一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201303 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201305
西院
西院#1

嵐電の西院(さい)駅で降り、大宮に向かう電車を見送って阪急西院(さいいん)駅に四条通を歩きます。
同じ駅名なのに嵐電は「サイ」、阪急は「サイイン」と読ませるのがちょっとややこしいですね。

元々は、この辺りは「サイ」と言い、「西院」は「佐井」から転じた宛字です。
その宛字の西院を素直に読んだら「サイイン」、現在ではサイインという読み方が普通になってきています。

その嵐電西院駅から四条通を西へ、交差する一筋目の通りに入りますと、そこは昔からの街並です。
この辺りには昔から職人が多く住み、町工場も多くありまして、いまでもその名残が残っています。
この通りにある昔からのお風呂屋さんには、いまだに「電気風呂」の看板が残っていました。

西院#2

この風呂屋は未経験なのですが、電気風呂ってのは、入ったらやはりピリピリっとくるんでしょうかね。

古くからの住宅街である町にはよくある小さな祠もきちんと残っています。
旧来の木造町家、長屋、商店などを建て替えてビル化しても、
その壁面を凹ませてスペースを確保し、ちゃんと残していました。

西院#3

この辺りは中京区と右京区の境目にあたり、町名は壬生西土居ノ内町と言います。

西院#4

文字どおり、秀吉の時代に洛中の防御を固めるお土居が築かれたところにあたり、
当時の京都市街の西はずれの場所になります。

阪急西院駅があるのは、西大路四条交差点の南西側で、
西大路通の更に西側には佐井通という道路が南北に通っています。
佐井通は元々は川筋のあったところで、その川は佐井川と言われていました、
佐井川は賽の河を想起させる名付け方で、平安京の頃にはそこまでが洛中で向こうは洛外、
魔界として扱われ、葬式の後葬送でそちらに遺体を運び葬った場所になります。
更に西には京極と呼ばれるところがあり、そこが京都市街の影響が及ぶ最外殻でありました。
東側にも現在新京極という名で残っている通りがあり、そこが東の最外殻でした。

・・・と、いろんな歴史を感じつつ、阪急西院駅で電車を待つことになりました。
昭和6年に地下化されてから残るこの駅は、基本構造が開設時と変わっていませんので、
クラシックな雰囲気がいまでも味わえます。

西院#5


PENTAX K-x / smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

嵐電アラカルト
今回の御室と車折はいつもの嵐電で回りましたので、
私の乗った色とりどりの嵐電の電車をご紹介します。

御室に行くまではカメラを仕舞い込んでいましたので、御室からの帰り道から。
北野発帷子ヶ辻行きの北野支線電車がやってきました。
この電車は嵐電の中では標準色、これを見れば嵐電というカラリングです。
嵐電アラカルト#1

御室を出て宇多野-鳴滝間の超有名スポットを通ります。
以前お仲間をお連れした桜のトンネルであります。
あの時も、そしてこの日も桜は咲いておりませんが、雰囲気は分かっていただけるでしょう。
嵐電アラカルト#2

帷子ノ辻につきまして、本線の大宮発嵐山行きの電車に乗り換えます。
嵐電アラカルト#3

この日は観光客も多く、車庫の電車総動員で、電車は全て2両編成で走っていました。
連結部では通り抜けできませんので、車内改札の車掌が2両目に乗り込みます。
嵐電アラカルト#4

お仲間をご案内した時にもお話ししましたよねぇ、
2両編成の時に乗るのは2両目ですよ。 1両目に比べて随分空いています。
この電車の2両目もこんな感じの乗車率です。 上の写真の1両目では立っている人がいます。
嵐電アラカルト#5

車折神社駅に着きました。 電車は嵐山に向かって走り去って行きます。
嵐電アラカルト#6

車折神社、芸能神社を回って再び車折駅に戻って来ました。
今度は嵐山発大宮行きの電車に乗ります。
嵐電アラカルト#7

その電車で道路併用区間で車との並走を楽しんでから、西院駅で降車です。
西院は「サイ」と読みますよ。 賽の河原のサイですよ。
嵐電アラカルト#8

私はここで阪急電車に乗り換えて、帰宅したのであります。


PENTAX K-x / PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

芸能神社
車折神社の中に芸能神社があるのは、行ったことがある人なら誰でも知っているでしょう。
名前を聞けば誰でも知っているあの歌手や役者から、修行に入ったばかりの舞妓や芸人など、
それはまぁピンからキリまで、こちらに上達や繁盛の祈願にやってきます。
ひょっとしたら全国的には、この芸能神社のほうが有名かもしれません。

