一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201409 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201411
タイプライター
 
タイプライター#1



写真友だちの keizo-f さんの掲示板クラシックな機械式タイプライターが紹介されていました。
あそこまでクラシックではないけれど、うちにもタイプライターはあったはず、と納戸を捜索したら、、、ありましたぁ!
手提げのハードケースに、取説や購入記録、保証書などと一緒に納まっていました。
中途半端にクラシックでアンティークな機種ですが、ご紹介しますね・苦笑

私が進学した大学の理学部は、教養課程に相当専門課程が入っていまして、
一回生の時から専門書の読破が義務づけられ、2年の教養課程が終わってから考え直す余地のない、
他学部だけでなく、理学部内の各科間の転籍も難しいカリキュラムでした。

私が入学した当時(昭和42年、1967年)、専攻した電子計算機(←懐かしい言い方ですね・笑)の
専門課程を持つ大学は珍しく、読まされる専門書はほとんどが英文、それも IBM 社のマニュアルでした。
特別に購入することもできたのですが、相当高価でおいそれとは買えません。

そこで、演習室や図書館にある専門書をその場で書き写したり、
借り出せるものは借りたり、金持ちの友人が買った書籍を借りたりして、自宅で書き写していました。
学校近くの学生のたまり場になっていたお好み焼き屋兼文房具屋という店にはコピー機があって、
電子リコピーという、仕上がりで気化した処理薬が目に沁みるけど、厚物からのコピーもできるのがありましたが、
その料金が1枚30円、当時の相場では学食でうどん1杯が食べられる値段で、おいそれとは利用できません。

そこに、少々いい加減な理学部の先輩が魔の一言、「タイプライターがあったら、楽やで」
何かと気に掛けて可愛がってくれている先輩の言葉に、心が動きました。
たまたま映画で見たシーンの美人秘書が、かっこうよくタイプライターを叩いている場面を思い出し・・・・
更に、「理学基礎は独文が多いから、ウムラウトが打てたら完璧やな」 と背中を押す。

そこで、家の近所の商店街にある文具店で聞いてみたら、大体3万くらいするらしい。
   ちなみに、この文具店は現在も商店街の同じ店舗で健在です。
そして、店主のおっちゃんの一言がまたまた魔の背中押し、、、、「月々千円か2千円の月賦でいけるよ」

・・・・・・ 数日後、親を説得し、親と伯父を保証人にしててタイプライターを月賦で買いました。
頭金は親に出してもらい、月々払いの2千円は私の小遣いで賄う、という条件で。

タイプライター#2

仕様は、
キー配列は標準のユニバーサルではなく、独文タイプ、
活字体はデザイン性のエリートではなく、シンプルなパイカ、
メーカーは当時の2大ブランドの雄イタリアのオリベッティではなく、国産の雄ブラザー、
要するに、いい加減な先輩に感化されたストーリーのままの流れで、私の決断はブランドだけ。

タイプライター#3

この支払いが終わるまでの一年間、バイクの走行距離は半減、
学食での昼メシは、150円のAランチを我慢して2ランク落とした90円の魚フライ定食か親子丼、
いよいよ小遣いが乏しくなったら、40円のカレーうどんと20円の白メシ、最悪は素うどん30円のみ・泪

さて、それからは、ペチペチとキーを叩いて専門書の必要部を書き写していましたが、
実際のところ、見た目はきれいになりますが、手書きの労力と変わらんなぁ、という感じでした。
それと、もはや独文を書き写すことは殆どない時代になっていて、ウムラウトの出番はなかなか・・・・
こんときばかりは、留年して5回生になってもまだ学校に残っている不良先輩を疑いましたね。

時に部活(ECC)の友人に頼まれてステンシルでガリ版原稿を頼まれることもあり、
提出レポートの英文部分をタイプして、手書きの日本語とハイブリッドなどの使い方をしたり、
そこそこ楽しく使っていたのです。

このタイプライターは、社会人になってからも個人輸入の手続き書類や、
個人輸入した機材やソフトのユーザー登録書類作成などでそこそこ活躍してくれました。
しかし、20年ほど前からはPCのワープロ、ネットでの手続きが簡単にできるようになり、
仕舞いっぱなしの忘れられた存在になっていました。

久しぶりに引っ張り出して使ってみましたら、
パチパチとリボンを叩くタイプ音、行末を知らせる“チーン”という鐘の音、
改行でキャリッジを戻す時の ”コトン、ジー、カタン” という音、その一連動作のリズム感に、
懐かしさもあって、思わずニヤけてしまいました・汗
しかし、キーストロークの長さと重さは、今使うと腱鞘炎になりそうです。

keizo-fさんには ”タイプライターが家にあるとは、「ヤンエグ」ですね。笑” と言われましたが、
決してヤンエグなどではなく、当時の “ものの弾み” の結末なのでありますよ・笑
でも、おかげさまで、忘れていたものを一つ思い出させていただきました。
感謝です。


PENTAX K-3 / smc PENTAX 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.