一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201011 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201101
郊外の郊外
今週の月曜日に母親が退院してきましたが、この3ヶ月お世話になった病院への道筋を辿ってみました。
私の住む高槻市自体が郊外都市ですが、そこからバスで外れの方に行きますと大分閑散としてきます。
駅前はこれ以上建物など建ちっこないという雰囲気ですが、駅から4Kmほどバスに乗って離れますと、
まだ開発途上といった雰囲気の国道筋、住宅街の光景が広がります。

まずは阪急高槻市駅前のバス停で京阪枚方市駅行きの京阪バスに乗ります。
ここから国道までは、よくこんな細い商店街を走るなぁというくらいギリギリの一方通行路を進みます。

郊外の郊外#1

国道170号線、これは大阪外環状線とも枚方街道とも呼ばれる昔からの幹線国道ですが、
これをひたすら南に向かって走ること15分余り、大塚というバス停に着きます。
ここで下車する人は大抵一人(要するに私・笑)からせいぜい2~3人です。

郊外の郊外#2

下車したバスの進行方向を眺めたのがこの写真です。
国道は坂道を上がってゆきますが、先の方の一番高い所が淀川の堤防です。
淀川大橋を渡りますと枚方市となりますので、ここは高槻市の南外れ、端っこにあたります。

郊外の郊外#3

この辺りの国道筋にあるのは、工場、大型家電店、大型ホームセンター、ドライブインレストラン、
GS、コンビニ、大型家具店、自動車教習所、セレモニーホール、自動車販売店、紳士服量販店、・・・
などなど所謂国道筋の町外れにあるモロモロが比較的ゆったりと並んでいます。
ここを右折して対向2車線の別路線バスの走る横道に進みますと、すぐにバスの車庫があります。
時間帯によってはこの「車庫行き」や「車庫発」の路線バスも走ります。

郊外の郊外#4

この車庫の前を通り過ぎ、もう一つ会社の建物を過ぎると母がお世話になっていた病院に着きます。

郊外の郊外#5

さて、病院で用を済まし、帰り道は病院横の駐車場を通り抜け、裏側の道を通って戻りましょう。
病院裏に行きますと大きめの用水路があり、そこを橋で渡ります。
用水路の向こうの方に見える橋が私の乗るバスの走っている国道170号です。

郊外の郊外#6

用水路沿いの道路は先に来る時に通ったバス通りと道幅は変わりませんが、
センターラインもなく、住宅街の幹線道路といった風情です。
その道を国道方面に戻る途中、来る時に通ったバス車庫の裏を通ります。

郊外の郊外#7

こちらはまさに住宅街、所々に空き地も残り、ポツリポツリと喫茶店やタバコ屋などが散見できます。

郊外の郊外#8

バス通りの国道まで戻って振り返るとこんな風景です。
ゴチャゴチャとした町並みですが、びっしり詰まったという感じではありません。

郊外の郊外#9

元々この辺りは私が中高生時代には校内マラソン大会で走った所、
当時は見渡す限りの田圃ばかりで、所々に農家の小集落があり、
国道筋にも自動車部品屋、解体屋、食堂などがまばらにあるだけでした。
高槻市自体がこのところほぼ人口36万程度で推移する京都や大阪のベッドタウン、
所謂郊外都市ですので、更にその郊外になりますと少し時代を遡った昭和時代の開発途上
といった新興住宅都市の様相が見て取れます。
こんなのんびりした所へ3ヶ月ほど通っていたのであります。


KODAK EasyShare V570


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.