても、一体どれが誰でどんなお顔なのかさっぱり分かりません。

ということで、朝から一仕事を片付けてお昼過ぎに昼食で外出しますと、
広場から何やらリズミカルな音楽と歌声、そして「ウォ~~~」という雄叫びが聞こえてきます。
あの歓声は握手会の前説やら歌のご披露をやってるんでしょうねぇ。
飯食うとこ空いてるかしら、と少々心配がつのりますが、予感は的中、
あちこちの定番食事処や喫茶店は軒並み満員でありました。 やっぱりなぁ・・・・
いつもの小汚いカウンター式のカレー屋に行きましたら空席ありでやっと昼食にありつけました。
握手もいいけど、時間の限られてる働く小父さんのご飯時間を脅かさないでね、とお願いしたいです。

そのカレー屋で切り盛りしている小母ちゃんと
「えらい人やねぇ」
「そやねん、いつものお客さんがなかなか店にたどり着けん、言うてはりましたわ」
   広場とテラスが人で埋まっていて通り抜けできないんです。
「朝、ボクが来たときに、もう大分並んではったよ」
「朝来たら遅いんやてぇ、ようさん徹夜しはったみたいよ」
「えっ、ただの握手会やろ?」
「そやで、握手するだけ。 若い子は元気やねぇ」
てな会話を交わしたのであります。

メシも食ったし、どんな騒ぎになってるかなぁ、
と、2階のテラスに行ってみましたが、人の後頭部しか見えません。
シャーナイので、3階に登ってみました。  ←アタシも結構ミーハーかも・・・
そこでテラスの手摺りにしがみついてる人をかき分け、のぞき見ますと、、、、

群衆#3

あかん、さっぱり分からんわ、と更に4階に登ります。  ←こうなると意地ですね・笑

群衆#4
この画面、向こう側中程までは1階広場、こっち側は2階テラスで落差が4~5mあるんですけど、
分かりますかねぇ、、、、、、シームレスにつながってるように見えますな。

ステージを見ると、肝心のAKB48のナンチャラちゃんはおらんやないか!
その時にラウドスピーカーから放送がありまして、
「整理番号3501番から・・・・番の人はステージ向かって左手に・・・・・」
え、え、え、、、サンゼンゴヒャクぅ!
「手は洗って、、、、指輪は外して、・・・・・」みたいなことも言ってました。
ハァハァ、そら、大変なことで・汗

アタシはそろそろお仕事に戻らんといかんから会社に戻りますよ。
結局AKB48の片割れでも垣間見ることはできませんでした。

それにしても、無気力とか、努力が嫌いとか、出不精とか、いろいろ言われている若者ですが、
徹夜で並んで整理券貰い、更に何時間も並んで待って握手してもらう、
ただそれだけのためにめちゃくちゃバイタリティある行動力を示してくれていました。


KODAK EasyShere V570


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

沢良宜駅
いつも通勤で使っている大阪モノレールですが、普段は南茨木駅から大阪空港方面に乗り、
千里中央駅まで通っていて、帰りは逆コース、モノレール開通以来ずっとこのパターンです。

今日はちょっと気分を変えて反対側の門真市方面行きに乗って次の沢良宜駅に行ってみましょう。

沢良宜#1

これが沢良宜(さわらぎ)駅です。恥ずかしながら下車したのは初めてです。
モノレールの駅はどの駅もほぼ同じような外観デザインをしています。

沢良宜#2

駅の改札口を出ると目の前の景色はこんな感じです。
モノレールは大阪の中央環状線・近畿自動車道とほぼ並行して走りますので、
駅前は幹線道路沿い、このような中古車センターやショッピングセンターをよく見かけます。

沢良宜#3

ここは「ハナテン中古車センター」の店舗です。
関西の人間なら、 ♪ハナテン中古車センタ~~~♪ という深夜のTV―CMを思いだし、
ついつい『ムフフゥゥゥ・・・』とヨダレを垂らすパブロフの犬状態に躾けられているところです。

