一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201309 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201311
自転車
 
自転車#1


KODAK EasyShere V570


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

天空の城 4
朝霧が一番濃かった夜明けの前後、城址から眺める景色は全て雲海の下でした。

天空の城 4#1

自分が立っている天守台、櫓台からの眺めも全てが靄の中、
何かを考えようとする時に、全てを無にリセットして新たに臨める気分になってきます。

天空の城 4#2

この当時でも展望を楽しめるベンチがいくつか設けられていました。
しかし、この日はここに座っても、霧に煙る遠景が墨絵の世界のように見えるだけです。

天空の城 4#3

そこに現れたこのお方、足元は千尋の谷がごとき絶壁ですので、
大丈夫かいな、と心配になりましたが、実は・・・・
後で知ったのですが、この方は3日に1度はここに上り、
40年以上も竹田城趾の記録を撮り続けているアマチュアカメラマンでした。

F4_213c.jpg

この方が先日TVのインタビューに出られて、
「皆さんがここを知ってくれ、来てくれるのは嬉しいけど、
自分の居場所がだんだんなくなってきた」
と仰っていたのが印象的でした。

観光開発と史跡の保存、難しい問題ですね。
賑わいを嫌って再訪する意欲の失せた私の気分と合わせ、
複雑な気持でこれらの過去作写真を見直しておりました。

多分、もう行くことはないと思われる場所の、当時の姿を自分のために再整理しました。


2006. 11. 19  竹田城趾
NIKON F4 / Ai AF-NIKKOR 28-70mm F3.5-4.5D、SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm F2.8 HSM / FUJICHROME TREBI 400


テーマ:城のある風景 - ジャンル:写真

天空の城 3
夜明けの直後に足元を見下ろしますと、一部に朝霧の切れ目が見つかりました。
この後、また霧がわき上がってきて雲海のごとくなるのですが、
ほんの数分間だけ、間もなく目覚めようとする静寂の町を見ることができました。
まだ町は眠ったままで、所々に早起きの家から窓の明かりが見える程度です。

天空の城 3#1

天空の城 3#2

ちょうど山裾に近いところに鉄道の駅があり、もう始発列車が動き始めています。
駅の周辺には市街地が広がっていて、そろそろ朝の支度が始まる頃になってきました。

天空の城 3#4

天空の城 3#3

市街地から城址のある山を挟んだ反対側は近年になって開発された地域です。
工場が誘致され、高速道路が開通しています。

天空の城 3#5

夜明け頃には朝靄の中で眠っていた景色も、
30分も経たないうちにはっきりと見えてきて、道路に車の姿も見えてきます。

天空の城 3#6


朝の30分で景色はがらっと変わってしまいますね。


2006. 11. 19  竹田城趾
NIKON F4 / Ai AF-NIKKOR 28-70mm F3.5-4.5D、SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm F2.8 HSM / FUJICHROME TREBI 400


テーマ:城のある風景 - ジャンル:写真

天空の城 2
夜明け直前になりますと、全く下界が見えなくなり、竹田の町を取り囲む山の端がのぞくだけになります。

天空の城 2#1

夜明け直後になると周りは明るくなり、雨雲の薄くなったところからの光を受けて、
言葉にならないほどの幻想的な景色が眼前に展開してきました。

天空の城 2#2

竹田城は山の尾根の地形を活かして築城されていますが、
夜明け直後では隣の峰にある城郭台も霧の中に浮かんで見えます。

天空の城 2#3

夜が明けて半時間も経たないうちに、霧はどんどん晴れてゆき、
上の方から次第にきれいに見通せるようになってきました。

天空の城 2#4


朝霧、朝靄の中での撮影は、数分違うだけで全く見える景色が違ってきますので、
この日の撮影は小一時間で済んでしまいましたが、その間ずっと山の上を走り回っていました。


2006. 11. 19  竹田城趾
NIKON F4 / Ai AF-NIKKOR 28-70mm F3.5-4.5D、SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm F2.8 HSM / FUJICHROME TREBI 400


テーマ:城のある風景 - ジャンル:写真

天空の城 1
兵庫県朝来市に竹田城という廃城となった山城があります。
ここには2006年11月19日に行って撮影し、当時旧画像掲示板にアップしましたが、
このところ数年で一気に有名になり、人が押し寄せ大混雑という状況になっているようです。
あの頃は他に来る人も殆どおらず、実に静かな廃城でした。
最近リクエストもありましたので、再編集して記事にしてみました。

14世紀の中頃、但馬守護山名氏の支城として築城されたが、羽柴秀吉に攻略され秀吉の居城となり、
秀吉によって堅固な山城に改修され、後に赤松氏に与えられた、という経緯があります。
赤松氏は関ヶ原の合戦で西軍に組みし、敗れた後に召し上げられ、以来廃城となってしまいました。
それからは城の石組みが残るだけの城跡ですが、ここからは竹田盆地の城下が一望でき、
また冬季の朝霧でも有名なので、夜明け前から仲間と出かけ撮影してきました。