その芸能神社は車折神社の表参道沿いにあります。
画面奥の突き当りが車折神社本殿です。
そして、この写真の右側、赤い垣根で囲われているのが芸能神社です。
芸能神社#1

その中ほどの東向きに入る入り口鳥居の奥に芸能神社の拝殿があります。
芸能神社#2

拝殿のガラガラのところはこのように三社札の嵐、隙間なくべたべたと貼られています。
芸能神社#3

一部をアップにして見ますとこのとおり、知ってる人から知らない人まで、こんな感じですわ・笑
多分古いのは、上に重ね罵詈されて見えなくなってしまってるでしょうね。
芸能神社#4

周りを取り囲んでいる赤い垣根は、寄進された名札なのであります。
何がしかの寄進をして祈念のお祓いをしてもらい、奉納します。
芸能神社#5

これはどのようなルールで並んでいるのか知りませんが、
結構入れ替わりが多くありまして、行く度に読んで回るのが楽しみの一つです。
芸能神社#6

裏の駐車場から芸能神社を眺めてみますと、この見え方です。
ここは、どこから眺めても華やかでありますね。
芸能神社#7

車折神社に行く楽しみの一番は、ひょっとしたらこの芸能神社を見ることかもしれませんね・爆


PENTAX K-x / smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


テーマ:お寺・神社 - ジャンル:写真

車折神社の桜
車折神社内にも多くの桜が植えられていますので、こちらの境内を散策するだけでもじっくりお花見が楽しめます。
こちらではソメイヨシノというポピュラーな品種が見当たらず、日本在来種の桜が各種楽しめます。
京都ではソメイヨシノはもう既に葉桜となって散っていましたが、ここでは今が盛り、満開の桜が楽しめます。

これは、昨日ご紹介したあのおねえさんが感激した桜であります。
車折神社の桜#1

車折神社拝殿、本殿の前庭を社務所側から眺めると、こんな感じです。
車折神社の桜#2

その庭に入り、外から眺めた桜を正面から見直してみます。
なかなかいい姿をしていますね。
ご祈祷を受けたいお願いを書いた祈念神石の奉納場所は、
この左側にある松の木と社務所に通じる鳥居の間にあります。
車折神社の桜#3

こちらは八重のサトザクラ、艶やかではありませんか・笑
車折神社の桜#4

ここは車折神社の南側正面、本来の表参道から神社境内に入るところです。
元々はここからお参りするようになっていたようですが、現在は閉じられていて、
嵐電の駅から入る北側の裏参道、社務所の方から入るようになっています。
車折神社の桜#5


この日はTVドラマ、多分ミステリーもののロケでしょうか、
10人ほどのクルーが来て役者に芝居をさせていました。
たまたまタクシーで来ていた修学旅行の中学生たちが、
タクシーの運ちゃんと一緒に嬉しそうに見物していました。
ここではよく、京都もののドラマロケが行なわれています。
ここには、山村紅葉は来ておりませんでしたけどね・笑


PENTAX K-x / smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


テーマ: - ジャンル:写真

車折神社
人で沸き返っている仁和寺を後に、ちょいと静かなところに行きましょう。
嵐電北野支線の御室仁和寺駅からチン電に乗り、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅で本線に乗り換え、
車折神社(くるまざきじんじゃ)駅まで足を伸ばします。 と言っても、十数分のプチ乗車ですが。

以前にも何度かご紹介しましたが、車折神社駅はその名のとおり車折神社に直結していまして、
電車のホームから道路に下りると、そこはもう車折神社の参道です。
この日に乗った電車からは、これだけの人が車折神社に向かいました。
車折神社#1

ここに来る観光客は、どちらかと言うと女性の方が多いようです。
緑のトンネルになっている参道を抜けますと、社務所の前に着きます。
鳥居をくぐった左側が社務所、右側が拝殿であります。
先を行くおねえさんが立ち止まり、上を見上げて「うわぁ~~」と歓声を上げました。
車折神社#2

おねえさんの目に映った鳥居下から眺める景色がこれであります。
入ってすぐにこの光景だと、たまりませんよねぇ。
車折神社#3

いま通ってきた参道を振り返りますと、こういう道筋であります。
突きあたりの鳥居前を左に折れた向こうが、もう嵐電の車折神社駅なのであります。
私はこの地味な景色がここで一番好きなのでありますよ。
車折神社#4

