一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201201 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 201203
あの自転車屋が
私が中学生の頃からお世話になっていた地元の自転車屋さんがありました。
現在乗っている自転車も、転勤で行っていた東京から戻ってきた時にここで買ったものです。
勿論買った自転車はブリジストンの自転車です。あれから12年経ってますが、今も現役で使ってます。

あの自転車屋が#1
  BLACK SLIM DEVIL / SUPER FAT LENS 22mm F11 / KonicaMinolta centuria 400S-II

実はこの写真は3年弱前に撮ったものです。
商店街の一筋横に離れた道路に面していて、こちらも裏商店街と言うくらい賑わっているところで、
私が日常買い物に回るコースに入っています。

そして、このお店は現在こうなっています。

あの自転車屋が#2

1年あまり前に高槻市長選挙があったときに、ここが立候補者の選挙事務所になり、
その立候補者が私の中高の後輩で、よく知っている奴だったので、ビックリしたのを覚えています。
その選挙が終わってから店に戻すのかな、と見ていましたら、終わっても閉めたまま・・・・
暫くしたら重機が入ってあっという間に更地になりました。

あら、店を新しくするのかな、と思ってましたら、工事が始まり、
駐車場になってしまったので、あ~あ、店を閉めてしもうたんやねぇ、とがっかり。
古くからお馴染みの店がまた1軒消えてしまいました。

3年前に店の看板文字が欠けたままになっていたのは、
選挙事務所に貸すためでもなく、建て替えるからでもなく、閉める心づもりがあったんですね。

私が買ったときに店を仕切っていたおばちゃんは、その頃でも、もうお婆ちゃん然としていて、
後ろの方で手入れをしていたおっちゃんもお爺ちゃん然としていました。
跡継ぎの手当ができなかったんでしょう。

最近自転車の整備をお願いしに初めての店に行きましたら、
そこのおっちゃんが「かわべのお姉ちゃんも頑張ってはったけど、止めてしまはったなぁ」と
私の自転車の店シールを見て問わず語りに話してくれました。
このおっちゃん、あと10年ほどはもちそうな雰囲気でしたので、
これからはここにお願いしましょう・笑


FUJIFILM NATURA CLASSICA / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 28-56mm F2.8-5.4
                    / Lucky SHD100 ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

天満宮の境内
3万3千坪の山一つを境内に持つ上宮天満宮は市中では希少な原生林に包まれています。
境内を歩いていますと、そこここでご神木を見かけます。

天満宮の境内#1

いかにもっていう感じの古木の根元は、いい具合に森しております。

天満宮の境内#2

こういう地面の雰囲気ならあるんですよねぇ、竹林が。
ということで、ちょっと裏手に回ってみましたら、ジャ~~ン、ありましたぁ。

天満宮の境内#3

天満宮の境内#4

この場所の竹林は、規模は小さいながらよく手入れされた良質のものでした。
私が通っていた中学・高校では、秋の体育祭はクラス対抗戦で実施しておりました。
男子校なので、クラスごとに櫓を組んでの大騒ぎ、櫓の前面には青竹を2本立てて飾りました。
櫓に飾る新鮮で立派な青竹を貰いに行って山に入り、ずるずると引きずって持って帰りました。
そんなことを思い出しながら暫し竹林を眺めておりました。


高槻・上宮天満宮
SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

てんじんさん
てんじんまつりの1週間前、梅は咲いたかなぁと見に行ったときの上宮天満宮はとても静かでした。
いいお天気なのに梅の開花前だったので訪れる人はチラホラ、それでも人が絶えることはありませんでした。

てんじんさん#1

てんじんさんと言えば牛、モーモーさんものんびりと寝そべっておられました。

てんじんさん#2

奉納絵馬はさすがに受験一色、「家内安全」や「安産祈願」も見受けるものの、
「○×大学合格!」「□△高校に受かりますように」などの絵馬がぎゅうぎゅうでありました。
世間では入学試験が真っ盛りというところですもんね。

お神籤もいっぱい結ばれていました。でも、これは凶ばかりなんですかねぇ・・・
凶は去ってくれるように願いをかけて結んで置いてゆき、吉は大事に持って帰る、
こうだったと思うのですが、最近は凶であろうが吉であろうが、結んでいくようです。
何でも結んだらええ、ちゅうもんやないと思うんですけど。

てんじんさん#3

境内に住み着いている鳩たちが、気持ちよさそうに青空を群舞しておりました。
お参りに来た受験生たちもこれを見て、「よぉし、やったるでぇ」と気合い入れてくれたらいいんですけど、
最近のニュースでは、合格祈願の代行参拝をやってくれる業者があって、結構いい値段だとか、、、、ウ~ン

てんじんさん#4


1週間後のてんじんまつり本番では、このあたりも騒々しかったことでしょう。


高槻・上宮天満宮
SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

てんじんまつり
先週高槻の上宮天満宮に行ったときに、まだ全然梅の花が開いておらず、
この週末のてんじんまつりは大丈夫かいな、と思っておりました。
気になって今日行ってみましたら、露店がわんさかと出て大盛況、
どうやら梅の花とは無関係でお祭りを楽しんでいるようでありました。
私はこの人出でめげてしまい、お参りを諦めて帰ってきてしまいました。

