一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201405 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201407
男山展望台
ケーブルカーの男山山上駅はまだ山頂には届かず、そこからなだらかな坂道をたどって石清水八幡宮に至ります。
そして駅のすぐ横に急な石段があり、それを上れば通称八幡平という山上台地の展望台に出られます。
今回はお参りをせずにその展望台に上がり、京都を眺めることにします。

男山展望台#1

手すりを持たないと怖いくらいの急な石段を上りきると、山上の緑濃い台地が広がっています。
ここには八幡さんにお参りしてから、緩やかな山道を通って来ることもできます。

男山展望台#2

ここは知る人ぞ知る眺望の良いスポットですし、竹細工の教室も開かれる工房もありまして、
来たついでにここへ立ち寄る人も多いのです。 私はついでではなくメインなのですが・・・・

男山展望台#3

工房の横のちょいとした休憩所では、この日は観光客も少ないと読んだのか、
竹細工の職人さんが黙々と加工作業をやっていました。
陽気はいいし、好天だし、風の通る屋外作業は心地よいでしょうね。

男山展望台#4

この工房前を通り抜けた先に展望台があるのですが、この八幡平は意外と広く、
古木に囲まれた広場は適度な木漏れ日に包まれて、とても心地よいのです。

男山展望台#5

ここが展望台です。
宇治から京都盆地全体、淀川を通して天王山あたりまで、空気と目が良ければ一望できます。

男山展望台#6

展望台の一画には谷崎潤一郎の立派な文学碑が据えられています。

男山展望台#7

谷崎の小説 『蘆刈』 は大山崎から橋本へと渡る淀川の中州が舞台であり、
中で、男山にかかる月に見惚れる描写があることから、谷崎生誕百年記念事業で建てられました。

ちょいと記事のボリュームがオーバーしてきましたので、展望台からの眺望は明日に繰り延べます。


SONY NEX-6 / E 10-18mm F4 OSS


テーマ:野山 - ジャンル:写真

ケーブルカー
久しぶりにケーブルカーに乗ってきました。
京阪電車の男山ケーブルです。

ケーブルカー#1

男山は京都府八幡市にある山で、頂上に石清水八幡宮があり、初詣の参拝客で賑わいます。
標高143mの鳩ヶ峰というのが正式名称だそうですが、男山という通称で呼ばれるのが普通です。

男山ケーブルは京阪本線の八幡市駅前と山上を結ぶ路線で、線路距離は約400m、
標高差100m程を結び、石清水八幡宮の参拝客の足となっています。
運行ダイヤは日中15分ごとが標準ですが、閑散時には30分おきに間引かれます。
実は、年間参拝客の半分以上は正月の初詣客に集中しますので、
そのときには、通常時速8Kmでの運転が時速12.6Kmにアップされ、ピストン輸送体制となります。

車両は京阪電車直営らしく、京阪特急(旧)色となっています。
ケーブルカー#2

この便の乗客は5~6人と閑散、余裕で先頭のカブリつき席を確保できました。
急傾斜の線路、線路の間のガイドプーリーとケーブル、ケーブルカーならではの景色が楽しめます。
ケーブルカー#3

駅を出ると切り通しの急坂を左カーブで上り、
中間点のすれ違いポイントの直前から山上までは直線になります。
ケーブルカー#4

ちょうど中間点のすれ違い区間は短いトンネルの中にありました。
上から下ってきた車両とここですれ違います。
複雑に分岐する線路とケーブルの組み合わせは、ケーブルカーならではの景色です。
ケーブルカー#5

ケーブルカー#6

中間点のトンネルを抜けたあたりで今度は峡谷を鉄橋で渡ります。
ケーブルカー#7

鉄橋を渡るとすぐに本格的なトンネルに入ります。
その入口にある勾配標識は「203」、203‰ですから100mで20.3m上ることになります。
ケーブルカー#8

『今は山中・・・・・・・・今は鉄橋渡るぞと、思う間もなくトンネルの・・・・』の唱歌のようなシーンを通り、
トンネルを抜けるとすぐに山上駅に着きました。
ケーブルカーは先頭席だけが山上を向き、残り全ての席は下りを向いています。
ケーブルカー#9


たった3分間の乗車ですが、変化に富んだ景色を眺めて興奮してしまいました・笑


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

梅雨入り
 
梅雨入り#1


当地大阪では6月4日に梅雨入り宣言がでました。
あれから3日で日本列島は、北海道を除いて一気に梅雨入りしてしまいました。
南岸沿いでは集中豪雨の様相を呈しているようですが、
当地ではショボショボと降ったり止んだり、女々しい雨模様が続いています。
蒸し暑いことは蒸し暑いのですが、朝晩などは梅雨寒を感じさせるほど、
暫く前の一気に来た猛暑はどこに行ったのかという案配です。

