一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201211 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201301
深泥池
深泥池#1

数年ぶりで京都北山通から深泥池(みどろがいけ)まで歩いて行ってみました。

深泥池#2

深泥池は京都上賀茂にあるにある池および湿地で、周囲は約1540mあり、池の中央に浮島があります。
およそ1万年前に古賀茂川流域の川が地殻変動などでせき止められてできたと考えられています。
河川流入もなく、孤立した湖沼のまま現在まで残っていますので、当時の自然環境が良く保存されています。
氷河期からの生き残りとされる生物と、温暖地に生息する生物が共存しており、国の天然記念物に指定されています。

深泥池#3

池の西側、および南側は有史以来人家が営まれ、近年は住宅開発も進んでいますが、
池の北東側は昔ながらの自然環境が良く残っています。
池の西側から北の岩倉方面に向かう池沿いの道路は昔のままの道幅で、
乗用車でも擦れ違いがギリギリの狭さ、路線バスの京都バスが入ると二進も三進もいきません。
そこで以前から擦れ違いのできない区間の両端に京都バスの詰め所を設け、
バスの通り抜けができるようトランシーバーで連絡を取りながら通行規制をしています。
1980年代に道路拡幅の話が起こりましたが、自然環境をどう保全するかの論議が湧きおこり、
まだその結論が出ていません。 当分京都バスの詰め所は残りそうです。

深泥池#4

池の畔に出てみますと、自然堤防に囲まれた池には水草がたくさん浮かんでいます。

深泥池#5

池の奥、北東側には手つかずの自然がそのまま残っていて、
そこにある浮島の手前の水面では鴨がゆっくりと羽を休めていました。

深泥池#6

ここは私が初めて来た子供の頃から前回来た数年前、そして今年と
数十年の時の流れがあったのですが、目に映る景色はまるで違和感なく変わっていません。
それに安堵するとともに、これから先、ここはどうなってゆくのだろうという解けない謎が、
今回も残ってしまいました。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL、SIGMA AF ZOOM 28-300mm F3.5-6.3 MACRO



本日は大晦日、今年も当一里塚ブログをご覧いただきありがとうございました。
時々ネタ切れや家庭事情で記事アップをお休みさせていただきましたが、
何とか続けてくることができ、ブログ記事数も通算1700本を数えるまでになりました。
来年も2000本号目指して続けられるよう精進したいと思っております。
まもなく新年、来る年もよろしくお願いいたします。


にしんそば


テーマ:湖岸の風景 - ジャンル:写真

絶対に!
 
絶対に!#1


犬に鳥居マークが理解できるとは思えませんが、
相変わらず困り果てている方が多いようです。
それにしてもこの看板、市販してるんでしょうか・・・・


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:◆こんなの見つけました◆ - ジャンル:写真

バスケット
 
バスケット#1


京都の上賀茂、くねった古い道沿いに建っているお宅の軒先にこんなものが・・・・
どう見てもバスケットボールのバスケットですね。
シュート練習するために作ったのでしょうか。
でも、リングからバスケットのネットが半分くらい外れてしまっています。
前の狭い道路は結構車が通るので、夢中でやってるとかなり危ないかも。
もう飽きたのか、危ないからか、何年も使っていない感じがしますがね。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:◆こんなの見つけました◆ - ジャンル:写真

本気?
 
本気?#1


今朝の日経新聞朝刊にこの広告が掲載されました。

オリンパスと言えば、ミクロの世界を切り開いてきた光学機器のパイオニア、
我ら写真機オールドファンの間でも人気の高いメーカーであります。

直近ではpenシリーズのミラーレス機を次々にリリースして気を吐く一方、
経営スキャンダルで迷走を続け、会社存亡の危機にもなっておりました。
何とか危機打開の上、カメラメーカーの旗頭の一翼を今後とも担って欲しいものであります。

さて、鉄人米谷氏の遺志を再確認したオリンパスカラーの宣言広告、会社の意志と捉えてよろしいでしょうか。
一ファンとして、これが現在の、そして将来のオリンパスの総意となってくれることを願っております。

