一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201412 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201502
血圧
このところ家事多忙でなかなかネットに出てこれませんでしたが、
まぁ数日で落ち着けるかと高をくくっていたら、まだ暫く続きそう・泪
暫くはムリ模様なので、また潜航いたします。
ネタ切れにつき、身の回りの記事でお茶を濁して、逃亡します。

さて、実は我家、両親とも高血圧体質で、熟年以降は病院通いが日課でした。
亡くなった父親は、薬なしだと180/100以上が平常値?でありました。

母親はそれよりも低く、それでも170/90あたりが平常値であります。
降圧剤が効きすぎるきらいがありますので、おおよそ140/80レベルをうろつくよう、
日に3回、朝昼夜の服用時分に計測して服用かパスかを調節しております。

ところで私、母親の計測時に時折ついでに計測するのですが、
若い頃からずっと低血圧気味なのであります。
それを言いますと、母親は 「あんたはホンマのこと言うたら橋の下から拾うてきた」と笑います。

この半月ほどの計測では、上の最高がこれ
血圧#1

上の最低がこれであります。
血圧#2

普段はこの間をうろついていまして、上が大体110前後、下が大体70前後であります。

血圧#3 血圧#4
血圧#5 血圧#6

若い頃のように、さすがに上が100を切ることや下が60になることは希になってきまして、
10年前に比べると少し上がってきましたが、相変わらず低空飛行状態は続いています。

高血圧に悩む人のお話はよく聞きますし、メディアを通じて症状や対策などがよく流れてきますが、
低血圧(・・・どれくらいから下か分かりませんが)については、あっても陰気な話が多いようです・泪
そして、「血圧が低くて」、という話をしますと、皆さんがほぼ 「羨ましい!」 と言われます。
これでも軽い貧血気味になることや、時折起こる立ちくらみには、悩んでおるのですがね。

昔、友人の動物学者が 「動物が一生に打つ脈の数は体の大小関係なくほぼ同じ」と言い、
だから、象は長生きで鼠は短命なんだそうです。 ホントかねぇ・・・
血圧が低いのを脈拍で補っているのでしょうか、
脈が人より早めのアタシは、短命なのか、、、、ちょいと引っかかっております。

さて、また暫く潜航しますので、記事アップが滞ります。



ちょいと休憩
 
ちょいと休憩#1


ちょいと忙しくなってきましたので、
暫く、多分数日休載させていただきます。
皆さんのサイトへの訪問も、サボります。



20年

20年#1
CANON EOS 1nRS / SIGMA AF 12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM / NEOPAN 400 PRESTO


20年前の今日、1995年1月17日の5:46に阪神淡路大震災が発生しました。
まだ夜明け前の寒い朝に突如襲った大激震で未曾有の大災害となってしまいました。

高槻の我家でも、家その物は無事だったものの、押し入れの襖を突き破って押入箪笥の抽斗が飛び出し、
家中のペンダントライトが暴れて粉々になり、家具や家財が各部屋の真ん中に集まって積もりました。
てっきり直近が震源地と感じたのですが、実は淡路島、それで神戸の断層が動いたことを後で知りました。

訳も分からず右往左往していた8時前、幸い停電が回復したのでTVをつけると、
見慣れた神戸や阪神地区の惨状がヘリからの実況画面で映し出されて愕然としました。
それから半月ほどで、何人かの友人・知人をなくしたことを新聞の被害者告知で知りました。
また、何ヶ月かかかって、被災したものの無事生き延びた友人・知人の消息も確認できました。

あれから20年、見た目はすっかり復興した神戸市街ですが、
以前ご紹介した鉄人28号広場のある新長田のように、街の姿が変わってしまったところも多々、
いまではその傷跡を確認できるところは、この写真にあるメリケン波止場跡の祈念モニュメントなど、
当時を保存したり碑を建てた場所くらいになってしまいました。

ここまで復興を成し遂げたことは喜ばしいところですが、街や建物などインフラはほぼきれいになったけれど、
20年歳を重ねた高齢者を中心に、あの時全てを失って生き延びた人は救い切れていません。
震災は過去のこと、復興が済んだ、とはまだ言い難く、長い道のりの途上とも言えます。

見た目はきれいになりましたが、この日が巡ってくると、つい昨日のことのように鮮明に思い出されるのです。
この気持は毎日の生活の中では薄まってきましたが、この日が巡ってくる度に一生残ってしまうでしょうね。



テーマ:港の風景 - ジャンル:写真

無罪放免?
 
