一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201101 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 201103
ふぐ雑炊
大阪の人間にとって「てっちり(ふぐちり、ふぐ鍋)」と言えばちょっと張り込んだ普段の鍋料理です。
「てっさ(ふぐ刺し)」になると、もちょっと張り込んだ感はありますが、それでも普通に食べます。
余所では高級料理、改まった席を設けてやるものという風な一目置かれるもののようですが、
こちらの感覚としては、「今日はすき焼きにするか!」「わ~い」といったレベルの感覚です。
スーパーで特売セットが出ていたので夕餉にてっちりをやった翌日、
残った出汁を使って余りご飯と卵を入れてふぐ雑炊をやるのも、これ定番。


そこで、我が家も昨日の昼はふぐ雑炊となりました。
残り出汁に冷や飯をざっと洗ってぬめりを取って入れ、
沸き立ったところで卵を溶き入れ、火を止め蓋をして蒸らします。
頃合いを見て刻みネギを振りかければ完成です。


ふぐ雑炊#1


ご飯茶碗にとりわけ、もみ海苔をぱらっと振って熱々をハフハフといただきます。
煮込んだあとのてっちりはええ出汁が出ていて、実に美味いのであります。
ちょいとアクセントに市販の明太子と子持ちキクラゲ和えを摘みますと豪華な昼飯になったのでありますよ。
休日の遅い朝飯がパンにコーヒーですので、お昼はこれくらいが適当ですね。


KODAK EasyShere V570


テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

さて同窓会
読者の皆さんはもう忘れてると思いますが、
私がこの日大阪城や梅田をうろついたのはこの同窓会に来る前の散歩でした・笑

会場は、と言うほど大げさなものではないのですが、
曾根崎のバス通り沿いにあるこの雑居ビルの8階、かに道楽の小さな座敷であります。

さて同窓会#1


私は集合時刻の5分前に入ったのですが、待ち合わせていたあと3人はもう来ていました。
「みんな早いな」と言いましたら「散歩してきたって、、、元気やのぉ」と返されました。
左からO君、I君、K君です。
学生時代は入学の1回生から卒業の4回生までずっと一緒でした。
お互いの家に行ったり、一緒に遊びに行ったりした仲の良かった仲間達です。
理学部の同じ専攻学科という他学部以上に特殊な環境でもありましたし、
入学時には128人いた仲間が卒業時には54人に篩い落とされたという
壮絶な競争を戦い抜いた生き残り戦士でありますので、仲間意識は強いです。
それにしても、私も含め、姿には卒業後40年という年輪を感じますなぁ。
昔なら夜の街に繰り出すところですが、お互いの健康を勘案し、昼の食事会になりました。

さて同窓会#2

実はこのメンバーで集まったのは昨年、40年ぶりでの顔合わせでしたが、
何となくあの若かりし当時の面影が残っており、すぐにお前・俺に戻りました。
既に全員が第一線の勤めを終え、それぞれのリスタートを切っているのですが、
余生と言うにはまだまだ早すぎる、そんなこんなのいろんな話題で盛り上がりました。
これからもこれ以外のメンバーにも声をかけて、年に2~3回やりましょうということにしています。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO


曾根崎
阪急東通りを少し進み、途中で抜けてバス通りを渡ると、道路向こう一帯が曾根崎です。
曾根崎と言われるこの辺りはちょっと大人、勤め人が気軽に遊べる歓楽街です。

曾根崎#1

この入場門?をくぐり、ちょいとくねりながら南に進む道を突き当たるとお初天神です。
この通りを中心に飲食店、パチンコ屋、ゲーセンから立ち食いうどんに質屋と
ありとあらゆる夜の街に必要なものが揃っています。

この入口に立って大阪駅方面を振り返りますと、阪急百貨店、大阪駅アクティ大阪がすぐそこ、
梅田の近代的なビル街から5分でこのディープなキタに辿り着いてしまいます。

曾根崎#2

ここにはかつてうめだ花月劇場があったのですが、今は小ホールを残すのみ、
演芸、お笑い、映画と言った鑑賞アミューズメント勢力はミナミに移っていきました。
この辺りは遊興飲食の街になっていってるようです。