実はこの宣言と同様の意志を持って”Ferca”を立ち上げた我らが仲間の”Ferdi”さん、
既に活動を実践され、着々とリリースに向け構想を具現化されております。
オリンパスともあろう大企業が、よもや前言を翻すことはないと私は信じたい。



テーマ:オリンパス - ジャンル:写真

京野菜
先日の当ブログで大阪野菜をご紹介しましたが、京野菜もご紹介しないと・笑

京野菜は全国的にも名が通ったものも多く、一部は出回っていたりしますので、お馴染みの方も多いでしょう。
我が家では、九条葱、壬生菜、聖護院蕪が定番ものでありますが、
他にも満願寺(トウガラシ)、堀川牛蒡、賀茂茄子、鹿ヶ谷南京などがポピュラーなものです。

さて、このお店は北山にあった京野菜を主に扱っている八百屋さん、
ついつい買い込んでしまいそうですが、帰り道のことを考え、我慢我慢。

京野菜#1

このお店では店前のガラスに「すぐきあります」と貼り出してありましたが、
「すぐき」と言えば、一般に京都名産の酸茎菜を漬け込んで乳酸発酵させたお漬け物のことを指し、
京漬物のひとつであり、「柴漬」「千枚漬」と並んで京都の三大漬物と言われています。
かなり酸味のある漬け物で、古漬けになると相当酸っぱくなります。
今頃の初冬が旬で、新漬けが出回る時期になります。

酸茎菜は賀茂川と高野川に挟まれた三角地帯からその東側の北山一帯が産地ですので、
今頃の時期になりますと、上賀茂を訪れたらあっちでもこっちでも「すぐきあります」のオンパレードです。
こちらにも「すぐき」の看板が出ておりましたが、、、、民家? 農家?
すぐきが漬かって出荷できるようになった時だけ直売をされるようです。

京野菜#2

すぐきが漬かると、一番樽を上賀茂神社に奉納する習わしがあるとのことでした。
元々すぐきは上賀茂神社で栽培されたのが発祥と伝わっていますので、
奉納の習わしは、その伝に感謝するシルシということなのでしょうね。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:おいしい野菜たち - ジャンル:写真

四天王寺五重塔
四天王寺は推古天皇元年(西暦593年)に聖徳太子によって建立され増したが、
その時に、塔の礎石心柱の中に仏舎利六粒と自らの髻髪(きっぱつ)六毛を納められたそうです。
以来この五重塔はこの地のランドマークとなり、現在でも遠くから塔を目指して歩くことができます。

四天王寺の南大門から入りますと、塔を巡る回廊の大きな中門の影に隠れてしまいます。
最近では、地下鉄利用の参拝者が多く、石鳥居のある西大門から入るのが一般的で、
南大門口の方は比較的人が少なくなっています。

四天王寺五重塔#1

では、回廊に沿って西大門の方に回ってみましょう。

四天王寺五重塔#2

西大門の下の着きました。
こちら側は結構な人出になっております。
特に何か行事がある時でなくても、立ち食いや古物の露店が出ています。

四天王寺五重塔#3


中心伽藍に踏み入るには拝観料300円が要りますので、
今回は外から眺めるだけにしておきました。


SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

サザンカ
今朝は当地でもセ氏零度を切る凍える朝となりました。
そんな冷え込む今冬ですが、我が家の前にある阪急電車高架下の生垣に、
冬の花サザンカが咲き始めました。
当地では、サザンカが咲き始めると本格的な冬が来たなぁ、と感じるのであります。

サザンカ#1

開き始めた蕾は、寒風に頬を赤らめるごとく、深紅の衣装をまとっております。

サザンカ#2

まだ、咲いている花はまばらでありますが、花に乏しい冬の季節に、
そこだけ華やかに見えるけなげさを、とても嬉しく感じます。

サザンカ#3

サザンカ#4


まだまだ花のついた数は少なく、株によって蕾の付き方にばらつきがありますが、
正月前後には華やかに咲きそろってくれるものと感じます。
その前に、洟水グチュグチュの風邪を治さねば・・・・・泪


