一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201205 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201207
南海浜寺公園駅
 
南海浜寺公園駅#1


浜寺公園駅は、先に立ち寄った羽衣駅の1駅なんば寄りの駅です。
南海電車随一の優美な駅舎が今でも残っています。
ここは、辰野金吾の設計により、1907年(明治40年)に建てられた木造平屋建ての駅舎で、
1998年に国の登録有形文化財に指定されています。

南海浜寺公園駅#2

南海浜寺公園駅#3

南海浜寺公園駅#4

南海浜寺公園駅#5

改札口のある駅本屋は、南海電車伝統の天井の高い、開放感あふれる空間になっています。

南海浜寺公園駅#6

改札口からは直接上りなんば方面のホームには入れる昔ながらの駅の造りがそのまま残っています。
浜寺公園駅には優等列車が停まらず、通過列車が多いので、日中の乗降客は少ないです。

南海浜寺公園駅#7

駅正面の方向を駅舎内から眺めますと、今どきでは味わえない風景が望めます。
駅前ロータリーから真っ直ぐ延びる広い道は、現在は浜寺公園への通路になっています。
昔は浜寺海水浴場や浜寺水練場への通路になっていましたので、相当な人出がありました。
今では海岸は埋め立てられて海水浴場がなくなり、当時のリゾート地の面影はありません。
この道路が、100m先で国道と交差するところに阪堺電車というチンチン電車の終点があります。
その阪堺電車の駅から国道を渡ってすぐの所に、昔は海岸の松林と砂浜が広がっていました。

南海浜寺公園駅#8

駅の向かって左側、行楽客華やかなりし頃の名残の臨時改札口が今も残っています。
この改札口からは臨時電車発着用のホームにすぐに行けるようになっています。

南海浜寺公園駅#9

実はこの浜寺公園駅のあたりも高架工事が始まっておりまして、
昔ながらのこの光景は最早そう長くは見られません。

南海浜寺公園駅#10

駅舎は何らかの形で残されるようですが、高架になった線路にへばりつく形で残されるのでしょうか。
構内まで含めた明治期からのこの駅の雰囲気が、この先どうなるのか気がかりなところであります。


Nikon D40 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.