無罪放免?#1


昨年10月初旬に、「最近胸焼けしやすくなった」 つうことで胃腸科クリニックを受診しました。
『では内視鏡で調べてみましょう』 ということで検査を受けたところ・・・・
三十何年ぶりで胃潰瘍と十二指腸潰瘍が見つかってしまいました・泪

診断では古傷が再発悪化したのではなく、比較的浅い糜爛の進んだもの、
軽度のものなので投薬で治癒に持っていけるとのことでした、、、ホッ

しかし、そこに追い打ちが!
ついでで調べてもらったピロリ菌感染検査で、ピロリ菌がお住まいになっているとか・号泣
センセは軽く、『まず潰瘍を治してからピロリ菌退治をしましょうか』 と仰いまして、治療が始まりました。

まずは1ヶ月の潰瘍対処薬の処方で治療し、胃カメラ検査、
潰瘍はそこで放置しても自然治癒できる見込みとなったので、
ピロリ菌除菌の1週間投薬治療に移行
更に胃カメラ検査を受け、潰瘍の事後観察と組織検査となりました。

その結果、潰瘍は治癒が進み、ピロリ菌は陰性、除菌ができたと判断されましたが、
ピロリ菌再繁殖の確認のために更に1ヶ月間を開けて、今回の尿素呼気検査になり、
その結果、除菌完了となりました。

これで無罪放免となった次第です。
念のために半年程度間を開けて、胃カメラ検査を受けることとなっています。
3ヶ月あまりかかりましたが、取り敢えず一件落着でやれやれでありますよ。




3台目も・・・
2006年2月以来愛用してきた KODAK EasyShare V570 でありますが、
突然 "カメラエラーNo.E45” で昇天するという時限爆弾を抱えていまして、
それでも何とか代替機を手に入れて3台乗り継いできました。

ところが昨日、とんど祭の準備写真を撮った帰宅後、この3台目も昇天してしまいました。
とうとう来てしまいました、この日が・・・

3台目も・・・#1

その経緯は都度私の当ブログでご報告してまいりましたが、
  ・1台目の昇天
  2台目の調達
  3台目の調達
ほぼ同内容での報告をしなければならなくなりました・号泣

このカメラが発売されてからもう9年、生産終了からも8年ほど経っています。
短寿命のコンデジという常識を考えると、もう4台目の調達はムリか・泪

もう積極的に探すのは諦めよう、と腹をくくりました。
万一稼働品に出会えたら奇跡が起こったと捉えましょう。

ああ、独特のコダックブルー、エクタクローム64を彷彿とさせる色づくり、
もう出会えないんですねぇ、、、、 ヨヨヨ  (・・、)



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

明日はとんど祭
15日の明日はとんど祭です。
正月の松飾りをお焚きあげしていただこうと、朝から野見神社へ納めに行きました。

同じように考えてらっしゃる方が多いようで、三々五々善男善女が訪れていました。

明日はとんど祭#1

いつもは大型のリヤカーみたいな籠パレットを置き、申し訳程度の紅白幔幕という、
簡素な感じの備えでしたが、今年は随分がっしりと、しっかりと設えられていました。
ひょっとして去年溢れそうだったので、大きくしたのかしらね。

明日はとんど祭#2

回収ボックス?は私の目の高さくらいまでありますので、
小柄な女性などはバスケのシュートみたいに投入していました。

明日はとんど祭#3

私はちょうど手の届く高さだったので、そっと注連縄を置いてきたのであります。
勿論浄財の百円玉を賽銭箱に投入し、拝んできました・笑

しかしねぇ、ちょっと覗いた様子はまるでゴミ箱、
せめて金属やビニール材、プラの蜜柑は外して投入するのが礼儀じゃないかしら。

残念ながらお天気が、今日は曇りがちで下り坂、明日は雨模様とのことで、
明日のとんど炊き祭がどうなるか、気に掛かるところです。
ま、お焚きあげの時には私は家事の都合があって、元々行けませんけどね・泪


KODAK EasyShare V570


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

静かな境内
静かな境内#1


ここは地元の野見神社、途中で移転や廃社、再興をしていますが千年以上の歴史を誇る神社です。
神社と言えば年始から暫くは来る人が絶えず、大賑わいとなるのが一般的です。

ここでも大晦日から年初松の内の初詣、9~11日は境内社でもある恵比寿神社の十日戎、
今年は11日の成人の日の式典が行われた市民会館が隣にあるので、
その帰りについでにお参りしに来るきんきらきんの新成人、と立て続けの賑わいでありました。

仕上は15日のとんど祭、通常は7日に下げた正月飾りのお焚きあげの日であります。

そんな大忙しで慌ただしい神社ではありますが、普段はとても静かで人気の無い場所です。
そんな時に訪れると、境内で餌を探す鳩の足音が聞こえそうなくらいの静けさなのであります。

ある日、世間が正月気分に満ちている時期ではありますが、野見神社を覗いてみましたら、
来ているのは、どうやらご祈祷をお願いしているらしい親子連れが一組だけでありました。
それでも各社殿には、凛とした正月のすがすがしい空気が張り詰めていました。


静かな境内#2


静かな境内#3

とんど祭では、この神楽舞台の前にある広場でお焚きあげをします。


KODAK EasyShare V570


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

多国籍
 
多国籍#1

後列右: Nikon Df   Made in JAPAN
後列左: AF-S NIKKOR 50mm F1.8G Special Edition   Made in CHINA
前列右: AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR   Made in JAPAN
前列中: AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR   Made in THAILAND
前列左: TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD (A010)   Made in JAPAN


