一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201102 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201104
京とれいん
昨年8月から大阪モノレールで「阪急電鉄号 :Let's go 京都」という広告電車が走っています。
『日本を代表する観光地「京都」にぜひ阪急で出かけてもらいたい』というコンセプトで、
阪急電車の車体色「あずき色(阪急マルーン)」をまとった編成がモノレールに登場しまして、
最初に見かけた時には、その余りの鮮烈なイメージに「え、え、えっ!」とビックリしました。

4車体それぞれには、京都の四季の見所が描かれています。
「春」は桜満開の【清水寺】、「夏」は【祇園祭・函谷鉾(かんこぼこ)】、
「秋」は紅葉の名所【嵐山・渡月橋】、「冬」は嵯峨野を代表する寺院【常寂光寺】です。

京とれいん#1

京とれいん#2

京とれいん#3

京とれいん#4


とにかく、阪急電車に乗って京都に行こうというキャンペーンなのですが、
その切り札という電車が阪急電車本体から出てきました。

その名も「京とれいん」、京都への旅客誘致を目的に、元特急型車両の6300系から2両を外し、
「和・モダン」をコンセプトにした車内に改装した上で6両編成の特別車両にしたものです。
1~2号車、3~4号車、5~6号車で3種類のデザインを採用しています。
特に3~4号車は座席数を絞って半個室風のボックスシートとし、出入り口付近に格子状の飾りをつけ、
座席の背もたれの一部に畳を使用するなど、京都の町屋をイメージした内装となっています。

3月19日から走り出しましたが、今回の運転は土休日限定の梅田-嵐山間の臨時列車です。

京とれいん#5

京とれいん#6


指定席とかの特別料金が不要、乗りたい人は自由に乗ってくださいという設定ですので、
宣伝が効いたのか、乗車待ちの行列ができて満員で走っているそうです。

5月14日に予定されている次のダイヤ改訂で、京都線の土休日ダイヤを組み替え、
京とれいんを定期列車として運行するほか、日中の準急の半分を梅田~河原町間の運転から
天下茶屋~河原町間の運転に変更して、大阪市営地下鉄堺筋線の直通列車を大幅に増やすようです。

大阪モノレールの「阪急電鉄号 :Let's go 京都」はその布石だったんですね。

ちなみに私はまだ阪急電車の「京とれいん」を見ていませんし、乗ってもいません。  (^^ゞ


FUJIFILM FinePix S5 Pro / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM


テーマ:モノレールの写真 - ジャンル:写真

名残の梅
日曜日に「桜はまだかなぁ」と万博記念公園に行きましたが空振り・泪
その桜を探して歩いている時に日本庭園の梅林の看板が目に入りました。

名残の梅#1

梅林のある小高い丘を見上げますと、赤やら白やら花が結構咲いています。
上ってみますと、まだまだ観賞できる梅が残っておりました。

名残の梅#2

名残の梅#3

見回すと、私以外に一人も人がおりません。
既にイベントとしては終わってしまいましたが、「万博公園梅まつり」の頃には、
この場所では押し合いへし合い、人がごった返していたとニュースで見たんですけどね。

折角ですからゆっくり堪能させていただきましょう。
小鳥も人が居ないのでのんびりと蜜を吸っておりました。

名残の梅#4

名残の梅#5

名残の梅#6

名残の梅#7

梅にウグイスという話は良く聞きますが、実際には梅にメジロというのを私はよく見かけます。
しかし、ここにいるこ奴はどうやらヒヨドリではないかと思うのですが、どうでしょう?
名残の梅#8


人の心は移ろいやすきものと言いますが、今の時期ならゆっくり楽しめるのにね。
無人の梅林でゆっくりと梅の香りを楽しませていただきました。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM


テーマ:梅の花 - ジャンル:写真

桜一輪
 
桜一輪#1


そろそろあちこちから桜便りが聞こえてくるようになりました。
この日曜日に、当地はどうかなと万博記念公園に行ってみました。
周辺の公園には桜の花が見当たらず、暫くぶりに自然文化園に入場してみることにしました。

園内を歩き回ってみましたが、名残の梅がまだ咲いていまして、
サクラにはもう咲こうかという蕾はみられるものの開花していませんでした。
あの広い園内で見つけられたのは、上の写真に撮った一輪だけでした。


そこで、日本庭園はどうかな、とそっちにも入ってみましたが、
人の気配のない梅林に寂しく梅の花が咲いているのみ、
3月26日からの「万博公園桜まつり」の幟が空しくはためいていました。

