一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201405 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201407
下水処理設備
京都市上下水道局鳥羽水環境保全センターは昭和14年4月に運転を開始し、
設備の増強、拡張、更新を続け、現在では46万平米の敷地を持ち、
日量90万トン以上の処理能力を誇る、日本屈指の処理施設となっています。
もちろん、昨日ご紹介しました汚泥溶融石材化設備工場もこの施設の一部です。

その設備の原点とも言えるのが、このポンプ場から連なる沈殿濾過式水浄化設備です。

下水処理設備#1

当然設備は更新されておりますが、その基本構造は同じです。
下水道に繋がるこのポンプで適正水圧と流量に調節して池に送ります。

下水処理設備#2

ポンプ場から送り出された下水の原液は一旦併設された貯水槽に溜められます。

下水処理設備#3

この貯留池では自然沈下で汚泥の大本を落とすために静かに寝かせることになります。
いくつかの区画に仕切られた眼下の貯水池の仕切りぎりぎりまで汚水が張られていますが、
のぞき込んでも不思議とニオイは上がってきません。
長年のノウハウと蓄積された技術で対処されているのでしょう。

下水処理設備#4

そのコンクリート仕切りの上では野鳥がのんびりと休んでいました。
ここは常に静かで安全、それが分かっているのでしょうね。

下水処理設備#5

この第一次沈殿池から上澄みにあたる汚水を次の浄化池にポンプで揚水して送ります。

下水処理設備#6

次の池に落とされる水は、お世辞にもきれいとは言えませんが、
目に見える固形物や粒子は概ね取り除かれているようです。

下水処理設備#7

一次、二次と沈殿池を移るごとに水はきれいになっていきますが、
最初の上澄みはこの程度の色でした。

下水処理設備#8

最後の池に移る上澄みはこれくらいきれいになっていました。

下水処理設備#9

この後、最初期の昔なら中和処理後桂川にj放流されていたと思われますが、
水質基準が厳しく、そして扱い量が多くなるに従い、高度に浄化処理をした後
再利用されるか、河川に放流されることになります。

ここで発生した汚泥は、昨日ご紹介した処理工場で資源化されることになります。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


テーマ:工場の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.