一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201205 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201207
浜寺公園駅構内
既に始まっている高架工事で気になるのは、隣の諏訪ノ森駅の駅舎と共に駅舎が国の登録文化財建築物であることですが、
堺市内区間は主体が堺市施行となってしまったので、鉄道の高架化で駅舎が撤去・解体される運命になりそうでした。
(堺市長は鉄道よりも車・道路、保全よりも街区整備というスタンスなので、阪堺電車も廃止の危機にあります)
浜寺公園駅舎に関しては、2008年の「浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅舎保存活用にかかわる懇話会」の最終会合で、
高架に伴って造られる新駅正面に移築されることが決まりましたので、何とか生き延びることができるようです。
諏訪ノ森駅(西口駅舎)も何とか生き延びる方向で話がまとまったようです。

そんな切羽詰まった状況ながら、駅のホームに立ちますと、
子供の頃から余り変わらない駅風景の中を、今どきの電車が走り抜けてゆきます。

浜寺公園駅構内#1

浜寺公園駅構内#2

ホームの上屋は、オーソドックスな鉄骨構造木造のもので、
古レールを再利用したり、昔ながらの空気をよく残しています。

浜寺公園駅構内#3

浜寺公園駅構内#4

なんば寄りにはなんば駅側の切り欠き部に4番線があり、元々はこの駅で折り返す列車が使用していました。
海水浴臨などがあった頃には、なんば発浜寺公園行きの電車がこのホームに到着し、折り返していました。
4番ホームの反対側にも以前は線路があり、5番線があった形跡が残っています。
現在は上り本線の3番線を通過し4番線に停車して、優等列車を先行させる待避線となっています。
堺・なんば方面に以前あった下り本線からの渡り線が撤去されていますので、
現在ではなんば方面から4番線には入れなくなり、この駅行きの電車設定はなくなりました。
現在の使い方は、ラッシュ時などに優等列車に追い抜かれる上り普通電車の待避線のみとなっています。

浜寺公園駅構内#5

このホームの上屋には 本線ホームと同様に古いレールが構造鉄骨に使われています。
詳しく調べてみれば、明治大正期のレールが見つけられるかも知れません。

浜寺公園駅構内#6

この昔の華やかな時代を象徴するホーム脇の上り本線を、関空特急ラピートが高速で駆け抜けてゆきます。

浜寺公園駅構内#7


文化財の駅舎本体はなんとか新駅に引き継がれて保存されるようですが、
コンクリート高架橋を背後に背負い、へばりつくように駅舎が残されるのは、
情けないことではありますが、仕方ないこと、、、、なんでしょうね。
そして、このホームの風情は全く消え、まるで味気ない普通の高架駅ホームの風景になってしまうのでしょう。


Nikon D40 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.