一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201201 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 201203
人丸前あたり
人丸前近辺は、天文科学館はあるし、子午線標識があるし、ということが前面に出てきがちですが、
柿本神社に見られるように、周辺は千年以上前から集落があり、人の住む生活圏でありました。

現在の町並みは近世、近代のものばかりが残っていますが、
それでも何かを感じさせる家屋や昔の道筋を残す路地が垣間見られます。

人丸前あたり#1

山も近いからということでしょうか、こういう専門店もありました。
ちょっと普通ではないかもしれませんが、普通の古い町が楽しめます。

人丸前あたり#2

このあたりは源氏の急襲を受けた平氏の敗走したルートにも当たります。
一ノ谷の合戦の後、水路、陸路で平氏の軍勢が落ち延びていったのは有名ですが、
ここ明石では、源氏の追っ手に陸路敗走の平氏が致命的ダメージを受けた壮絶な合戦場が多くあります。

ここには山陽電車とJR山陽本線が並走していますが、
そのガードをくぐって天文科学館に向かう道路の横に旧跡の高札が建っていました。
山陽、JRとも高架化され地形が変わって分かりませんが、ここには昔川が流れていたようです。
川で進路を塞がれれた平氏と追っ手の源氏の合戦場だったようです。

人丸前あたり#3

少し人丸山の方に進んだ道路際には、敗走中の平氏軍の馬が息絶え、
その馬を埋めた後という馬塚も残っておりました。

人丸前あたり#4

人丸前一帯では、このような故事由来の史跡を使って町起こしをしようとしているようです。
道筋にはこのような散策案内地図が設置されていました。

人丸前あたり#5

それでは、早足ですが一渡りあり歩き回りましたので、人丸前を後にすることにします。
山陽電車の駅に入りますと、子午線標識を跨いで電車が入ってきました。

人丸前あたり#6

山陽電車の各停電車は、駅間も短いのでのんびりと走ります。
並走するJR山陽本線がひたすらスピードを追求しているのと対照的で、
JRの各駅停車の電車にも抜かれて行きます。

人丸前あたり#7


乗客も少なく、ゆっくりと由緒ありそうな駅を一駅づつ丁寧に停まって行く
そんなローカル電車のプチ旅も、また楽しいものであります。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


テーマ:古い町並み - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.