諦めて帰ろうかと園内で帰路について裏庭から州浜のゾーンにさしかかった時、
遂に咲いているのを見つけました。

これは当地北摂の山中に自生している「エドヒガン(江戸彼岸)」というものを移植したそうで、
標高の低いところに移植すると早咲きになるんだそうです。

桜一輪#2


何とか万博公園で桜の花を確認できましたので、缶コーヒーを飲んで帰宅しました。
往復に使った阪急電車では、10日ほど前から「さくら」の看板を掛けて走り始めています。
いよいよ春の行楽シーズンがスタートしたようです。

桜一輪#3


東日本では災害のその後が2週間以上経っても混沌としており、
何とも痛ましい限りですが、季節はきっちりと春に一歩踏み出しています。
早く春を感じられるように願っています。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM


テーマ: - ジャンル:写真

近道 3
バスはいつもどおり時刻表どおりには来ません。いつも遅れます。
しゃぁないのでちょっとバス停周りを確認します。

さっき遠目に見たお米屋さんです。
まだ朝早いので開店前ですが、開いていれば山積みの米の袋が十数種類所狭しと並んでいます。

近道 3#1


お米屋さんの隣はケーキ屋さんです。
ここは比較的新しいのですが、オリジナルのロールケーキは
注意して持たないと崩れるくらい、ふわふわで柔らかな名物スイーツであります。

近道 3#2


更にそのお隣は、、、入ったことないので分かりませんが、こんなお店です。
ここは以前コンビニのローソンでしたがいつの間にか変わってしまいました。
実はこの場所のお店は余り長続きせず、何年かで変わってしまいます。

近道 3#3


・・・なんて暇つぶししているうちにバスがやってきました。
今日は優秀ですね、3分遅れで来ました。
この界隈随一の渋滞名所、国道171号と170号の八丁畷交差点を曲がってきますし、
その前に阪急高架下の交番前交差点を通るし、遅れが常態化してしまっているんですよ・泪

近道 3#4


乗ってしまえばこちらのもの、2停留所に3分ほどしかかからず野田停留所に到着です。
目的の病院は目の前です。
実はこの野田交差点は何てことない国道と市道の交差点なのですが、
右左折車が多く、しかも右折車線がないので渋滞の名所なんです。

近道 3#5


ここは私の父親が何度も救急車で運ばれ、死ぬまでお世話になり、
骨折した母親が入院でお世話になり、と、我が家と縁浅からぬところであります。


KODAK EasyShare V570


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

近道 2
国道171号に出て、左折すると50mほどでバス停です。

曲がった途端に広大な更地のフェンスが目に入ります。
実は、ここはかつて整備場もある大きなGSだったんです。
全国的に経営が厳しい中、GSはピーク時から半減していると言われていますが、
繁華な国道筋のこの店も消えてしまいました。高槻は価格競争が凄いからねぇ・・・・

近道 2#1

この更地の前を通り過ぎるとお米屋さんです。
現在関東以北では米の争奪戦が起きているようですが、
さすがにこちらは在庫豊富で、欠品は殆どありません。

近道 2#2

ジャ~~ン、お米屋さんの前がバス停です。
やっと着きましたぁ、、、って自宅から素直に歩いて5分以内ですけど・笑

近道 2#3

ここから病院前には停留所2つめです。
バスはいろんな方面のが来ますが、10~15分に1本やってきます。
こっちの停留所は歩道にポールが立っているだけですが、
反対向きの停留所には、ちゃんと屋根が着いています。
この待遇の差は気に入りませんなぁ。

近道 2#4

バス待ちの間にバス停から元GSの更地を振り返ると、広いですねぇ。
この後どうするんでしょうか。それにしても、いつの間にか家が建て込みました。
10年くらい前まではちらほらと農地や空き地があったんですけど。

近道 2#5

というところで、明日に続く・・・・


KODAK EasyShare V570


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

近道
今朝、心拍記録器を取り外しに病院に行きました。
徒歩だと私の早足で15分くらいの距離ですが、今日は市バスで行くことにしました。

以前doruさんがブログで「誘われる~」と紹介されていた、住んでる者だけが知っている通路、
いわゆる路地とも言えないような通路が、私宅からバス停に行く近道になっています。

そんな道筋を今朝の私の足取りでご紹介しましょう。

家を出ますといつもの通勤とは逆方向の、京都方面に向かって阪急電車高架沿いの道を進みます。

近道#1

ご近所さんの前を1ブロック、5軒過ぎたところでこの丁字路を右折します。

近道#2

この丁字路はかなり鋭角に曲がっていますが、実はこの細い道路が昔ながらの道で、
正確に南北に走っています。阪急電車は東北東から西南西へ斜めに走っていまして、
条里制時代からの田圃だったこの土地を住宅開発した時に、線路に平行に街路を整えたんです。