曾根崎#3

曾根崎の通りに入ってすぐ左手に学校があります。・・・というか、ありました。
「大阪市立北小学校」なんてのがこの歓楽街のど真ん中にあったんです。
数年前に統廃合で廃校となりましたが、ここの旧称は曾根崎小学校、
その起源は1874年に創立された曾根崎村第一番小学校という伝統校です。

曾根崎#4

村が生活の場から職住一体の街になり、やがて夜の街に変貌し、住空間ではなくなると
学区から子供が減少してゆき、廃校となった2007年頃には複式学級となっていました。
これだけ人が溢れる街の常住人口が数えるくらいになっていたんですね。

さてさて、小学校跡を過ぎると左に細い路地が分岐します、
この路地もくねっていますが、それは、この辺りが昔は低湿地帯であった頃の名残で、
梅田地区が開発された頃の自然小河川沿いに踏み固められた道の名残なのであります。
ここだけでなく、梅田界隈をうろつきますと、かつての川、それも小川とおぼしき流れの
痕跡であるくねった道がそこここに見られるんですよ。

実はこの路地を少し進んだところの雑居ビルの2階に安くて美味い寿司屋があり、
昔はよく通いました。あそこは今でもやってるのかしらねぇ、、、20年以上ご無沙汰しています。

曾根崎#5

この曾根崎はキタでは最も古くから歓楽街として発展したところですので、
ここに遊びに来る常連は「(阪急)東通り(商店街)はガキが遊ぶところや」と言いますね。
天下の北新地も御堂筋を挟んで隣接していますが、あそこはお大尽やお役人が接待で遊ぶところ、
いわゆる旦那さんと呼ばれる一握りのお金持ちの遊興場でありました。
今では北新地も行きやすくなったと言われていますが、やっぱり縁は薄いです。

ここ曾根崎のパチンコ屋は昔ながらの大阪を感じさせる客引きをしています。
キタで1番大阪を感じられるのがこの曾根崎だと、私は感じとるんですがね。

曾根崎#6


私が働き出して、大阪に戻った頃に会社の先輩がいつも行くのが曾根崎でした。
私も行く時は自然と曾根崎に足が向きました。
ここを南に下り、お初天神に突きあたったところで左折、
東に歩いて新御堂筋を渡ると西天満という地区になります。
西天満は寺町と言うほどお寺が多く、しかもラブホや安いビジネスホテル、
移転以前の関西テレビもあった半ビジネス、半ヒミツめいた遊び場でありました。
ここのライブハウス「キャバン」や某ラウンジは私の行きつけの店でありました。
阪急東通りはいつも素通りして曾根崎に来ていましたので、東通りは殆ど知らんのです。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

阪急東通商店街
阪急東通商店街はNAVIO前から扇町の手前まで東西500mにもなろうかという商店街で、
そのアーケード道路に面して大半が飲食店、遊技場という店の並ぶキタの歓楽街です。
ここは安くて遊べる街でして、学生や若者が多く遊びに来ます。

阪急東通商店街#1

阪急東通商店街#2

この東通り商店街の南側に平行してバス通りがあり、大阪駅前から扇町へ一直線に結ぶ幹線道路です。
このバス通り沿いには雑居ビルが並んでおり、東通りの賑やかさとはひと味違うチョイ大人、
そんな客層を相手にする飲食店もあります。勿論事務所ビルや金券屋などの一般商店もあります。

阪急東通商店街#3

パチンコ屋はほとんど東通り商店街にありますが、こちらには昔ながらの麻雀屋、
ビリヤード、ラウンジなど少しばかりディープな遊び場が揃っています。

それらに混じって文具店やドラッグストア、コンビニ、コインランドリーなど
普通に仕事や生活するためのお店も並んでいます。
結構古くからやっているお店も多く、旧式ボールペンの替え芯なんてのが思わず見つかります。