こちらが車折神社の拝殿であります。
鳥居下の朱色の囲いは、祈願成就の祈念神石を奉納する台なのであります。
車折神社#5

拝殿の奥には、立ち入ることはできませんが本殿が密接してあり、
その前で極彩色の狛犬が見張り番を務めています。
車折神社#6

何やらちょいと怪しい雰囲気も感じますが、至極マジメな神社でありまして、
多くの氏子のみならず、広く厚い信仰心を受け、宮参りやご祈祷で訪れる人も多いのです。

お願いごとをしたい時には、「祈念神石」に願い事を書き込み、ご祈祷を受けるようになっています。
お願いする時には拝殿から少し離れた祈念神石奉納所へ納め、後で神官にまとめてご祈祷していただきます。
祈念成就の暁には、御礼報告の祈念神石を拝殿前のこの場所に奉納します。
車折神社#7

願いが叶ったお礼奉納の祈念神石を拝見しますと、
何やら複雑な人間模様を感じさせるものもありますねぇ・・・・


PENTAX K-x / smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


テーマ:お寺・神社 - ジャンル:写真

仁和寺の桜など
嵐電御室仁和寺駅から直線の上り坂を北に進み、二王門の石段を上がるとお馴染みの広い仁和寺境内が見えます。
仁和寺の桜など#1

仁和寺本体の境内に繋がる広い前庭とも言える幅広の参道に足を踏み入れますと、
その道筋にそれぞれが謂われのある桜が植えられています。
仁和寺の桜など#2

そこに観光客を誘うように「御室桜満開」の看板が出されており、
いやが上にも期待を抱かせてくれます。
この子は、入園式か入学式の記念写真が桜満開とタイミングが合わなかったのかしらね。
ここで嬉しそうにカメラに収まっていました。
仁和寺の桜など33

そんな桜の中には、こんなのもありました。
皇太子、浩宮徳仁親王お手植えの桜だそうです。
仁和寺の桜など#4

さて、いつもならすすいと進んで中門に向かえるのですが、
この仁和寺では、時折途中に関所を設けて拝観料500円也を徴収しております。
御室桜が見頃になったこの日は、大勢の客が押し寄せるし警備や案内にも人手をかけるから、
ということなんでしょう、関所に引っかかってしまいました。 普段は入場無料なのになぁ・・・・
常連の参拝客相手でしょうか、案内役のお坊さんが一所懸命に説明しておりました。
仁和寺の桜など#5

泣く泣く500円を払い、中門に辿り着き振り返りますと、人出はまぁそこそこですかね。
朝から来ていた外人観光客などは、もう見て回って帰路についております。
これでも午後になりますと、この倍以上の人出になるでしょう。
仁和寺の桜など#6

中門から中がいよいよ仁和寺の本体エリアになります。
土塀の瓦にも、いちいち仁和寺刻印の特注品が使われています。
仁和寺の桜など#7

メインイベントの御室桜は昨日ご紹介しましたので、そこを通って奥に入ったところに回ります。
そこには関山(かんざん)という華やかな小ぶりの桜がありました。
サトザクラ系の八重咲き品種だそうで、花の色は紫紅色と濃く、花弁が30~50個あるとのことです。
なるほど、実にゴージャスな桜でありました。
仁和寺の桜など#8

隣のエリアでは見事な枝垂れ桜も咲いていまして、
その下ではマットを敷いてお花見弁当を拡げている人もいました。
関西では花見でへたり込む人が少ないので、少々どころか、かなり目立っています。
こんなに人通りの多いところで、何ともないんでしょうかねぇ。
仁和寺の桜など#9

仁和寺の桜など#10

いっ時の桜の派手な騒ぎとは無関係に、五重塔はいつもと変わらず凜として建っておりました。
仁和寺の桜など#11

今の時期、仁和寺といえば、花ならば御室桜を筆頭に桜づくしのように思えますが、
このようなツツジの珍種も競うように咲いておりました。
普通に見るツツジよりも花が小ぶりで花弁も細身、
それでもじっくり見ると、紛れもなくツツジの姿でありました。
仁和寺の桜など#12


