一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201205 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201207
鞆の浦架橋中止
かつてフジッペさんたちと2度訪れた鞆の浦ですが、
http://madam01.blog106.fc2.com/blog-entry-724.html
http://madam01.blog106.fc2.com/blog-entry-836.html
当時から懸念されていた馬鹿げた開発事業がこの度中止と決まり、あの景観が残されることになりました。

鞆の裏架橋中止#1

鞆の裏架橋中止#2


これで騒ぐだけ騒いだプロ市民やエセ環境団体は潮を引いたようにいなくなることでしょう。
やっと静かなあの景観が長く楽しめることになりますが、住民の生活面の不便さや急速に進行する過疎化を考えると、
新聞記事によりますと課題は残ったまま、現況では利便性向上が望めないため今後の環境整備は欠かせないようです。

あの再開発計画では景観を壊し、観光施設を建設し、バイパス道路を作るという浮かれバブルそのものでした。
先ずは環境破壊を防ぐというのが反対運動の第一義、バイパスでここが単なる通過点になるのを防ぐのが第二義でした。
しかし、根本問題としては、再開発の有無にかかわらず過疎化と地域内交通の不便さの改善があったのです。

地元の人にぶっちゃけたお話ということでお聞きしますと、こんな不便な町で、これといった目玉産業もなく、
観光産業もこれ以上の飛躍が望めず、若者がどんどん地元を離れていくので、寂れてしまうということでした。
地元にとって一番必要なのは、観光環境保全をした上で町としての利便性向上です。
決して「ポニョの思い出」や「坂本龍馬の逗留」という過去遺産の情緒だけではないのです。

保命酒という伝統産業があり、鞆の浦という良港と観光スポットを持っている優良な土地です。
かつて、ここまでは福山から鞆鉄という鉄道が通っていました。それだけの価値ある土地なのです。
問題は町の交通が不便なだけ、それだけの資産を活かした町の活性化はやってやれないことはないはずです。
知事、市長をはじめとした行政の、よき資産を残した上での前向きな活性化策を期待したいものです。




copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.