一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201201 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 201203
古川橋
電車に乗ってから思い立って、京阪電車の古川橋駅で降りました。
実はここに来るのは学生の頃以来ですから、45年ぶりくらいですかねぇ。

古川橋#1

大阪の人間にとって「古川橋」とくれば知らない者はいないくらい、すぐにピンとくる地名であります。
今の運転免許試験や交付がどうなっているのか知りませんが、
私の頃はここから運転免許試験場に行き、免許試験を受けました。
初めて来たのは、二輪の免許を飛び込みで取るべく勇んでやって来たときです。

古川橋#2

ここには原付免許、自動二輪免許、普通自動車免許と3回通ったことになります。
免許の更新は最寄り警察署でできるようになったので、取得時以来来なくなりました。

現在持っている免許証には、『原付』『大型自二』『中型』の運転資格があるとなっています。
途中で勝手に制度が変わって、運転できる車種ランクも微妙に変わったようです。
私より1年以上前に免許を取った人には、『三輪免許』とか『軽免許』とかがありました。
普通自動車免許に自動二輪免許が勝手についてきたというのを聞いて羨ましかったものです。

私の記憶の中の古川橋駅は、電車が地上を走っていて、土埃の舞うだだっ広い駅前広場には
試験場行きのバスが待機していて、ドンドン人を吸い込んで満員になったら走って行きました。
それ以外にも代書屋(写真屋)の無料送迎バスもおり、客を積んで走っていました。

現在の高架になったきれいな駅の景色からは、あの独特の雰囲気を感じることはできません。

古川橋#3

あの頃は、だだっ広い駅前広場の周りには掘っ立て小屋のような食堂などがあるくらいの
実に場末感漂う雰囲気だったのですが、今では整備された道路と駅前ビル群があります。

ひときわ人だかりのする立派なホールがありましたので、
ガードマンに聞きましたら「子供招待映画会」があるとのことで、その行列でした。
このルミエールホールは、あの中塚荘と兄弟筋の市民交流センターで、
言ってみれば市民会館とでもいえる施設ですね。あっちとは打って変わって近代洋風建築です。

古川橋#4

あたりはマンションや居酒屋、ファミレスなどがびっしり埋めており、
当時は一目で免許場行きと分かる人ばかりだったのが、
行き交う人々は普通の人、ごくごく普通の繁華な駅前になっていました。

古川橋#5


いやはや、変われば変わるものですね。
ま、高度成長時代を経て半世紀近く間が開けば、変貌著しいのは理解できますが、
それでも、ここまで変わるかなぁ、と今浦島の気分になったのであります。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23.5℃ 8分


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.