阪急東通商店街#4

いわゆる飲み屋さんも、大衆居酒屋と言うよりはツウが通う店の雰囲気になります。
看板も小さく質素になり、中にはこんなのが看板代わりに出ていたりします。

阪急東通商店街#5

このビルはまともなようですが、雑居ビルの上階になると、そこそこ怖いお店もあるようです。

阪急東通商店街#6

阪急東通商店街はその南側のバス通りと合わせて、
幅広い客層を飲み込むキタ随一の繁華街と言えるでしょう。
生意気にお洒落にやりたいという人は西梅田に行けばいいし、
チョイ通ぶりたかったらバス通りを渡って南側の曾根崎や西天満に行けばいいし、
ちょっとお大尽の気分になりたいと思えば北新地に行けばよろしい。
梅田はかように幅広で、どんな客でも遊ばせてくれるところなのです。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

飛行機雲
 
飛行機雲#1



朝の出勤時、8時頃にいつもの勤務先の散歩コースを歩いていましたら、きれいな飛行機雲が残っていました。


KODAK EasyShere V570


テーマ:飛行機雲 - ジャンル:写真

阪急前交差点
 
阪急前交差点#1

その名のとおり阪急百貨店前にある交差点ですが、新装なった阪急百貨店の高層ビルが足下を睥睨しております。
実は阪神前交差点と阪急前交差点は一体で繋がっていまして、阪神前から東へ50歩ほどのところであります。
六方向からの幹線道路がこの一点に集まっていますので、それを捌く大きな交差点であります。
東西ほぼ100mの規模になるこの交差点を、西は阪神、東は阪急に義理だてした呼び名かな、と。

ここらあたりの地下一帯は、今ではどうか分かりませんが日本一の規模を誇る地下街「ウメチカ」になっています。
そのマンモス地下街吸排気口の煙突が交差点のど真ん中にデンと聳えています。

阪急前交差点#2

ここは、関西では多分一番有名なケイサツ、曾根崎警察署の前にもなりますので、
呼び名は曾根崎警察署前交差点でもいいような気がしますんですよ。
ちなみに、曽根崎警察署の地下一階入口前はデート待ち合わせスポットで、いつも大勢がボーっと立ってます。

阪急前交差点#3

そういえば、曽根崎警察署は、みのる太さんにも思い出深いところでしたね。
いえいえ、決してみのる太さんがナニをアレしてイヤイヤお世話になったわけではありませんのですが。 (^_^;

阪急前交差点#4

ここに立って周りを見渡しますと、阪急関連の企業施設ばかりが目に付きます。
昔から阪急村と言われたエリアですが、まずは阪急百貨店の道路を挟んだ隣、HEP NAVIOがあり、
昔の北野通りと都島通りに挟まれた三角地に建っている特徴的な尖りファッションビルです。

更に都島通りの筋向かいにも三角ビルがあり、これはOSビルです。
その昔、この辺りは映画館街でもありまして、シネマスコープ上映館のOS劇場がありました。

阪急前交差点#5

ここは東西に長い阪急東通商店街の入口、キタの気軽な飲食店街で多くの若者が出歩く通りになります。

阪急前交差点#6

HEP NAVIOの北隣はHEP FIVE、昔は梅田コマ劇場、北野劇場などがあったところですが、
HEP FIVEのJR高架横にはビル内から立ち上がる観覧車があるので有名です。

阪急前交差点#7

休日ともなりますと、この阪急村一帯からJR高架北側の茶屋町にかけては若者で溢れ、
常に雑踏をかき分けて歩くことになります。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

阪神前交差点
大阪駅から外へ出て、梅田の最も繁華な交差点にやってきました。
大阪駅北地区の再開発に触発され、この南地区も変貌を遂げています。
大阪駅前のここに立ち、大阪駅の方を振り返りますと、新装大阪駅がよく見えます。
駅のホームを大きくカバーする大屋根、
その向こうには既に外観完成に近づいた三越伊勢丹百貨店が入る駅北ビル、
更に向こうのヨドバシカメラもよく見えます。随分景色が変わってしまったなというのを実感します。