沢良宜#4

沢良宜#5

3枚目の写真、ハナテン中古車センターの奥にベルトのように延びている緑地帯、
あれは元茨木川遊歩道と公園です。ここは桜並木でも有名です。
後であの遊歩道をのぞきに行ってみましょう。


FUJIFILM Finepix S5 Pro / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 GII ED


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

にゃんこ
今日は気温が上がらず寒い日でしたが、好天に誘われてちょっと散歩を・・・・
公園の休憩所で一服していますとノラ猫が一匹やって来ました。

じっと見てるおっちゃんを少々警戒してるようではありますが

にゃんこ#1

まぁええやろ、といった感じでくつろいで、日向ぼっこでしょうかね
少し寒いくらいですから日だまりが心地いいんでしょうな

にゃんこ#2

おもむろに毛繕いを始めましたなぁ

にゃんこ#3

おっと、夢中になってそんな格好までして・・・・
よほど気持ちがいいんでしょうかねぇ

にゃんこ#4

一段落して、あ~あ気持よかったぁ、という満足感いっぱいの顔つきです

にゃんこ#5

この後ふっと一息、どっかにのそのそと去ってゆきました。


FUJIFILM Finepix S5 Pro / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 GII ED


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

ちょっと不気味
ちょっと不気味#1


FUJIFILM Finepix F710 / IR76


[ちょっと不気味]の続きを読む

テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

早朝の広島駅
1968年3月28日の日暮れまで広島駅で駅撮りをしてから一旦駅を出て、忘れていた夕食を摂りました。
前夜は夜行で大阪から岡山に移動し、未明から走り回ってほとんど寝ていませんので、
どっかで宿を取って寝るか、とも考えましたが、翌朝の呉線始発に乗ることを考えると、
ろくに寝てられないねと同行のO君と話した結果、結局今夜も駅寝することにしました。
幸い24時間不夜城の広島駅ですので、暖かい待合室で仮眠して過ごすことになりました。

結構人の出入りがあってざわついた待合室でしたが、さすがに疲れがたまっていたのでそこそこ眠れました。
何度か目を覚ます浅い眠りではありましたが、夜明け前の早朝4時には活動を再開、
5:10呉線糸崎行きの始発に乗り込むべくホームに入りました。

改札口を入り、改札口すぐの1番線ホームで早朝の冷気に身震いした頃、
ちょうど下りの貨物列車が2番線を通過してゆきました。D51牽引の貨物列車です。
これは逃がすわけにいきませんねぇ、とこの日最初の1枚目のシャッターを押しました。

(1) 早朝の広島駅#1

1番線で待つこと暫し、4:28分発下り夜行電車特急「月光」がやってきました。
電車では初めての夜行寝台特急で、新大阪-博多間で走り始めたばかりのニューフェイスです。
デビュー前の展示で見たことはありますが、営業運転で走っているのを見たのはこのときが初めてです。

(2) 早朝の広島駅#2

(3) 早朝の広島駅#3

「月光」も見たし、寒いし、ということで我々は早めに7番線で待っている呉線始発列車に乗り込みました。
発車を待つ間、お尻から温められるし、寝不足だしでついウトウト、、、、
不覚にも寝入ってしまいましたので、気がついたときにはもう広島駅を発車していました。

この後呉線の途中下車でまた撮りまくったのでありますが、
この続きのお話はまた後日ご紹介させていただきます。


1968. 3. 29 広島駅
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / NEOPAN SS  Microfine 10分


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

C59162発車
18:05発呉線糸崎行きの普通列車が7番線で待機しています。
牽引する機関車は憧れのC59形です。これは先にご紹介しました入替で走り回っていたC59162です。
隣の5番線にいるのは17:57発の特急「いそかぜ」、
宮崎と佐世保を発車した2本を小倉で1本にまとめて併結し大阪に向かいます。
呉線の普通列車はこの特急の発車後に追いかけるように発車してゆきます。