さて、その南北に走る旧農道の道路に入って真南を眺めます。
この道路は側溝が広く深めですが、これは昔の農道+用水路だった頃の名残です。
私はここを真っ直ぐ南進します。

近道#3

この道路を突き当たりますと、我が住宅街の南端になります。
その東西お隣どうしの境界に細い通路と用水路があります。
実はこの道路と用水路が、オリジナルの農道と用水路なんです。
道幅は自転車で一杯一杯、痩せた人でもすれ違いは困難です。

近道#4

この住宅街が開発された当時、昭和36年(1961年)にはこの住宅街で共同浄化槽を導入し、
下水処理をして浄化した排水を用水路に流していました。その頃にはこの大きめの用水路が必要でした。
現在では下水道が完備し、大規模汚水処理場ができましたが、用水路は当時の名残で残っています。

この通路が今回の「近道」のメインステージであります。
ここを通り抜けると別の住宅街が国道171号との間に拡がっています。
ここは私の住む住宅街から遅れること15年くらい後に開発されたところで、
ここは昔々から農道と用水路が通る田圃でした。
その頃は国道の向こうも殆ど田圃で、私の通う中高校が正面に見えていましたので、
遅刻しそうな時にはこの田圃の中の近道を走って行きました。

近道#5

この住宅街を抜けると国道に突き当たりますが、正面に見える茶タイル風の建物はセレモニーホールです。

近道#6

近道#7

実は、このセレモニーホールは一昨年暮に父親の家族葬をやったところであります。
実はがもう一つありまして、幹線国道のここは横断歩道以外横断禁止でありまして、
横断できる信号機は左に約100m、右に約200m行かないと横断できないんです。
近道を通って目の前にあるのに、実は凄く遠いんです・泪

あれ?  話が脱線してるうちにボリュームオーバーになってきました。  (^^ゞ
スイマセン、バス停はまもなくですので、明日の続きにおつきあいください。 <m(__)m>


KODAK EasyShare V570


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

あ~あ
 
あ~あ#1


遂に取り付けられてしまいました、心拍記録計・・・・・泪

2~3週間前から寝入ろうとすると時折ドキドキする感じがあって、なかなか寝付けず、
あるとき自分で心拍を取ってみると、普通に脈を刻みながら1泊抜けることがあり、ええぇ???
抜けた後の次の拍動の時にドキっと感じることが分かりました。

日中はどうだろね、と何も感じない時に脈を取ってみると、時々1泊抜けてました。
寝ようとしている安静時以外は身体の動きに紛れて気付かなかったんですね。
これはやっぱりおかしいな、と先週病院に行きまして診察を受けました。
心臓エコー検査を40分、心電図記録を15分やられまして、
その時の診断結果は期外収縮だと思われる、とか・・・・

心筋梗塞とか心房疾患とか動脈硬化とかではなく、不整脈の一種だそうです。
世間ではよくあることで、人によっては1日に3千発くらい抜けて、気付かない人もいるとか。
「特に気にすることもないですよ」ということでしたが、
寝付きが悪く、寝不足は困るので、きっちり調べてもらうことにしました。
ということで今日、この記録計を取り付けに行った次第です。

措置は10分ほど、テープでセンサーをぺたぺた貼り付け、記録計をひもで首からつるすだけ、
可愛いナースちゃんに「後はいつもどおり普通に生活してくださいねぇ」と軽く言われて終わりです。
但し風呂と電気毛布は禁止で、ずっと行動記録メモを取らないといけません。
明日これを外しに行って、改めて来週指定日に通院して結果を教えてもらうことになってます。

今までの健康診断では特に異常値検出はなく、どっちかというと血が薄め、血圧低めでしたので、
まさかこんなのをぶら下げて検査することになるとは、と少々憂鬱です。
ま、気にならなければ放って置いていいものらしいので、来週の診断結果を聞いてから後は考えましょう。
これからも半年ごとの定期検診をきっちり受けることにします。
・・・が、前回11月の検診では心電図異常はなかったので、なんだかなぁでありますよ。

本格的に医者に罹ったのは、持病の腰痛整体を除けば、
十数年前に貧血で倒れ救急車で運ばれて以来であります・汗



嵐電嵐山駅
嵐山のメインストリートを抜けて、いつもどおり嵐電嵐山駅に来ました。
去年11月とは大違い、土曜の昼間というのにそこそこ空いていて楽勝でホームへ・笑

丁度電車が出たところなので人の少ないホームをウロウロしていますと、ちょっと以前と違う雰囲気が・・・・
名物「ホームの足湯」が前とちょっと違うイメージになっていました。
以前は改札横の窓口で足湯代を払ってタオルをもらい、ホームに入って足湯へ、
という手順だったんですが、この時には足湯の入口に番台が作られ、
そこで足湯代を払って浸かる、そういう手順になっていました。