この雨を受け、我が家の庭のアジサイが一気に花開いてきました。
梅雨入り直前までは蕾だったのですが、この雨で水を得た魚の如く元気になりました。


梅雨入り#2


梅雨入り#3


今年の梅雨入りは、梅雨前線の北上による雨模様によるものではなく、
きわめて足の遅い移動性低気圧と前線によるものとか、
ちょうどこの時期に長雨になったことから気象庁が梅雨入り宣言をしたようです。

この低気圧と前線が過ぎてからは暫く晴れ間があり、その後梅雨前線の北上で長雨になるとか、
よくは分かりませんが、とりあえず梅雨入り、しばらくは鬱陶しい日々となるのでしょう。


PENTAX K-3 / SIGMA AF 28-300mm F3.5-6.3 MACRO


テーマ:雨の日 - ジャンル:写真

濠沿いの散策路
昨日ご紹介しました十石舟の乗船場の向かい側から下流、
三十石舟乗船場を通って濠川への合流点あたりまで、
約500mに渡って遊歩道が水面近くに沿っています。

濠沿いの散策路#1

柳の木陰を歩く散策道は、所々に小休止できるベンチがあり、
とても気持ちの良い水辺の小径になっています。

濠沿いの散策路#2

そしてこの濠の対岸には、水運を利用した出荷の便を考慮した、舟入のある酒蔵が並んでいます。
今では水運の利用はなくなり、舟入も廃されていますが、昔は盛んに蔵出しの酒を航送していました。
その頃の名残で、濠の周辺には月桂冠、黄桜、京姫、宝などの名だたる伏見の酒造所が残っています。
特にこの月桂冠の酒造所は、伏見紹介のパンフレットでは必ず紹介される名所です。

濠沿いの散策路#3

濠沿いの散策路#4

ここから更に下流に歩を進めますと、黄桜酒造のカッパランド、京姫酒造所、龍馬の寺田屋にアクセスできます。
伏見に来たら、ここを歩くか、十石舟から眺めるか、是非観光していただきたいところです。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

十石舟
暫くぶりに伏見の中書島に来ました。
亜哉さんがはるばる仙台から来られてご案内したのが2006年12月頭、
あの寒い時に十石舟に乗ったなぁ、と思い出して乗船場を見に行きました。

十石舟#1

あれから2度ほど中書島には来ていますが、乗船場に来たのは乗った時以来ですから、7年半ぶりになりますね。
結構時が経っているとは感じるのですが、月桂冠大倉記念館裏の船着き場の雰囲気はそのときと変わらないですね。
あの時と違って、水遊びには適当な陽気、そこそこのお客さんが乗船待ちをしていました。
十石舟は概ね20分に1本、三栖閘門まで酒蔵の景色を愛でながら約55分の水郷めぐりとなります。
行って戻って2時間半ほどのツアーですので、お客さんもお茶をしながらのんびりとお待ちです。
ただし、季節によって大幅に運行時刻が変わり、運休期間もありますので、必ず事前確認して下さいね。

十石舟#2

その次の便の船もスタンバイ、、、、と言っても出港までは30分ほどありますので、
船頭さんものんびりしたもの、乗船場の係のおっちゃんと談笑して時間つぶしをしていました。

十石舟#3

琵琶湖疏水の水利を活かして京都市中を巡ってきた水路は、
ここで宇治川に入り、大坂との水運も担っていました。
市中の水運は水路に合わせた十石舟、大坂との水運は三十石舟が担当、
中書島はその積み替え港として栄え、濠が整備されています。

乗船場のあるところの濠は、宇治川から分流させた水を引き、
京都市中から三栖閘門に通じる濠川と合流させて、港湾水路機能を持っていました。
その宇治川から分流して間もなく、京阪電車の鉄橋を潜ったあたりに十石舟の船溜まりがあります。

十石舟#4

観光シーズンには臨時便もでますが、濠川との合流点までは狭い水路、
途中までは三十石舟も通りますので、行く舟、戻る舟のすれ違いの交通整理のため、
ポイントごとに法被を着た係のおっちゃんが通る舟に指示を出す光景が見られます。

