一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201205 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201207
いざ関空へ
昨日の記事でご紹介したB747ですが、私宅から関空に行くにはいくつかの方法があり、
いちばん豪華なのは JR関空特急はるかで行くことですが、軽く片道3千円以上かかってしまいます。
他には阪急かJRの茨木まで電車で行って、リムジンバスで直行、これなら2千円程度です。
一旦梅田へ出て難波まで地下鉄で行き、そこから南海に乗るか、JR大阪から関空快速に乗る、
あるいは、阪急から天六経由で地下鉄直通で南海天下茶屋まで行き、そこから関空へ、
などなどいくつかの選択肢があります。

どのコースでも最低1時間半、待ち合わせ時間を入れると2時間近くかかるコースもあります。
今回は一番安上がりの最後の天下茶屋コースを選びました。
このコースですと料金は半額以下、時間も1時間40分ほどで済みます。
ということで、天下茶屋駅まで行ってホームに上り、和歌山方面のホームに立ちますと、
ちょうどなんば行きに関空特急ラピートが入ってきました。

いざ関空へ#1

鉄仮面の特徴的な客室丸窓は魅力的だなぁ・・・・

いざ関空へ#2

これに乗ろうかなぁ、という気にもなり、どうしようか迷いましたが、
次に来たのが鉄仮面だったらそれに乗ろうということにしました。
で、やってきたのは和歌山急行・笑
これもサダメと一般車両に乗り込んだのであります。
おかげで特急特別料金が助かりました・爆

その急行で関空線の分岐駅である泉佐野に着きました。
乗り継ぎでホームに出ると、当てつけみたいに特急ラピートなんば行きが出て行きました・泪

いざ関空へ#3

気を取り直して関空行きの区間電車に乗ることにします。
こちらは4両編成と短く、車内も空いていて、のんびりしたローカル線の雰囲気です。

いざ関空へ#4

勿論席は鉄ちゃん指定の運転席後ろのかぶりつき・笑 (厳密には後部車掌席のかぶりつきですが)
実は、関空連絡橋を渡るときに通る線路の景色をじっくり見たことがないので是非に、と。
関空にはJRと南海が乗り入れていますが、豪華に特急を使うと、JRでも南海でもこの景色は見られません。
橋を渡るりんくうタウン-関西空港の両駅区間は両社で線路を共用していますので、橋の中では線路は複線、
運が良ければ南海とJRの電車がすれ違う、なんてシーンが見られます。
どうだ、この究極の選択は正解だろ、と自己満足の空威張りで心を慰めたのであります。  クスン (・・、)

いざ関空へ#5

・・・で、終点の関空に着きましたら、そのホームでは関空特急ラピートが待機しておりました。
どうしてもアタシに見せつけたいのね、と横目で見ながら空港ビルに向かったのであります。

いざ関空へ#6

これでもか、という南海のラピート攻勢にもメゲず、私は淡々と関空の展望塔へ向かいました。
ここは施設の北東外れにありますので、無料シャトルバスに乗らないと行けません。
う~ん、よく見えますねぇ。 これは楽しみだ。

いざ関空へ#7

レンズを交換し、ズームの300mm側にすると、ちょうど離陸する飛行機がいっぱいに捉えられます。
これはいいんでないか?!

いざ関空へ#8


ということで、暫しここで離陸する飛行機を楽しんだのであります。


Pentax K-x / smc PENTAX-FAJ 18-35mm F4-5.6 AL、SIGMA AF ZOOM 28-300mm F3.5-6.3 MACRO


テーマ:空港 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.