一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201111 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201201
六原
六波羅蜜寺のあるあたりの古地名は六原、その範囲は定かではありませんが、
南北は四条通から五条通寄り、東西は鴨川左岸の川端通から東山通寄りのあたりであろうと思われます。
東山区役所や東山警察署のあるあたりが中心かなぁ、と・・・・
このエリアの北半分くらいは祗園として栄えて現在に至りますが、南側は古い明治以前の路地が良く残っています。
そこは庶民の住宅街になっており、個人商店も混在しています。大きな建物は東山区役所くらいなものです。

その路地をカートを引いたお婆ちゃんが買い物に行くのでしょうか、ゆっくり歩いておられました。
向こうに「六原」という看板が見えますね。あれは個人経営のスーパーで、このあたりで一番大きい商店です。

六原#1

お婆ちゃんの歩いていた南北の路地を通っていきますと、所々に昔ながらの商売をやっているお店があります。
仏具屋、根付け屋、糸屋、などなどコアな専業店がよく見られますが、そんな中に剥製屋がありました。

六原#2

こういう普通の街中に、まだこんな商売をやってる店が残ってるんやねぇ、なんて驚きました。
このあたりは東山から鴨川に向かって一気に下る坂の町ですので、東西に走る通りは結構な坂道です。
坂の上を目指して登り詰めれば、八坂さんであり、龍馬の墓であり、清水さんであり、といった
その通りごとに観光名所にたどり着くルートになっております。
そんな通りを客を乗せた人力車が小走りで下ってきました。

六原#3

この通りを東山方面に見上げますと、東山通越しに八坂の塔が望めました。

六原#4

ここで鴨川ベリの川端通まで戻りまして、鴨川を眺めますと、冬晴れの下、静かな流れが心地よいです。

六原#5

昔はこの鴨川左岸の堤を京阪電車が走っていまして、川端通には露店が良くでていました。
今でも時折露店を見ることができます。この日は富山の干し芋を売る店が出ていました。

六原#6

私は子供の頃から京都の親戚の家によく遊びに行きましたが、
いずれもこのような街中の路地の入り組んだ建て込んだところにありましたので、
親戚がみんな洛中を引き払った今でも、京都に出掛けるとこのような路地に足が向いてしまいます。




nonakaさんのリクエストで、東山通から龍馬の墓に通じる通りを追加しておきます。
この石の大鳥居を目印に入って上ってゆけば、たどり着けますよ。  (2011.12.19 20:10)


六原#7


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.