これらは昨年、半年ほど掛けてもう使う機会のないカメラやレンズを整理し、手放して調達した機材です。
これだけのものをイチから揃えると、とても手が出ない金額になりますが、
手放した機材がこれらとほぼ等価で売れ、懐に優しい手段で、一気に最新機材を一式で揃えることができました。
数十年掛けて揃えた Nikon のレンズは手つかずで残していますので、
それらを活用すれば、もうレンズを追加する必要は無いでしょう。

さて、これらの新調?機材をよく見ると、純正は日本国内製造品と海外製造品が半々でしたでした。
国産ブランドの海外生産移転という話はよく聞きましたが、こうやって眺めてそれを実感しました。
普及品はほぼ海外よということなので、このラインナップでの国産比率の高さは突出しているらしいです。

ちなみに、従来から持っているニコンもニッコールも全て Made in JAPAN でありました。
あ、予備機で買った D40 レンズキットは、THAILAND + CHINA でしたが、普及機だからという感覚でした。
ニコン機材の参入は久しぶりですが、余程長期間買ってなかったんだなぁというのも実感しました。

グローバル化、多国籍化という形態が、もう普通になってきているのですね。
ローライがシンガポールで製造というのを聞いてショックを受けた事態も、今昔話になってしまいました。

さて問題は、これらの機材をガンガン使ってやれる機会がいつ巡ってくるかということ、
その見当が皆目つかないことが、最大のストレスなのであります・泪



テーマ:Nikon - ジャンル:写真

マクド
 
マクド#1


その昔、東京勤務時代でのこと、
オフタイムに、同僚に何気なく 「マクドに行こうか?」 と声を掛けたら、
『マクドって何よ!、、、だせぇよ。 マックって言うんだよ。 気をつけた方がいいよ』 と言われ、唖然。
「何で??」 「だって、その言い方がおしゃれじゃないもん」  ・・・そうなの?
とにかく ”マック” というのが正しく、“マクド” と言うのはいけないようでした。

以来、語尾が濁ると田舎くさく聞こえるのかなぁ?
でも、マクドはダメだけどミスドはOK、スタバもOKって何でかしら?
大阪ではマクドで何の問題も無いんだけどなぁ・・・
他所では言わなくて、大阪だけの言い方なの?
などと悶々としていたのでした。

ところで、この新聞記事、今朝の朝刊に載っていたものですが、堂々と “マクド” と豪語しています。
これは4大新聞とも5大新聞ともいわれる全国紙です。
全国紙でもちゃんとマクドで通っとるやないか、と感動しました。
“マック” じゃないとダメというのは、単なる東京かぶれのタワゴト、と腑に落ちたのでありました。

ちなみに今回の異物混入事件、
確かにマクドナルド側の対応がまずく、火に油を注いだきらいはありますが、
図らずも危機管理能力の低さを露呈してしまった、というのが妥当な評価でしょう。

食品の異物混入が絶無になるのは極めて困難、顧客対応を適切にすれば済む問題であります。
私は昔、社食でゴキブリ入りのうどんを提供されたことがあり、
一膳飯屋の総菜にハエの姿煮が入っていたことも経験しております。
いつものマスコミの魔女狩りバッシングと頭に乗った針小棒大のバカ騒ぎと私は感じております。
だからこの記事の冷静な記述は、淡々と事実を伝えてよろしい、と思うのですがね。
前回の食品素材の期限切れや汚損品再利用の偽装とは別案件と、私は感じております。

今日のブログ記事は、新聞記事の内容には一切関係ありません
見出しだけに注目したものです
・・・と言っても、このブログに難癖つけたい人は、出てくるんでしょうなぁ・笑



テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

七草粥
昨年暮の年越しから今年の正月にかけて、特に何もしなかった我家ですが、
それでも正月気分を抜く行事だけは、と、気合いを入れて七草粥を作りました。

七草粥#1

薄い塩味の粥に丸餅を軽く焼いて入れるのが我家流です。

近年は八百屋さんで七草をセットしたパックを売っていますので、
苦労して7種類を集める手間が省けていいですね。
よく見ると、去年と同じ “JAあなん” からきたパック詰めでありました。
今年のパックは、298円+消費税と微妙なお値段です。

七草粥#2   七草粥#3

七草は存在感があって、それでも食べやすいサイズに切っておきます。

七草粥#4

粥は土鍋で水と米から炊いてゆきますが、味付けは塩少々のみ、
七草は別鍋で塩茹でし、アクが抜け根菜や茎が少し柔らかくなるよう、色味を残すよう湯通しします。
粥が炊きあがったら塩加減を確認・調整し、ごま油少々を軽くまわし掛けて全体をなじませ、
湯通しした七草を投入して浮かべれば完成です。

七草粥#5

七草粥を茶碗によそい分け、焼いた丸餅をちょんと載せればできあがり。  (*^^)v
今年も美味しくいただきまして、正月は終了です。
あとは松飾りをとんど炊きの日に持って行けばお終いっ。


Nikon Df / AF-S NIKKOR 50mm F1.8G SE


テーマ:お正月 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.