SONY NEX-3 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

元三大師堂
四天王寺の北端、墓所のある一画に元蔵大師堂があります。
元三(がんさん)大師は比叡山中興の祖として知られる第十八代天台座主良源のことで、
元旦三日に入寂したことからこの名で呼ばれるようになりました。
おみくじの創始者と言われ、また災厄を祓うため自ら夜叉と化したと言う伝説も残っています。
大阪ではこのお堂が信仰の中心だったと伝えられ、今では「入試合格祈願」で有名です。

元三大師堂#1

ということで、ここには大きな縄で編んだ知恵の輪があり、
「頭がよくなりますように」と祈りながら潜ると御利益があるそうです。

元三大師堂#2

で、私も遅まきながら潜ってみましたが、以来20日余り、
さして効果があったようには思えませんのですよ・泪
どうやら頭の柔らかい子供の頃にやらないと、御利益は得られないようです。

元三大師堂#3

こちらにはお百度石もありまして、受験シーズンともなりますと、
親御さんが合格祈願にお百度を踏む風景がよく見られます。
どうもご本人がお百度を踏んで、というのはなかなか見られませんが、どうなんでしょう。

元三大師堂#4

先にご紹介しました四天王寺庚申堂では、三猿が乗っかっていてそれを撫でて回りましたが、
ここでは戻ってくる度に転法輪を回してお百度を踏むことになるようです。

しかしねぇ、お百度石とお堂の距離が短く、お参りのハードルは低いとは言えますが、
ここは墓所のど真ん中、お墓の中を行ったり来たりというのは、気分的に辛いかも。

元三大師堂#5

ここでお百度参りをする方は殆ど昼間ということなので、さほど恐怖は感じないでしょうが、
これが夜間で、しかも連れもなくということになりますと、まさに肝試し大会になりそうです。


SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

大阪野菜
 
大阪野菜#1


地場の野菜として「京野菜」は広く一定の地位を得ており、我が家でもよく利用します。
ところで「大阪野菜」となると、知名度は今ひとつ、既に消えたものもかなりあります。
最近では熱心な農家が大阪野菜の復活と普及に努め、八百屋にも出回るようになってきました。
まだまだ大阪ローカルの話題ではありますが、ちゃんと作られているんですよ。

上の写真は天王寺にある八百屋さんで撮ってきました。

この八百屋さんは天王寺駅近の密集地帯にあり、
雑居ビルの谷間から工事中のあべのハルカスを近くに見ることができます。

大阪野菜#2


SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:おいしい野菜たち - ジャンル:写真

急逝
 
                 急逝#1


今朝、突然訃報が届きました。
私が前職で、働き始めた新人の頃から退職するまで、
ずっと面倒を見てくださった先輩でもあり上司でもあったOさんが急逝された、と。

昨日まで普通に勤めに出られていたのに、今朝になって出勤されない。
普段からキチンとされた方なので、無断で欠勤するなんてことなど皆無でしたので、
交通事故でもと心配した勤務先が電話をしたところ、こういうことだったそうです。

公私ともご指導を受け、Oさんの背中を見て見習い、今の自分の基本を作ってくださった方です。
入社3~4年目のお正月に、一度だけ神戸のご自宅にお邪魔したことがあります。
途中で道に迷わないかと、幼いお嬢さんの手を引いて途中まで出迎えに来てくださったことを、
今でもよく覚えています。 とても気遣いのできる方でした。

私が退職してからは、年賀状の交換くらいしか交流はありませんでしたが、
3年前に、既に旧職場ではOBになった面々が集まる同窓会があり、声をかけていただきました。
男も女もそれぞれ散り散りになっておりましたが、面影ですぐに分かり、旧交を温めました。
それが殆ど25年ぶりの再会でしたが、とても楽しい時を持つことがました。

Oさんとも25年ぶりの再会でしたが、「おい」「はい」のやりとりは昔のままでしたね。
上の遺影は、その時のOB懇親会で記録で撮った中の1枚から切り出しました。
誠に口惜しく寂しい限りでありますが、大恩ある先輩を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます。

合掌



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.