一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201111 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201201
六原
六波羅蜜寺のあるあたりの古地名は六原、その範囲は定かではありませんが、
南北は四条通から五条通寄り、東西は鴨川左岸の川端通から東山通寄りのあたりであろうと思われます。
東山区役所や東山警察署のあるあたりが中心かなぁ、と・・・・
このエリアの北半分くらいは祗園として栄えて現在に至りますが、南側は古い明治以前の路地が良く残っています。
そこは庶民の住宅街になっており、個人商店も混在しています。大きな建物は東山区役所くらいなものです。

その路地をカートを引いたお婆ちゃんが買い物に行くのでしょうか、ゆっくり歩いておられました。
向こうに「六原」という看板が見えますね。あれは個人経営のスーパーで、このあたりで一番大きい商店です。

六原#1

お婆ちゃんの歩いていた南北の路地を通っていきますと、所々に昔ながらの商売をやっているお店があります。
仏具屋、根付け屋、糸屋、などなどコアな専業店がよく見られますが、そんな中に剥製屋がありました。

六原#2

こういう普通の街中に、まだこんな商売をやってる店が残ってるんやねぇ、なんて驚きました。
このあたりは東山から鴨川に向かって一気に下る坂の町ですので、東西に走る通りは結構な坂道です。
坂の上を目指して登り詰めれば、八坂さんであり、龍馬の墓であり、清水さんであり、といった
その通りごとに観光名所にたどり着くルートになっております。
そんな通りを客を乗せた人力車が小走りで下ってきました。

六原#3

この通りを東山方面に見上げますと、東山通越しに八坂の塔が望めました。

六原#4

ここで鴨川ベリの川端通まで戻りまして、鴨川を眺めますと、冬晴れの下、静かな流れが心地よいです。

六原#5

昔はこの鴨川左岸の堤を京阪電車が走っていまして、川端通には露店が良くでていました。
今でも時折露店を見ることができます。この日は富山の干し芋を売る店が出ていました。

六原#6

私は子供の頃から京都の親戚の家によく遊びに行きましたが、
いずれもこのような街中の路地の入り組んだ建て込んだところにありましたので、
親戚がみんな洛中を引き払った今でも、京都に出掛けるとこのような路地に足が向いてしまいます。




nonakaさんのリクエストで、東山通から龍馬の墓に通じる通りを追加しておきます。
この石の大鳥居を目印に入って上ってゆけば、たどり着けますよ。  (2011.12.19 20:10)


六原#7


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

六波羅蜜寺
建仁寺から少し南に下がりますと六波羅蜜寺があります。
歴史物語にも出てくる比較的有名なお寺ですので、名前くらいはご存知の方も多いと思います。
有名な割にはかなり小規模なお寺で、地元では「ろくはらさん」と親しまれている敷居の低いところです。

六波羅蜜寺#1

敷地全体でも2000坪くらいでしょうかね、小学校くらいの規模です。
創建は平安時代中期、950年頃ですが、
平安期末にはこの付近に六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれ、
急激に都での存在感を高めたと言われています。
平家、皇室とも縁が深く、平清盛公の塚があったり平清盛像が安置されたりしています。

六波羅蜜寺#2

六波羅蜜寺#3

また、ここは七福神の弁財天も祀られていまして、京の七福神巡拝所の一つでもあります。

六波羅蜜寺#4

元々が十一面観音を本尊とする道場に由来しますので、観音立像が山門傍にあります。
現在は真言宗寺院として、西国三十三箇所第17番札所になっています。

六波羅蜜寺#5

観音像の横に転法輪を見つけました。
これを見るのは久しぶりでしたので、ついつい回してしまいました・笑

六波羅蜜寺#6

重文の本堂は、小柄ながら実に立派で荘厳な造りで、傍にいるだけで落ち着きます。
観光客はあまり来ませんが、地元の方や札所巡りの方々が入れ替わり訪れており、
灯明や線香の火が絶えることはありません。

六波羅蜜寺#8

六波羅蜜寺#9


寺名は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来すようですが、
この地域を古来「六原」と称したことに由来するという説もあるようです。
このあたりには六原を冠した地名や商店屋号もよく見られます。

回りの景観はすっかり現代の都市風景になっていますが、
この地に来ると、ついつい平家全盛の頃の平安京のその地にいるような錯覚に囚われてしまいます。


FUJIFILM FinePix S5 Pro
          / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)
          / Tokina AT-X124 PRO DX 12-24mm F4


