一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201109 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201111
八尾もの市
我らがBINくみちょ~がまたまた新たなエリアに出店されました。
今度は八尾市、本日開催の「八尾もの市」、コアな河内への進出であります。

八尾もの市#1

ここ渋川神社の境内いっぱいにたくさんの露店が出ておりました。
時折小雨の降るあいにくのお天気でありましたが、もう、凄い人出、
通路ですれ違うのもままならないくらいの人が溢れかえっておりましたよ。
今まで何度か手作り市に伺いましたが、人出は今回が一番じゃないでしょうかね。

八尾もの市#2

八尾もの市#3

さて、くみちょ~のお店は、小間物屋敏兵衛さんのお店はいずこと人混みをかき分け探しますと、
歩くのもままならない本道から横に入った枝通路にありました。
あっちほどの混雑ではありませんでしたが、それでも来店客が引きも切らず、
次から次へとのぞきに来る客の応対で天手古舞いでありました。
そんなときに問い合わせの電話は掛かってくるし、くみちょ~はもう大変、
店じまいして帰宅されたらぐったり、どっと疲れが出てきそうです。

八尾もの市#4

今回も若干頼まれものなど仕入れさせていただきましたが、
いつも以上にバックヤードのストックも充実、16時の終了まで品切れにはならなそうでした。

私はこの後、台所の照明器具がいかれたのでその仕入れに日本橋に急ぎましたので、
すぐに現地を離れてしまい、失礼しましたが、先ほど仕入れた材料で工事を済ませました。
くみちょ~も奥さまもお疲れ残りませんように。盛況、繁盛何よりでありました。



trackback  親父のあれこれ雑記帖 2011.10.30 (sun)

≪ 御礼 ≫
八尾もの市が盛況のうちに終了しました。
生憎の雨でしたが、多くの方々にお会い出来て実に充実した楽しい一日になりました。
・・・・・・


FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:素敵なお店 - ジャンル:写真

ムラタだっ!
長岡京市、と言うかJR神足駅近辺は昔日の都の遺跡のある田舎がベッドタウンになったところ、
そんな印象で捉えられることも多いようですが、何を隠そう、全国銘柄企業の本社もあるのです。

その一つ、村田製作所の本社は長岡京駅前広場の左手(北側)に拡がっています。
電子部品の製造ならびに販売をおこなう日本の、そして世界のトップ企業ですので、
多分どなたでもご存知だと思います。ユニークなCMでもお馴染みですよね。
私は野球選手から審判になり、ライオン審判の異名を取った村田審判を思い出してしまうのですが・・・・

ムラタだっ!#1

ムラタだっ!#2

「俺はムラタだっ! 文句あっか」という風情で威風堂々と建っております。

そしてムラタと駅前ロータリーを挟んで南側に展開しているのは日本輸送機、ニチユであります。
こちらはフォークリフトメーカーとして有名ですよね。
ムラタの明るいビルに比べ鉄錆色の重厚な感じが対照的です。

ムラタだっ!#3

実は私の前職の勤務先でもフォークリフトを昔作っておったのですが、
その工場の事務棟はこのような鉄錆色でした。
特殊鉄材剥き出し外装なので、年月とともに風雨に晒されシックな鉄錆色になるのであります。
鉄鋼を扱うメーカーはこういう鉄を前面に出した物がお好みのようです。
工場棟は、いかにもって感じの工場ですが。

ムラタだっ!#4

この工場棟の雰囲気は、昔私が居た会社の工場にとてもよく似ています。

ムラタだっ!#5


そう言えば、京都にはユニークな有名会社が結構多いですね。
島津製作所、京セラ、ワコール、ローム、任天堂、宝酒造、・・・・・などなど


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

神足
昨日の記事で長岡京駅の旧称が神足(こうたり)だったとご報告しましたが、
この長岡京という駅名に、私は未だに何となく違和感を感じておるのであります。

と言いますのは、このあたりは旧地名(神足村)由来のものばかりですし、
私も長岡京と言われるより神足と言われた方が、場所も物もピンと来るのであります。
地勢的にもここは元々神足村、そして長岡京遺跡の南外れなのです。