濠を濠川、三栖閘門の方に少し進んだところに、三十石舟の船着き場があります。
十石と三十石の呼びの差どおり、舟のサイズが違っています。
定員は十石舟が最大15人、三十石舟が30人となっています。
でも、遠目に単独で眺めると、大きさに大差ないように見えてしまいます。
十石舟に乗って、横に並んだ三十石舟を見ると、デカッと感じますよ。
三十石舟の便は、1時間に1本、三栖閘門までの所要時間は約40分です。

十石舟#5

三十石舟の船溜まりや三栖閘門にはあれから行っていないので、
今度は三十石舟に乗って濠めぐりをしてみたくなりました。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

竹田駅
鳥羽浄水場への最寄り駅は近鉄・京都地下鉄の竹田駅ですが、
駅から浄水場へは普段便利な交通の便がなく、一般公開日だけ直行臨時バスが運行されます。

竹田駅#1

駅と浄水場の間はバスで10分あまり、臨時直行便は100円で運んでくれます。
満員になり次第の発車でしたので、少々窮屈ではありましたが、
駅前から門内までストレートで行けますので、楽ちんです。

竹田駅#2

竹田駅には何十年ぶりかで来ました。
昭和3年に奈良電鉄の駅として開設した由緒ある駅ですが、以前は郊外の田舎駅で閑散としていました。
各駅停車しか停まらない駅がガラリと変貌したのは1988年(昭和63年)、
地下鉄烏丸線が当駅に延伸して近鉄との相互乗り入れ接続駅となると、
特急以外の全列車が停車するようになり、地下鉄の始発駅ともなりました。
同時に駅周辺も一気に開発が進み、今ではベッドタウンの中核駅になりました。

竹田駅#3

昔は貧相な駅やったんやけどなぁ、安上がりで貧相な大きな駅になったなぁ、
などとブツブツ、キョロキョロしながら橋上改札口に向かいます。
同じバスに乗り合わせたお婆ちゃんが『しんどいなぁ』と階段をえっちらおっちら、
エレベーターに行列ができていたので、イラチな性分がでたんでしょう。

竹田駅#4

この駅で京都駅から来た近鉄京都線と地下鉄烏丸線が合流します。
そこに地下鉄の車庫への入出庫線が加わりますので、駅北側の線路は複雑です。
左から近鉄京都方面、車庫入場線、地下鉄烏丸線と並び、
その右に地下鉄烏丸線、車庫出庫線、近鉄奈良方面と6本の線路が見えます。
行ったり来たり、出たり入ったり、鉄ちゃんが電車を眺めるのに飽きませんな・笑

竹田駅#5

竹田駅#6

近鉄は、おそらく日本一の路線ネットワークを持つ大私鉄ですので、
本来は京都と奈良を結ぶ路線ではありますが、派生してあちこちと繋がります。
地下鉄と相互乗り入れしている近鉄線内急行の電車は、近鉄奈良まで走ります。
今度来る急行の行き先は橿原神宮、大和西大寺で本来の奈良方面と別れて南進、
更に大和八木で近鉄大阪線をクロスして潜り、橿原神宮で吉野方面の近鉄南大阪線に接続します。

竹田駅#7

ここで急行に乗って終点まで行ったら橿原神宮に行けるんかぁ、、、、
1時間以上かかるよなぁ、などと考えている内に電車が来ましたので、
私は乗り込みましたが、乗ったのは1駅だけ、2分の旅でありました・笑


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

ゆるキャラ
最近のゆるキャラブームで、それなりのところに出かければ見かける状態になっていますが、
いま、全国には何体あるんでしょう。 ひょっとしたら数百体では済まないかも知れませんね。
可愛いのから気持ちの悪いものまで、自治体でも町おこしの切り札で続々採用していますが、
安直に採用しても、それなりの効果ありと期待するのは、あまりに脳天気すぎる気がします。

さて、鳥羽の浄水場公開日にも、ご多分に漏れず出てきていました。

ゆるキャラ#1

これは「エコちゃん」、
「DO YOU KYOTO ?」 のキャラクターで、
京都議定書誕生の地・京都から世界に発信する 「環境にいいことしていますか?」 という意味の合言葉だそうです。
数ある自治体キャラクターの一つですが、比較的健闘しているものだそうです。
私は初めて見ましたが、皆さんご存じでしたでしょうか?