阪神前交差点#1

阪神前交差点#2


交差点の南西角には昔ながらの阪神百貨店が建っています。
「♪大阪梅田一番地♪」のCMソングでお馴染みの梅田のヌシであります。
梅田デパート戦争の波の中、店内改装を進めていますが、
昔ながらのこの風景を見ると梅田に来たなぁと感じます。
阪神百貨店はデパ地下日本一を誇る百貨店で、梅田に出たらまず阪神、
阪急沿線の住人ながら私のごひいきでもあります。

阪神前交差点3


こちらは大阪駅の駅ビルアクティ大阪です。
阪神百貨店を正面で迎え撃つ大丸百貨店、ホテルなどの複合ビルです。
北ビルに三越伊勢丹が開業すると南北から挟み撃ち、東から横腹を阪急百貨店に狙われる体制になります。

阪神前交差点#4

阪神前交差点#5


昔はこの場所からこの方角を眺めると背が高いのは阪神百貨店くらい、
大阪駅前には市電の停留所があるおおらかな雰囲気でしたが、
阪神南エリアの再開発、昨今の西梅田再開発によりビルが林立する地域になりました。
常に上を見上げながら歩く体制となり、首が疲れます。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO




参考に昔の大阪駅の姿を出しときますね。
昭和40年(1965年)に当時の阪急百貨店の屋上から西を向いて私が撮ったものです。
カメラは PENTAX SV、レンズは SUPER Takumar 55mm F1.8 です。

阪神前交差点#6



テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

大阪環状線
大阪環状線には首都圏の人から見れば相当な旧型車が今も現役で元気に走っています。
京橋駅-大阪城公園駅の間で大川を渡る鉄橋を眺めていますと、旧型車が行ったり来たり・・・・


大阪環状線#1

大阪環状線#2


首都圏では絶滅危惧種となっている103系電車もまだまだ走っています。
あちらでは新型車両が出てくると、まだ使えている車両でも一斉取り替え、
一気に総替えで切り替わりますので、旧型車が大量に捨てられることになります。
そんな勿体ないことしてぇ、、、、かどうかは分かりませんが、
余剰車をせっせと引き取って、更新整備して現役第一線にこちらでは投入しています。
乗降扉の戸袋窓を塞いだり、扉間窓を一体型の大窓にしたり、外観は若干変わりますが、
内装も含め快適に改装されて運転されます。

大阪城公園駅に入線してきた大阪環状線内回り電車は201系車両でした。
201系は首都圏の中央快速・特快の切り札として一斉投入された車両ですが、
まだ元気なうちに後継車に取り替えられることになった車種です。
勿論、アラ勿体なや、で、当然のごとくまとめて団体さんでやってきました。
最近ではこの201系車両が大阪環状線の主力車種となっています。
偶然中央快速と大阪環状線の外装塗色が一緒ですので、
首都圏の方々には懐かしい姿だと思います。


大阪環状線#3


この日は阪和線に転出させるためでしょうか、青色に塗られた103系も走っていました。
走行中にすれ違ったので写真は撮ってませんが、時々このような色違いに出会います。
大阪近郊ではこのようにまだ使える電車は徹底的に更新しながら使い回ししています。
乗客には『こっちは旧式ばっかりやもんなぁ』などと言われることもあるようですが。

さて、大阪駅に戻ってきますと、関西線に乗り入れる221系電車が停車していました。
この221系も東海道京阪神快速、新快速に使われていた車両ですが、
223系の導入で余剰となって関西線、阪和線に転出してきたものです。
既に223系も阪和快速、関空快速、大和路快速などに進出してきています。
その本線223系も今年から導入される225系に順次代わることになっており、
トコロテン方式でこちらに回ってくることになるでしょう。