仁和寺は有名どころですので、いつも人出が多くてなかなか行かないところなのですが、
意を決して行ってみると、やっぱり行ってよかったと思える名刹でありました。


PENTAX K-x / smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5、 smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ: - ジャンル:写真

御室桜
京都の仁和寺に咲く御室桜(おむろざくら)は、仁和寺の中門を入ってすぐの西側の一画だけに咲く桜で、
樹齢200年、300年になっても樹高がせいぜい3m程度にしかならない桜の総称です。
樹種は日本在来種なので、ソメイヨシノと違い、花が咲くとすぐに葉が出て、満開も2週間ほど遅いです。

その御室桜がちょうど満開を迎えたと聞きましたので、人出が多いのは分かっていましたが行ってみました。
やっぱり相当な人出でありますね。 外人観光客も多く、ツアーガイドが旗を持って案内していました。
御室桜#1

ちょいとしゃがんで桜園を覗いてみますと、いい雰囲気ですねぇ。
御室桜#2

御室桜というのは、桜の品種ではなく、この場所に咲く桜の総称のようです。
この桜園がある場所は、地下2mくらいからかなり固い粘土層になっているので、
ここに植えた桜は根が浅くしか張れず、樹高が伸びなくなってしまうとのことでした。
中には場所に恵まれたのか、5mくらいまで背伸びできているのもありましたが・笑
私が見た限りの話ですが、どうやら最低でも3~4種の品種が植わっています。

この桜は、かなり色白の品種ですね。
御室桜#3

こちらは芯のところが赤い品種ですね。
御室桜#4

こいつは花弁が八重で、かなり赤味が強い品種のようです。
御室桜#5

園内の散策路は、満開を見に来たお客でかなり混雑していまして、案内の係員も結構配置されていました。
中には見張り番でしょうか、立ち入り禁止の樹林の下でゆっくり眺めてる羨ましい方もいらっしゃいました。
御室桜#6

ここは桜園の一番奥の辺りですが、この辺りは根の張れる土壌が特に薄いのでしょうか、
目だって背の低い桜が固まって植わっていました。 幹を見ると結構な樹齢に見えるのですけどね。
御室桜#7

この一番奥から仁和寺の五重塔を見やりますと、
桜の頭越しにすっくと建ってるのが見え、これまたいい雰囲気なのでありますよ。
御室桜#8


相変わらず大勢の観光客が来ていて、少々人に酔ってしまいましたが、
それでも、思ったほどの大混雑ではなくて、人の流れの中で十分に花見を堪能できました。
円安の影響でしょうかね、外人さんの人出もかなり戻ってきているようです。
英語、スペイン(ポルトガル)語も結構聞きましたが、大声の中国語も聞いてしまいました・泪


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL、 smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


テーマ: - ジャンル:写真

ヤマザクラ
 
ヤマザクラ#1


今日、職場の前に1本だけあるヤマザクラがほぼ満開まで来ました。

当地でソメイヨシノが満開になったのが3月末、
遅れること10日ほどですから、ほぼ平年のペースですかね。
後方はソメイヨシノが十数本並ぶ並木になっているのですが、
そっちはもうすっかり葉桜、花びらはほぼ散ってしまっています。

濃いピンクの花弁をつけた八重の桜、私はこっちの方が好きですねぇ。

(携帯電話の100万画素カメラで撮りました)



テーマ: - ジャンル:写真

桜・エキスポランド跡地
エキスポランドは、かつて大阪万博に付帯していた遊園地でした。
1970年に開催された大阪万博のアミューズメントゾーンとして併設され、
万博閉幕後半年ほどかけて再整備されて独立施設として営業を再開しました。
敷地面積が約20haもあり、緑も多く、ずっと大きな集客を誇ってきましたが、
2007年のGWに超人気のジェットコースター「風神雷神II」の不幸な死亡事故で一時休園、
3ヶ月後に再開したものの客足が急速に落ちて休園、そして倒産、
2009年2月で再開を断念して閉園してしまいました。

以来遊戯施設の撤去が進んでほぼ完了、一部施設だけが保管庫として残っています。
ごく一時的な園芸イベントなどはあったものの、近年は園内に客を入れることはなく、
撤去痕は徐々に自然に返りつつある状況です。
跡地利用についても、いくつかの事業化案が出ては消え、未だに定まっていません。

現在は、周囲を背の高さ以上のネズミ返しのついたフェンスで厳重に囲われ、
外から覗き込んで内部をうかがい知ることしかできません。

正面ゲートから覗くと、かつてのメインストリートと桜並木がその面影として見ることができます。
撤去前のメリーゴーランドや大観覧車が、かつてはこの背後に見ることができました。