いつもはバス・タクシーでいっぱいのJR高槻駅北口のロータリーですが、
昨日今日は、駅前ロータリーも参道であるバス通りも車両通行止め、
歩行者天国には露店がズラッと並び、歩行者天国となっておりました。

てんじょんまつり#1

てんじょんまつり#2

地元の高槻ではこのてんじんまつりと5月の高槻ジャズストリート、8月の高槻まつりが3大イベントですかね、
摂津峡の桜まつりもあるし、芥川の鯉のぼりもあるし、
まぁ、時々こういうお祭り騒ぎがあってもいいもんだな、と思います。


FUJIFILM NATURA CLASSICA / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 28-56mm F2.8-5.4
                    / Lucky SHD100 ND-76 1:1 23℃ 7分


テーマ:お祭り - ジャンル:写真

見つめてる
 
見つめてる#1


天神さんで奉納絵馬を眺めているとき、人の気配のない境内だったのに、何か視線を感じました。
誰かいるのかなぁ、、、、と、絵馬棚越しに社殿の方を見てみますと、狛犬がじっと私を見ていました。
「なんも気にせんでええんよぉ」と1枚・・・・


高槻・上宮天満宮
SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

古川橋
電車に乗ってから思い立って、京阪電車の古川橋駅で降りました。
実はここに来るのは学生の頃以来ですから、45年ぶりくらいですかねぇ。

古川橋#1

大阪の人間にとって「古川橋」とくれば知らない者はいないくらい、すぐにピンとくる地名であります。
今の運転免許試験や交付がどうなっているのか知りませんが、
私の頃はここから運転免許試験場に行き、免許試験を受けました。
初めて来たのは、二輪の免許を飛び込みで取るべく勇んでやって来たときです。

古川橋#2

ここには原付免許、自動二輪免許、普通自動車免許と3回通ったことになります。
免許の更新は最寄り警察署でできるようになったので、取得時以来来なくなりました。

現在持っている免許証には、『原付』『大型自二』『中型』の運転資格があるとなっています。
途中で勝手に制度が変わって、運転できる車種ランクも微妙に変わったようです。
私より1年以上前に免許を取った人には、『三輪免許』とか『軽免許』とかがありました。
普通自動車免許に自動二輪免許が勝手についてきたというのを聞いて羨ましかったものです。

私の記憶の中の古川橋駅は、電車が地上を走っていて、土埃の舞うだだっ広い駅前広場には
試験場行きのバスが待機していて、ドンドン人を吸い込んで満員になったら走って行きました。
それ以外にも代書屋(写真屋)の無料送迎バスもおり、客を積んで走っていました。

現在の高架になったきれいな駅の景色からは、あの独特の雰囲気を感じることはできません。

古川橋#3

あの頃は、だだっ広い駅前広場の周りには掘っ立て小屋のような食堂などがあるくらいの
実に場末感漂う雰囲気だったのですが、今では整備された道路と駅前ビル群があります。

ひときわ人だかりのする立派なホールがありましたので、
ガードマンに聞きましたら「子供招待映画会」があるとのことで、その行列でした。
このルミエールホールは、あの中塚荘と兄弟筋の市民交流センターで、
言ってみれば市民会館とでもいえる施設ですね。あっちとは打って変わって近代洋風建築です。

古川橋#4

あたりはマンションや居酒屋、ファミレスなどがびっしり埋めており、
当時は一目で免許場行きと分かる人ばかりだったのが、
行き交う人々は普通の人、ごくごく普通の繁華な駅前になっていました。

古川橋#5


いやはや、変われば変わるものですね。
ま、高度成長時代を経て半世紀近く間が開けば、変貌著しいのは理解できますが、
それでも、ここまで変わるかなぁ、と今浦島の気分になったのであります。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23.5℃ 8分


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

門真市
中塚荘のある門真市は大阪の通勤至便な住宅街であると同時に、
天下の大松下(現パナソニック)の企業城下町でもあります。

ここが門真市役所です。人口13万人弱を束ねます。

門真市#1

門真市役所と中央環状線の間、京阪電車の線路の北側一帯の広大な土地にパナソニック門真工場があります。
パナソニック本社は、1km余り離れたところにあります。画面奥には隣の大日駅前の高層マンション群が見えます。

門真市#2

大阪モノレールの電車が終点の門真市駅に滑り込んでいきます。
モノレールの駅は京阪電車の線路に直交するように設置されていて、
京阪電車の門真市駅と連絡しています。

門真市#3

門真市#4

京阪電車はこの付近の区間が複々線になっており、門真市駅のホームは緩行線にしかありません。
各駅停車と準急電車のみが停車し、優等列車は全て通過しますが、ラッシュ時には区間急行が停まります。
乗降客が多いのでこのように大きな改札口が設けられています。