駅前の名所案内は・・・・
神足#1

駅前の交番は・・・・
神足#2

郵便局も・・・・
神足#3

そして、遺跡も・・・・
神足#4

近所にある小学校も神足小学校です。
とにかく右を向いても、左を向いても神足ばかりが残っているのであります。

近年の広域合併や瑞祥地名ブーム、妥協の産物である安直地名など、
無味乾燥なものや虫酸の走るほんわか地名、こじつけ地名ばかりで、情緒も歴史もヘッタクレもありません。
みどり市、○×中央市、東西南北○×市、みどり台、さつきが丘、、、いい加減にして欲しいと思います。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

JR長岡京駅
今月の初め、ちょっと気が向いて長岡京に行ってきました。

JR長岡京駅#1

JR長岡京駅#2

元々京都府乙訓郡神足村にありましたので、旧駅名は神足(こうたり)です。
戦後三村合併で長岡町になり、1972年に市制施行で長岡京市になりました。
当初長岡市と名乗ったのですが、新潟県に同名市がありますのでクレームがつき、
翌日に長岡京市に改称しました。一日だけ長岡市だったという貴重な記録を持っています。
その時に駅名も神足駅から長岡京駅に改称されました。

長岡京という市名の由来は、平安京遷都の前にわずか10年間だけ存在した長岡京の都にあります。
この短命幻の都は、現在の長岡京市、向日市、京都市西京区に渡って存在しました。

以前は鄙びた駅だったのですがねぇ、1987年にこんな今風の駅に改築されました。

JR長岡京駅#3

駅前にはなぜか貨車や新幹線の車輪、蒸気機関車の動輪などが展示されています。

JR長岡京駅#4

JR長岡京駅#5

実はここは東海道本線の駅ですので、ここに線路が通じて汽車が走ったのは1876年(明治9年)ですが、
当時は田圃の中を汽車が走っていたので駅はまだありませんでした。
駅ができたのは昭和になってから、1931年(昭和6年)のことです。

JR長岡京駅#6


実はこの駅には昔々の思い出がありまして、勤め始めて間もない頃に会社の先輩と飲みに行きまして、
ついつい帰宅は大阪発の京都行き最終電車でありました。
摂津富田駅で、『アア、次で高槻に着くぞ』と思った途端に気が緩んで寝込み、
次のゴトンと揺れて電車が停まった時、聞こえてきたのは『こおたりぃ~、こおたりぃ~』と言うアナウンス・・・・
『アッチャァ』と飛び降りて、最終やしどうしようとオロオロ。
向かいの戻りホームを見るとまだ待ってる人が居て、ホームの電気もついてる。
慌てて向こうに渡った途端に京都発高槻行きの最終電車が入ってきて、ギリギリセーフで帰宅できました。
いつもこの駅を通るたびに、その時のことを思い出すのでありますよ。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

ちょっとお休みします
今般私の京都(醍醐)にいました義理の祖母が亡くなりまして、
特に事故や病気ではなく、そろそろ白寿の大往生です。
ちなみに曾祖母は103まで生き、百歳の時に京都市長から金糸のおざぶをいただきました。
葬儀などでちょいと立て込みますので、二~三日アップをお休みします。




ちょっとお休みします#1

今日、花いっぱいでお送りしてきました。
子、孫、ひ孫が集まると、実に賑やかです。
この家系はジョシ比率が高いのであります。
ひ孫のオトコノコは一人だけでありました。

< 2011.10.23 18:00 追記 >


古い民家
 
古い民家#1



FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

一人で遊ぶ子
 
一人で遊ぶ子#1

一人で遊ぶ子#1



FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

可愛いお尻
町撮りをしている時に手のひらサイズの小さな狛犬?を見つけました。
ただ、狛犬と言っていいものかどうか、、、神社の参道で番犬をしている奴ではなくて、
何かの記念碑を囲む柵の四隅に一体づつちょこんと置かれていました。
その小さい狛犬のお尻が可愛くて、ついついじっくり眺めてしまいました・笑

可愛いお尻#1

前から眺めると、ごつい顔をしてはおるのですが、でも小さいから可愛い!・爆

可愛いお尻#2

可愛いお尻#3


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

川鵜
 
川鵜#1



PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

忠魂碑
 
忠魂碑#1



CONTAX T2 / Sonnar 38mm F2.8 T* / KODAK 125PX  ND-76 1:1 21℃ 8分


テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.