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

建仁寺
まねきあげを見た後、祇園を通って建仁寺に向かいます。
建仁寺も紅葉が見事なところですが、訪れたのは先週の日曜ですから、
12月も2週目、さすがに期待はしないほうがいいかなぁ・・・・

と言いつつ入山しますと、まだまだきれいなもみじが見られました。
最早枯れかけ、最後の輝きを見せていただけました。

建仁寺#1

建仁寺#2

建仁寺#3


さすがにシーズンを過ぎると訪れる人も少なく、
祇園の隣、四条河原町から歩いて来れるところとは思えないくらい静かでありました。


FUJIFILM FinePix S5 Pro
          / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)
          / Tokina AT-X124 PRO DX 12-24mm F4


テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

まねきあげ
京都の師走の風物詩、南座のまねきあげ看板を見てきました。
東西歌舞伎大御所の競演で顔見世興行が行われています。

まねきあげ#1

上げられた看板をざざっと眺めますと、錚々たる役者さんのお名前が並んでいます。
普段は歌舞伎興行に行かない人でも、この顔見世興行だけは欠かさず行く、
そういう熱心なファンもいらっしゃいます。

まねきあげ#2

昨年の顔見世興行では、例の「エビゾー事件」が直前にあったため、
エビゾーの看板を一旦上げたものの、また引っ込めて、とてんやわんやでした。
今年は事件もなく、めでたく平穏に開演を迎えることができたようで、何よりであります。

ここでせっかくですので、北座もご紹介します。
南座は北玄関で四条通に面しており、北座は南玄関で、間に街区を1ブロック挟んではおりますが、
それに正対しています。北座は一時廃されて絶えましたが、近年復活しています。
いまは小劇場での演劇や落語・漫才などの演芸興行を打っています。

まねきあげ#3

まねきあげ#4

北座は京都の老舗菓子屋「井筒」の本店ビル上階にあります。
井筒は生八ツ橋「井筒の夕子」でおなじみのお店です。

顔見世興行が始まると、いよいよ暮の気分が盛り上がってきて、
町には小走りの人、和装の人が増えてくるのであります。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:季節の風物 - ジャンル:写真

駐車場
 
駐車場#1


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:光と影 - ジャンル:写真

ソラード
 
ソラード#1

ソラードは以前赤外写真でもご紹介しましたが、万博公園自然文化園の南西ゾーンにあります。
全長が約300mありまして、ほぼ地上4~5mの高さで森を縫って進む東から西への一方通行、
自然の森林を上から眺めることのできる空中散策木道であります。

ここでは四季折々の森の姿、野鳥の姿を見ることができ、途中でせせらぎに降りることもできます。
私が訪れたときには紅葉が真っ盛り、濃緑、黄緑、黄、朱、赤と見事な色模様が見られました。

ソラード#2

ソラード#3

さて、そろそろソラードも最終コーナー、網ロープで吊られた渡り板の橋を渡って展望タワーに到着です。

ソラード#4

フラフラ揺れる足元に、慣れない人はキャーキャーと大騒ぎです。
一列縦隊でしか渡れませんので、ぶりっこが一人いますと大渋滞になってしまいます。

ソラード#5

木造展望塔は小高い丘にあり、地上との高低差が19m、海抜が82mありますので、非常に見晴らしが良く、
大阪平野から生駒・信貴山系まで見通せます。広大な森林越しに太陽の塔も見ることができます。

ソラード#6


ソラードは何度も通っていますが、いつ行っても、何度行っても、そのたびに新しい面白さを発見できます。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

森の足湯
 
森の足湯#1

万博公園の南西ゾーン、このような見事な紅葉を愛で、歩き疲れたから一服しようかという感じになった時、
ちょうど都合良く「森の足湯が用意されています。

森の足湯#2

「森の足湯」は、万博公園内の間伐木を薪にしてボイラーで燃焼し、
その熱エネルギーで地下水を温水にして、足湯に利用しています。
季節に合わせ、公園で採れたものを使った菖蒲湯などの変わり湯も楽しめるようになっています。

規模は小さく、最大6人利用の内湯と最大10人利用の外湯があります。
利用料金は無料ですが、タオルなどは自分で用意することになっています。
それでも「あっ、持ってない」という人は、100円で足拭きタオルを購入できます。