門真市#5

京阪電車のホームで京都方面への電車を待っていますと、
京阪特急の淀屋橋行きが通過線を高速で駆け抜けてゆきました。
関西の特急の例に漏れず、この特急車両も乗り心地の良いシートの豪華電車です。
最近では少なくなってきているダブルデッカーの車両も連結していて、特別料金は不要、
とても人気があり、ダブルデッカーは閑散時間帯でもいつもほぼ満員になります。

門真市#6


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23.5℃ 8分


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

中塚荘のある町
中塚荘のあるあたりは古い住宅街と前の記事でご紹介しましたが、
少し西に行ったところに中央環状線という府道2号線、その上に近畿自動車道という高速道路が通っています。

この中央環状線は昭和40年代に整備された府道で、下手な国道以上の交通量がありますので、
その道路筋にはドライバーを目当てに開く食堂や、客がつきやすい店舗などが建ち並んでいます。
最近では道路際にちょっと車を駐めて、という商売も難しく、なかなか厳しいようですが、
それでもずっと続けているであろう店舗を何軒かみかけました。

モノレール、地下鉄、京阪と電車の便がよいので、住宅需要は旺盛のようです。
最近では門真が本拠のパナソニックが苦境に立っており、少々沈滞しているようで、
空き店舗なども目立ってきました。不動産屋さんも大変ですね。

中塚荘のある町#1

定番のラーメン屋さんもちゃんとあります。
熊が描いてあるからひょっとしたら北海道ラーメン?
いやぁ、そこまで深い意味はないと推量したんですけどね。

中塚荘のある町#2

こちらは今では珍しいボタン屋さんです。
その昔、関西はアパレル関係の産業が盛んでしたから、このお店も古いんでしょう。

中塚荘のある町#3

さて、そんなひっきりなしに車の走る通りから住宅街の道路に入って行きますと、
中幹の音がウソのように消えてゆきました。
中はくねった細い道に沿って大きく立派な戸建て住宅や個人商店が並ぶ住宅街ですが、
格安の狭小賃貸集合住宅も散在していました。

車が通れるかどうかという路地沿いに何軒ものこのような住宅を見かけることができます。
昔は集団就職で中国四国地方から大量の卒業生が大阪に集まってきましたので、
そういう新生活人達や、こちらで生活基盤を築き始めた人がこのような住宅に入ってました。
今でも安価な住居を求める需要は、結構あるのでしょう。

中塚荘のある町#4

中塚荘のある町#5


守口、寝屋川、門真など淀川左岸沿いで大阪への通勤の便がよいこのあたりは
サラリーマンの住宅街として開け、元々の下町気質もあってとても生活のしやすいところです。
安上がりに生活できる土地ということでの求心力は今でも衰えていないようです。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23.5℃ 8分


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

梅は、まだ
凍えるくらいに冷える日もあれば、日差しの下を歩けば軽く汗ばむ日もあり、
そんな三寒四温で春に近づいてゆくのかなぁ、なんて感じる日も出てきました。
そんな春めいた日差しの中、天神さんに出掛けてみました。
次のの土日には「てんじん祭」があるとのことでしたが、梅はどうなんでしょうね。

境内の白梅はまだ蕾が堅く、開花している花は一輪もありませんでした。

梅は、まだ#1

では、紅梅の方はどうでしょう。
こちらもまだまだ蕾の中に閉じ籠もっておりました。

梅は、まだ#2

参道では日の光を気持ちよく浴びることができたんですけどねぇ。

梅は、まだ#3


折角のうらうらとした日和ではありましたが、25日には梅の花は間に合わないかもしれませんね。
25日、26日にはこの参道に多くの屋台店が並びます。


高槻・上宮天満宮
SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:梅の花 - ジャンル:写真

中塚荘
門真手作り市が開催された門真市立市民交流センター「中塚荘」は古い住宅街の中にあり、
周りの道路は昔ながらの細くて曲がりくねったものが入り組んでおり、
初めての人は方向感覚が分からなくなって、多分道に迷ってしまいます。

さて、そんな中塚荘に着きますと、既に多くの人が来ているようで、自転車がいっぱい駐まっていました。

中塚荘#1

ここは大日駅(大阪モノレール、大阪市営地下鉄)と門真市駅(京阪電車、大阪モノレール)の中間にあり、
回りは低層戸建て住宅が中心の町ですので、大きく空が拡がっています。
中塚荘越しの北側には、大日駅前の再開発された高層マンション群が望めます。

中塚荘#2

ここが中塚荘の入口です。
和風の邸宅をイメージしたデザインで作られています。

中塚荘#3

門から入りますと、南面で日当たりの良い広い前庭があります。

中塚荘#4

前庭ではこのイベントに合わせたのでしょうか、大きな絵画が屋外展示されていました。

中塚荘#5

中塚荘の建物の入口にはもう店舗が構えられていました。

中塚荘#6


中塚荘は何室かの多目的ルームがいくつかと軽食も提供する喫茶店などからできていまして、
大きめな公民館といった雰囲気です。公民館にしては豪華な感じもしますが。
この日はこの中に屋内屋台店が70店ほども並んでいて、押しかけた人で通路までいっぱいでした。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23.5℃ 8分


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.