嵐電嵐山駅#1

以前の方式だと混雑に紛れ、金を払わずに足湯に入るワルい人がいたのでしょうか、
それとも混雑時に足湯が満員で待たされ、苦情でも出たのでしょうか、
いずれにしても、これなら取りっぱぐれもないし、混んだら入場制限できますからね。
その代わり、番台に専任者を固定で置いとかないといけませんが、背に腹は代えられんのでしょう。

ふ~ん、と眺めているところへ次の電車が入ってきました。

嵐電嵐山駅#2

この電車はレトロメイクのレストア車、銀デンですね。

嵐電嵐山駅#3

この日は人出もそこそこ、満員で積み残しなんて事ありませんから
臨時便も出ず、電車も1両単行のノーマルダイヤで走っておりました。
私は折り返しで大宮行になるこいつに乗ってゆくことにします。

嵐電嵐山駅#4

帷子ノ辻で乗り換えのために降りますので、前の方に移動、
すると車内の案内には『3月6日までは土日祝日は乗車料金無料』と・・・・
「無料!♪」と喜びましたが、北野線に乗り換えて北野白梅町で降りましたら、
ちゃんと200円取られました。今日は土曜なのになぁ、、、、タダは本線だけか?、、、、ブツブツ

嵐電嵐山駅#5

私と乗り合わせ、横で「オイ、タダて書いてあるで、要らんのかぁ」と小声でヒソヒソ、ザワザワ、
あの野球少年達はそのまま大宮方面に乗っていきましたが、タダで乗れたんでしょうかしら。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 28-85mm F3.5-4.5 / LUCKY SHD100  ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

渡月橋
京都と言えば嵐山、嵐山と言えば渡月橋、普段は左岸である対岸から撮られることが多いのですが、
こちらの嵐山公園側、岩田山のある方からの眺めもなかなかのものです。
この日は観光客も少なく空いていましたので、橋もすっきり見えますね。

渡月橋

橋の袂に行って上流を見てみましょう。
やっぱりここの“ああ日本”という風景には松が似合いますよねぇ。

渡月橋

右岸の橋の袂は支流が分かれるところの三角州になっていて、
支流の方に川遊び用の船の船溜まりがあります。
その三角州は石の護岸で固められており、絶好の眺望スペースとなっています。
ここは観光客も来ますが、地元の人がよくのんびりくつろぎに来るところです。
まぁ、真冬なら拷問みたいに冷たいから座れませんけどね。日差しがあればそろそろ座れます。

渡月橋

橋を渡りはじめ、途中で上流を眺めますと、堰とその向こうに広がる大堰川が岩田山(嵐山)をバックによく見えます。
いつも多くの貸しボートでこぎ出す観光客も、まだ寒いからでしょうかね、全然見あたりません。

渡月橋

橋を渡りきりますと混雑で有名な川端の十字路です。
この日もここだけは結構な人出になって賑わっておりました。

渡月橋

人力車もお客を拾うのに必死です。結構客待ちで休んでいるのも多かったですよ。
やっとお客を捕まえてさぁ出発です。混雑時には通行規制の入るこの道路ですが、
この日は車が好きに通ります。念のためにバックオーライと後方確認していました。
お客さんも一緒になって覗いとるわ・笑

渡月橋


私にとっては、これくらいでも「混んでるなぁ」という感覚だったのですが、
いつも大混雑のピークにご案内しているからか、つい「空いてるなぁ」と独り言が・・・
イカンなぁ、観光マインドに毒されてしまってるようです・笑


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 28-85mm F3.5-4.5 / LUCKY SHD100  ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

私のToppy+

trackback
・・・・・ 再開第一号としてワインレッドとピンクのコンビのコインケースを仕上げました。
金色(本金です!)のホックとハートのチャームをまとった“オヤジ特製品”であります。(笑)
≪ Toppy+再開 ≫



私のお友達、BINくみちょ~さんが暫く被災地支援で休止されていましたミシン作業を再開されました。
Toppy+ブランドの次回ショップは前回以上の賑わいになることでしょう。

今回トラックバックさせていただいた新作では、コインケースのフラップにToppy+刻印が!
実は私のいただいたコインケース、通称「イモリ1号」には刻印がありません。

私の Toppy+#1

ひょっとして後々「ノーネーム初期もの」でプレミアム・バージョンになるかも・笑
なんてことを思ったりしてにやけております。

ハードボイルドから萌系まで、今後の展開がますます楽しみになりますね。



テーマ:手作りアクセサリー - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.