大阪環状線#4


大阪駅の上を見上げますと、この5月に開業予定の大阪駅北口再開発ビルに入る三越伊勢丹百貨店、
既にある南側の大丸百貨店などが入るアクティ大阪、その間を結ぶ空中連絡通路、大屋根など、
仕上工事が急ピッチで進んでいます。既に再開発に合わせた大阪駅の線路移設と新ホームは完成しています。


大阪環状線#5


昔から新型電車は東海道京阪神の区間に投入し、突き出された車両を関西線、阪和線、片町線などに、
という流れがありましたが、最近は草津線や奈良線、湖西線、山陰線、福知山線もそこに加わり、
岡山、広島地区の電車ローテーションまで加わってきていますので、動きはなかなか面白いです。
かつて、片町線、阪和線、環状線は電車の博物館と言われるほど旧型車の終の棲家、宝庫でありましたが、
地下線乗り入れで一斉更新した片町線は別格として、現在でも若干その気配が残っているようです。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

昼はラーメン
今日は冷蔵庫の在庫確認をして買い出しに行く日でしたが、
その前に滞留品の整理をしましょう。

賞味期限が今日の半生麺があり、賞味期限を10日過ぎたベーコンパックがあり、
昨日までの卵があって、かにかまの残りがあって・・・・・
もうこうなったらラーメンを作るしかないでしょう。
ということで昼はラーメンということになりました。


昼はラーメン#1


フライパンに敢えてごま油を少し引いてベーコンをカリカリに焼き、
横で目玉焼きをチョイ硬めの半熟に作ります。
ラーメンつゆは市販のインスタント醤油味です。
麺を茹でてラーメンの台を造り、そこにカリカリベーコンと半熟目玉焼き、
かにかまを載せて刻みネギを振りかければ完成です。
ごま油の香ばしい香りが麺ツユに移って実に美味でありました。 (*^^)v



テーマ:ラーメン - ジャンル:写真

公園ぶらぶら
広い大阪城公園ですが、そのJR大阪城公園駅、京橋駅に近い端っこが結構好きです。
大阪城、大阪城公園に用のある人、大阪城ホールのイベントに来た人などはこの辺りを足早に通り過ぎます。
唯一アクアライナー(水上バス)に乗るつもりの人たちだけがこの辺りにとどまるのですが、
乗船場の周りの大川沿いは静かで、ベンチに座って川面を眺めるのは実に心地いいもんです。

伊丹へ向かう飛行機に乗った方は経験あるでしょうが、
伊丹に向かって高度を下げていると窓から大きく大阪城が見えてきます。
着陸する飛行機はここ大阪城公園の真上を低空で通ります。

公園ぶらぶら#1


川沿いの散策路、乗船場からJR大阪環状線にかけての辺りになぜか動物の形に作ったものがあります。
何時行ってもあるんですが、なにかのイベントの残骸でしょうかね。
わざわざここで診てもらうためと言うよりは、捨てるに忍びないから置いてる、そんな感じです。

公園ぶらぶら#2

公園ぶらぶら#3


先の象さんの足下にも野鳥がおりましたが、この辺りは人が少ないし、いても皆さんのんびりしてるので、
ハトやスズメといったお馴染みのものから渡り鳥など季節の野鳥まで、結構見ることができます。
この日はハトさんが団体で盛んに餌?を啄んでいるように見えましたが、
こやつらは人擦れしてるというか、忙しいのか、すぐそばにいても一向に逃げよりません。

公園ぶらぶら#4

公園ぶらぶら#5


そろそろ約束の時刻も迫ってきましたので、駅に向かいます。
この周辺には住宅も多く、公園に自転車で来る人も結構います。

公園ぶらぶら#6


最寄り駅のJR大阪城公園駅は比較的新しい駅ですので、造りは今どきの橋上駅です。
それでも『また来てやぁ』のご挨拶をちゃんとして、お客さんを送り出しています。

公園ぶらぶら#7


私がここまで来るのは電車を乗り換えたり結構手間なんですが、
それでも、また来てもいいなと思われる落ち着ける公園でした。


PENTAX K10D / SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.