雨の翌朝の冷え込んだ晩秋から初冬というのが発生条件で、年に何度も見られるものではありませんが、
狙って行った日にラッキーにも遭遇することができました。
山を下りてから地元の人に「幸運だったね」と言われました。

あいにくこの日は朝も雨が残り、霧が濃すぎるくらいの出方でしたが、
日が昇るに連れ景色が見えだしました。

天空の城 1#1

雨の初冬の夜明けでしたので、朝靄がモクモクと上がってきて、
あれよあれよと言う間に山城は雲海の中に埋もれてしまいました。

天空の城 1#2

天空の城 1#3

天空の城 1#4


本来は城址という光景をもっと撮影すべきであったろうと、今となっては思いますが、
この時はその雲海の迫力に圧倒され、記録性まで頭が回りませんでした。
そのうちきちんと撮り直そうと思いながら、年に何度かしか雲海のチャンスは来ず、
更に観光客が幾何級数的に増えてきて賑わうようになり、戦意を削がれてしまいました。
あまりの観光客の来訪で通路や石垣の破損、放置ゴミ問題や周辺道路の渋滞が深刻になり、
今年からは遂に入山料の徴収を始めたそうです。
再訪を果たせぬままですが、静かな当時の撮影記録としてアップします。


2006. 11. 19  竹田城趾
NIKON F4 / Ai AF-NIKKOR 28-70mm F3.5-4.5D、SIGMA APO ZOOM AF 70-200mm F2.8 HSM / FUJICHROME TREBI 400


テーマ:城のある風景 - ジャンル:写真

ゆめぴりか
 
ゆめぴりか


何年か前に北海道の写友foresterさんから「友人とこでいい米ができた」と送っていただきました。
当家では長年「あきたこまち」を食しており、また「北海道の米は・・・」という先入観もあり、
「どんなもんかねぇ」と当初は正直なところ半信半疑でいただいたのです。

・・・が、この米、炊いて食べると実に美味い!
普通に茶碗飯にしてご飯としていただいても、気になる臭いもなく美味しいのですが、
あきたこまちよりはもっちりとして噛み応えがあり、さっぱりとして淡泊な香りと味です。
米粒がはっきりしていて潰れず、カレーライスや丼物、おじやにしても具に負けません。
炊き込みご飯にしても、肝心の米粒がベチャッとならないので、美味しくいただけます。
「これ、結構美味いやん。いけるやないか」というのがその感想でした。

あきたこまちばかりでは飽きるし、たまにはこっちも買って炊こうよということになり、
出入りの米屋に言いますと「うちでは扱ってないんで・・・」とのこと、、、、残念。
ところが今年、新米が出回るとともに「今年から扱いを始めました」と連絡してきました。
そらええわ、と早速注文して届けてもらった次第です。

暫くぶりにあの味を楽しませていただきましょう。
あきたこまちより少々高めなのが、ちょっと残念ですが。


KODAK EasyShere V570


テーマ:旬の食材 - ジャンル:写真

土砂降り
このところ毎週のように台風が接近し、直撃や上陸にならずとも、
彼方を通り過ぎるだけで土砂降りの豪雨に見舞われています。

今日も今日とて、台風27号に刺激された前線が大暴れ、
勝手口の扉を開けて外を見るだけで雨の飛沫がかかってきます。
家の前を高架で走る阪急電車の中は快適なのでしょうが、
電車に乗るまでたかだか5分なれど、
傘を差して歩くだけでズボンの裾はびっしょりであります。

土砂降り#1

それでも通勤や買い物で外出せざるをえませんから、
皆さん完全防備で雨に備えますが、吹き込んだ雨と汗で中はビッチョリです。

土砂降り#2


昔は少しコースを外れた台風は、「今度は雨」「今度は風」と分かり易かった気がします。
最近のは中途半端に両方が来て、グズグズと長引いて鬱陶しい限りです。
特に今秋は波状攻撃的に台風が襲ってきていますし、ハンパない雨量ですから、
今まで大丈夫だった地域でも耐えきれずに洪水や土砂崩れになり、甚大な被害になっています。
我家は大阪府下で自然災害からは一番安全な地域にありますので、
これまでは比較的おっとりと風対策だけしてればよかったのですが、
ひょっとしたら、この先このままで気楽に過ごせなくなるかもしれませんね。


SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


テーマ:雨の景色 - ジャンル:写真

ギター教室
 
ギター教室#1


決して裏焼ではありません。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:京都の写真 - ジャンル:写真

駅の足湯
嵐電嵐山駅構内のの足湯は、
暫く行かないうちに随分ファッショナブルに飾られていました。
料金は、タオルがついて150円と、前と変わっていませんでした。


駅の足湯#1


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:京都の写真 - ジャンル:写真

クラシック
 
クラシック#!
 何か妙に似合ってます。


クラシック#2
 それにしても結構な人出ですね。
 背景の左端にこんもりと写っているのが岩田山です。
 提灯の後ろ正面が嵐山、その右が鳥ヶ岳、その奧の高い山が松尾山山系です。


この光景を見たら、あの洪水で浸かっていたとは見えません。


PENTAX K-x / smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL


テーマ:京都の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.