桜・エキスポランド跡地#1

誰も立ち入れない遊園地内では、大きく育った桜が今でも見事な花を咲かせています。

桜・エキスポランド跡地#2

桜・エキスポランド跡地#3

北ゲートの近くには静態保存の国鉄D51が、屋根はないもののきれいな状態で保存されていました。
これは外の自由通路沿いにありますので、入場しなくても手の届きそうな距離で見ることができました。
周りは雑草に覆われ、動輪は見えなくなりましたが、D51だけは今でも元の場所に置かれています。
かつては、この背後にエキスポランド名物の5本のジェットコースターのレールが輻輳して通っていました。

桜・エキスポランド跡地#4


エキスポランド営業中は、先にご紹介しました南ゾーンのスポーツエリアへの行き帰りの道筋で、
ジェットコースターの走行音や乗客の絶叫、ウォータースライダの乗客の歓声などを聞きましたが、
現在は風の音と小鳥のさえずりしか聞こえてきません。

この広大な敷地はこれからどうなるんでしょうかねぇ。
元々のスポーツエリアに近いこともあり、緑多いスポーツ施設というのが有力候補でした。
ガンバ大阪の新スタジアムという話も出ていましたが、現在J2に落ちてるしなぁ・・・・


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF ZOOM 18-200mm F3.5-6.3 LD XR DiII [IF] MACRO


テーマ: - ジャンル:写真

桜・万博公園
3月末から始まった万博公園の桜まつりですが、
今年はちょうど満開にあたっおかげで、公園管理者側はホッとしていることでしょう。

桜・万博公園#1

万博公園にも好天と満開に誘われて続々と花見客が押しかけていましたが、
私の目的地は人の押し寄せる自然文化園や日本庭園ではなく、
万博公園の外周道路外にある南ゾーン、勿論無料で入れるのであります。
ここにはガンバ大阪のクラブハウスや野球場などがあり、スポーツエリアとなっています。
その名神高速道路と中国縦貫道路のコーナーにある公園の桜が見事なのであります。

ここはいつも人が少なくて静か、知る人ぞ知る散策エリアであります。
私が訪れたこの日も、ご覧のように満開の桜に群がる人は全然おりません。

桜・万博公園#2

この辺り一帯は1970年の万国博覧会閉場後に整備されたエリアでありますので、
植えられたソメイヨシノも樹齢が30年から40年くらい、樹勢の一番良い、見頃の木が揃っています。

桜・万博公園#3

桜・万博公園#4

ここは毎日モノレールの車窓からいつ行こうかとチェックしていたところです。
この日の車窓からのチェックでは、こんな感じでした。 間違いなくGO!で正解でした。

桜・万博公園#5

ここにはジョギングを楽しむ人、スポーツバイクを楽しむ人がよく訪れています。
この日もスポーツサイクリストが立ち寄って花見を楽しんでいました。

桜・万博公園#6

一番奥は保全用道路がロータリーのようになっていまして、その周りを桜の木が囲んでいます。

桜・万博公園#7

このエリアの桜は殆どソメイヨシノですので、一斉に満開が来ていました。
見てのとおり、見上げればピンクのドームであります。

桜・万博公園#8

桜・万博公園#12

満開を迎え、前夜に雨と風にさらされていますので、既にかなりの花びらが落ちていました。
残った水たまりは、落花の花びらで蓋をされていました。

桜・万博公園#9

ここは結構な広さがあるのですが、座り込んで花見をしている行楽客は、、、、
この女子中学生の1グループだけでありました。
さすがに酒盛りはしておらず、爽やかな茶話会のご様子でした・笑

桜・万博公園#10

この公園の北側をモノレールが走りすぎて行きますが、
あの車窓から眺めると、私がご紹介したあの景色に見えるのであります。
まさか、ここまでの見事な花見所に見えないところが、奥ゆかしい、、、かな・爆

桜・万博公園#11


さて、このとっておきの場所が、いつまで静かな名所でいてくれるでしょうか。
できることなら、ずっとこのままでいて欲しいのですがね。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF ZOOM 18-200mm F3.5-6.3 LD XR DiII [IF] MACRO
                  Tokina AT-X 124 PRO SD 12-24mm F4 (IF) DX

テーマ: - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.