一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201307 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201309
盆休み
 
盆休み#1


世の中お盆休みで、私のようにカレンダーどおりの出勤となっているサラリーマンは、やはり少ないようです。
今日も、いつもの千中セルシー一服ゾーンからぼんやりと広場を眺めてみますと、
いつもなら通勤でせわしなく大勢が行き来しているのに、明らかに人が少なく、パラパラといった感じでした。

世間で「お盆だから休み」というのは、変わらず根強く残っているようです。
通勤電車も、最大公約数で統計をとったのでしょう、8月13日~15日が休日ダイヤになっていました。
私の出勤も、電車の間引きと乗り継ぎ待ちで、普段より15分到着が遅れています。

一般にお盆は旧暦の7月13日から16日の4日間とされていますが、
地方色豊かなローカライズされたバリエーションも多いようです。
一番の違いは暦への合わせ方でしょうか。
①旧暦(太陽太陰暦)の7月13日から16日  (本来の姿)
②新暦(グレゴリウス暦)の7月13日から16日  (見た目の日付だけを合わす)
③新暦の月遅れで、8月13日から16日  (旧暦の季節感と合わせる)

①は、新暦ベースで動いている社会で、毎年新旧日付がずれるといろいろ支障が出るので、
次第にすたれてきて、一部の地域で行われるだけのやり方になっていますが、
本来の15日は満月、その翌日にお送りするという趣旨とは矛盾しません。

②と③はカレンダーとの違和感をなくすために新暦の導入に伴って考案されたようで、
お月様の姿形には目を瞑り、②の7月は都会地で、③の8月は田舎で、という住み分けをして、
お互いの親類縁者が、それぞれの所へ行き来しやすいようにと考えられたようです。
でも、働き蜂はまとめて休んで帰郷なんてできない状況に、双方の休みを合わせる方向になり、
③の月遅れで行うのが大勢を占めるようになってきたと感じます。

日付も12日からというところもあり、厳密にいつからいつまでと決まったものはありません。
しかし、12日のTVニュース報道系バラエティ番組で、
司会者が「今日(12日)は盆の入りです」などと当然のごとく言ってました。
キー局のある地域、あるいはその司会者の慣習で12日なのかもしれませんが、
全国ネットの番組であるならば、もちょっと配慮するデリカシーと自覚がほしいところです。

ちなみに私んとこでは、
8月13日に迎え火を焚いてお迎えし、16日に送り火を焚いてお送りする、
子供のころは家の前でリアルに薪を燃やしてやっていました。
しかし、街中で火を焚くことがだんだん難しくなってできなくなり、
迎え火をやらなくなり、京都五山の送り火が16日夜に行われますので、
それで代用してお送りする、そんな風に変わってきています。

また、お盆の法事や墓参も、14日か15日のご先祖様がいる間に執り行うのが本来ですが、
年寄りが増えたことと、移動の殺人的な混雑を避けるということで、
16日の送り火の後の土日で集まれるときは集まることにしています。
「やろう」「やってほしい」という本家筋は若い人でも70代半ば、
すたれる日が来るのはそう遠くないでしょう。

お盆休みと言っても、近年では法事を口実にした遊興遊山の色が濃くなってますので、
それでいいんじゃないでしょうかね。 杓子定規に縛ることもないでしょうし。



FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.