外湯ではご家族連れが楽しそうに寛いでおられました。

森の足湯#3

後方に見える建屋が内湯と待合室です。

森の足湯#4

待合室に向かって順番待ちの人が行列を作って待っていますね。
この日は50人くらい待ってましたから、足を浸けるまで1時間以上待たんといかんようです。
いつもはさほど人が来ている様子はなく、待っても10分かそこらなんですが、
混雑している日はやはり相当待つのを覚悟しないといけないようです。
あの市民マラソンが終わったら、走り終えた人が殺到するんでしょうかねぇ・・・・


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

アイヌのくらし
アイヌのくらし#1


今回万博公園を訪れたそもそもの目的は、この展示を見るためでありまして、
記事アップの話と前後しますが、入場して最初にこの展示を見に行きました。

場所は自然文化園と日本庭園の間にある国立民族学博物館です。
実は学生時代の2年先輩に I さんという方がいまして、卒業後大学院に進み、
民俗学を深く勉強し、こちらの学芸員になられました。
「族」と「俗」の違いがありますが、切り口が違うだけで学問の対象はほぼ一緒です。
既にここを退職されていますが、その縁もあり、私は民族・民俗学に興味があるのです。

アイヌのくらし#2

さて、ここを訪れるのも久しぶりです。
広いスペースの前庭には、各国から贈られた民族遺産が展示されていたりもします。

アイヌのくらし#3

ここが今回の「アイヌのくらし」特別展会場です。
ほぼ同規模の常設展示会場も併設して建っておりますが、取り敢えずこちらへ・・・・

アイヌのくらし#4


実は幼い頃、札幌にいました祖父を家族で訪ねた折に登別温泉に連れて行ってもらい、
宿泊した翌日に、祖父の知人がいるということで、白老のアイヌ部落に連れて行ってもらいました。

そこで女の人まで刺青をした大人に会い、着物のようで着物でない服装を見、
板張り茅葺きのような住居を見せてもらい、お土産に目の前でお爺さんが彫ってくれた熊の木彫りをもらい、
初めて触れたアイヌ文化を強烈に感じたものでありました。

今回の展示を順に拝見しますと、あの幼い時の強烈な記憶が鮮明に蘇ってきまして、
一つ一つの展示に「そうだ、そうだ」と頷いていたのであります。

残念ながら今回も展示物の撮影は禁止、レポートはここで終了であります・泪
展示は充実しており、会場を出たときには思った以上に時間を費やしていまして、満腹に堪能しました。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

森のとれいん
 
森のとれいん#1


万博公園自然文化園を一巡するコースで「森のとれいん」という遊覧車両が走っています。
何ヶ所かに乗降停留所がある、汽車ぽっぽを模した乗り合いの車両です。
散策していると、ちょうど来合わせましたので眺めてみますと、お客さんはほぼ満員、
楽しげな家族連れなどを乗せて走っておりました。

以前は「花ぽっぽ」という緑色の、もう少しちゃちい汽車だったのですが、
随分立派な姿の車両に更新されていました。現行車両は大阪城公園のと同系かな。
森のとれいん#2
 (以前撮った花ぽっぽです)


この「森のとれいん」は春夏秋と毎日走っていましたが、12月~2月は来園者も減るため平日運休となります。
これなら大人が乗っても楽しめますね。  そのうち乗ってやろう!・笑


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

市民マラソン
朝、万博公園に着いたときに、えらく人出が多いなと思っていたのですが、
ちょうど紅葉のピークということだけでなく、ガレージセールや市民マラソンも開催されていました。
道理で朝っぱらのこんなに早い時間帯から人が多いわけですわ。

さてその市民マラソンですが、普段は管理用の車両しか走らない外周道路をランナーが走っていました。

市民マラソン#1

園内の起伏ある散策路も負荷をかける山岳コース?として組み込まれていまして、
結構きつい走りを要求されているようでした。こちらはカメラ持ってぶらぶら歩いてるだけなので、
すれ違うランナーの形相を見ると、何やら楽して申し訳ないような気分になってきました。

市民マラソン#2

外周道路と園内散策路との連絡通路の脇には給水所や救護所も設けられていて、
AEDも装備、看護師も待機しておりました。

市民マラソン#3

この日は日差しがあり、気温もマラソンには少々高い状況でしたので、
ランナーの皆さんは汗だく、それでも走ろうという根性には敬服しますね。
のんびり眺めてる私には、楽しい気分転換でありましたが・笑


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.