(1) C59162発車#1

いよいよ呉線の普通列車の発車です。
もはや日暮れ時ですので、車影も煙もかなり濃くなってしまいました。

(2) C59162発車#2

(3) C59162発車#3

(4) C59162発車#4

もうかなり薄暗くなってしまいましたので、135mmでは開放でも列車を追いきれません。
レンズを55mmに換え、開放で列車を追いますがそれでも手ぶれを起こしてしまいます。

この日の最後の1本はネオパンSSですが手持ち撮影のスロー限界を超えてしまいますので、
開放・X(1/45秒)での撮影を基準に1~2段増感することにしてパンドールで現像しました。
ですので、広島駅での撮影は最後の方になると粒子が荒れ、コントラストもきつくなっています。

本日アップの(4)がこの日の撮影でのラストショットです。

この日は早朝未明から岡山駅で夜行列車を追いかけ、新見、布原に移動して午前の撮影をやり、
更に移動して広島駅での駅撮りをやって、と動き回りましたのでさすがに疲れましたね。
ここ広島駅での駅撮りは、3時間余りではありますが非常に充実した濃い時間でありました。
でも、この後は翌朝始発の呉線に乗り、呉線を走る蒸気機関車の撮影が待っています。
まだ先は長いのであります。


1968. 3. 28 広島駅
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 / NEOPAN SS  Pandol 8分


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

C5849発車
呉線のC59やC62という大型機関車に注目が集まりますが、
芸備線でもまだまだ蒸気機関車が活躍していまして、主にC58がその任務に就いていました。
C58は中型の客貨両用機関車で、その利便性と高性能で全国的にローカル線で活躍していました。

芸備線の上り17:22発三次行き普通列車が発車してゆきます。
薄暮迫る時間帯の通勤客を乗せ、ほぼC58の牽引定数いっぱいの客車を牽いていますので、
相当煙を噴かしての全力の発車です。

(1) C5849発車#1

(2) C5849発車#2

(3) C5849発車#3

画面ではわかりにくいですが、もはや135mmの手持ち限界近くまで日が傾いてきていますので、
このフィルムはパンドールで現像して若干感度を上げています。


1968. 3. 28 広島駅
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 135mm F3.5 / NEOPAN SS  Pandol 8分


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

特急・急行電車
昼行の電化区間を走る優等列車(特急、急行)はこの頃にはほぼ電車化されていました。
特急電車は勿論「こだま型」のあのボンネット電車です。

新大阪発広島行きの「第1しおじ」が広島駅1番線に入ってきました。
これはオリジナルこだま型の181系で、先頭車は展望室のパーラーカー、特別2等車です。
先の「はと」でご紹介しました交直流481系より背が低いのが分かるでしょうか。ボンネットのヒゲもありません。

(1) 特急急行電車#1

1番線に「第1しおじ」が入線しましたら、2番線には急行「山陽」が発車待ちをしていました。
山陽は広島発博多行きの急行電車で、関門海峡からの向こう側、交流電化区間を走れるよう
交流直流両方に対応した当時としてはスグレモノであります。

(2) 特急急行電車#2

(3) 特急急行電車#3

こちらは直流急行用電車153系(東海型)のオリジナルクハ153の0番台が先頭車です。
急行「とも」は岡山-広島間の都市間急行です。

(4) 特急急行電車#4

次は交直流急行「はやとも」です。
この「はやとも」は名古屋-博多間の長距離急行で、朝始発駅を出て夜に終着駅に着きます。

(5) 特急急行電車#5

広島駅はこのように交流、直流入り乱れて電車を楽しめたのであります。

さて、ここでおまけの1枚。
貨物列車も本線では電気機関車が牽いていました。
EF60形という新形式の強力機関車も既に走っておりましたが、
まだまだ古豪のデッキ付EF15も活躍しておりました。
旅客用のEF58とともに戦後復興に貢献した貨物用名機であります。

(6) 特急急行電車#6

いやぁ、広島駅って楽しいところですねぇ。  (*^^)v


1968. 3. 28-29 広島駅
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 135mm F3.5 / NEOPAN SS  Microfine 10分 / Pandol 8分


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.