最近では空気で膨らませたでっかい遊具の中で子供をボワン、ボワンと遊ばせるのも流行っているようで、
浄水場の広い芝生広場にもでっかいのが据え付けられて、結構盛況でした。

ゆるキャラ#2

子供連れの若い家族には、親は一服、子供を遊ばせて間が持てるので好評のようでした。

いまから7~8年前でしょうか、彦根城築城400年祭の時に彦根を訪れ、
「ひこにゃん」 を初めて見たときには、面白いことを考えるなぁ、と感心しました。
それから1~2年後、雨後の筍の如くあちこちで似たような着ぐるみが出てきて、
「またか」 とうんざり、かなり食傷気味になった記憶があります。

今やゆるキャラの着ぐるみはイベントのアクセサリーとしてすっかり定着していますし、
あってもいいとは思いますが、『ゆるキャラ 命!』 のような扱いはいかがなものでしょうかしらね。
この時期、中で汗だくになって熱中症と背中合わせみたいな人も大変だし。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:ゆるーい写真 - ジャンル:写真

二千円札
このところ、と言うか、発行されて1年も経たないうちからとんと姿を見なくなった二千円札ですが、
ここ何年かは、まるで廃版になったかのような状況になっていました。
もちろん正規流通紙幣ですが、私の財布にも、年に一度お見えになるかどうかという状態が続いています。

ここ京阪中書島駅の自販機を何気なく眺めましたら、何と二千円札使用可でありました。

二千円札#1

それから気になって自販機や券売機を見るのですが、
京都では結構現役で使えるものが散見されます。
もちろん、使えるのがたまにあるというレベルで、決して多くはありません。
それでも使える機械があることに、少々驚きを感じました。

乗り合わせた京都市バスでは、さすがに「使えません」と断っていました。

二千円札#2

でもね、これが大阪だったら、「千円札以外は使えません」とか
「一万円札、五千円札は使えません」とかの注記になり、
二千円札は存在そのものが忘れられている表示がほとんどです。
実際、大阪では二千円札の使える券売機や自販機には、まず出会いません。

ところで、同じ市バスにはこのような注記がありました。
暫く前までは、タコメーターでさえついている車が少なかったのですが、
最近ではタクシー、バスなど、かなりの車についているようになっていますね。

二千円札#3


話を元に戻して、
京都では「要る」「要らない」に関係なく、二千円札がそれなりに流通できる環境にあり、
他所よりその存在を少し気にする環境なのは何故でしょうかね。
私が思うに、
国際観光都市なので外国人観光客が多く、
彼らは日本人ほどに二千円札への先入観がなく、
あると普通に使うから、そこそこの流通が見られるのかな、と。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:◆こんなの見つけました◆ - ジャンル:写真

下水処理設備
京都市上下水道局鳥羽水環境保全センターは昭和14年4月に運転を開始し、
設備の増強、拡張、更新を続け、現在では46万平米の敷地を持ち、
日量90万トン以上の処理能力を誇る、日本屈指の処理施設となっています。
もちろん、昨日ご紹介しました汚泥溶融石材化設備工場もこの施設の一部です。

その設備の原点とも言えるのが、このポンプ場から連なる沈殿濾過式水浄化設備です。

下水処理設備#1

当然設備は更新されておりますが、その基本構造は同じです。
下水道に繋がるこのポンプで適正水圧と流量に調節して池に送ります。

下水処理設備#2

ポンプ場から送り出された下水の原液は一旦併設された貯水槽に溜められます。

下水処理設備#3

この貯留池では自然沈下で汚泥の大本を落とすために静かに寝かせることになります。
いくつかの区画に仕切られた眼下の貯水池の仕切りぎりぎりまで汚水が張られていますが、
のぞき込んでも不思議とニオイは上がってきません。
長年のノウハウと蓄積された技術で対処されているのでしょう。

下水処理設備#4

そのコンクリート仕切りの上では野鳥がのんびりと休んでいました。
ここは常に静かで安全、それが分かっているのでしょうね。

下水処理設備#5

この第一次沈殿池から上澄みにあたる汚水を次の浄化池にポンプで揚水して送ります。

下水処理設備#6

次の池に落とされる水は、お世辞にもきれいとは言えませんが、
目に見える固形物や粒子は概ね取り除かれているようです。

下水処理設備#7

一次、二次と沈殿池を移るごとに水はきれいになっていきますが、
最初の上澄みはこの程度の色でした。

下水処理設備#8

最後の池に移る上澄みはこれくらいきれいになっていました。

下水処理設備#9

この後、最初期の昔なら中和処理後桂川にj放流されていたと思われますが、
水質基準が厳しく、そして扱い量が多くなるに従い、高度に浄化処理をした後
再利用されるか、河川に放流されることになります。

ここで発生した汚泥は、昨日ご紹介した処理工場で資源化されることになります。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:工場の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.