一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201508 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201510
中秋の名月
 
中秋の名月#1


昨夜は中秋の名月、更に今日はスーパームーンとか、
ついつい空を仰いで、おっ月さんを見上げることになりました。

夕食を終えた夜7時過ぎ、晴れ渡った東の空に満月が昇ってきました。
言われてみれば、いつもの満月よりも大きなおっ月さんに見えます。
夜陰を照らす月光も、いつもよりは明るいかな、、、気分の問題でしょうが・笑

去年の9月にもスーパームーンということで、満月を見上げましたが、
あの日よりは雲も晴れていて、鮮やかに見えました。

あまり動きたくなさそうな母を促し、窓辺に連れて行って月を見せたら、
『おっきいなぁ、、、ええ月や』 と、少しばかり眼福を味わってくれたようでした。


中秋の名月#2



Nikon Df / TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD (A010N)


テーマ:月の写真 - ジャンル:写真

ナンテン
 
ナンテン#1


kanさんに教えていただいたムラサキシキブに続いてナンテンの実も成り、色付いてきました。

我家の玄関脇、西北角の隣家との間にある植え込みは日当たりが悪く、
なかなか草木が育ちにくいのですが、ナンテンの木はいつの間にか私の背丈を超えています。
宅配便を受取に玄関口を出ましたら、今年も実をつけてくれていました。

まだ真っ赤になるには時間がかかりそうですが、
アシナガバチがやってきて、黄色い実を囓っているのを時折見かけます。
例年なら秋も深まって、ちょっと身震いする中で見るものと思っていましたが、
今年は秋の訪れがやはり早いようです。


Nikon Df / AF-S NIKKOR 50mm F1.8G SE


テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

何の実?
 
何の実?#1


今朝、冷んやりする雨の中、ゴミ出しに出ますと、
家と道路の間の狭いスペースに紫色の小さな実がいっぱいついているのが目に入りました。

数日前からチラッとは見ておったのですが、
じっくり見たのは初めて、、、さて、こいつは何の実でしょうか・・・・
植物オンチの私には、さっぱり分かりません。  (^^ゞ
ナンテンやオモトの実に比べるとかなり小さいですね。
元々あったツツジの植え込みに、覆い被さるように生えておりました。


何の実?#2


Nikon Df / AF-S NIKKOR 50mm F1.8G SE


テーマ:雨の日 - ジャンル:写真

パクリ?
今朝、7時前から時計代わりに点けて流し見していたTVから、「ン?!」 と気になるフレーズが・・・
思わず家事の手を止めて眺めたら、業界紙の『月刊住職』を取り上げたものなのでした。

こういうユニークな業界専門紙があって、このような興味深い記事が載ってるんですよ、という内容でした。
これは7時台後半で 『もっとお寺へ! 仏教の新たな変化』 というミニ特集への前振りといった感じの構成でした。

この前振りになぜ気を引かれてしまったかというと、
2週間ほど前に、既に同様のコンセプトと素材と構成の内容を見ていたからです。
その番組は大阪ローカルTV局の関テレ(KTV)の 「ゆうがたLIVE ワンダー」 という番組内容も焼き直しと感じたのです。
TKO木本武宏が週一で担当する上質な特集コーナー 『業界イチオシスクープ!』 で取り上げていたからです。

パクリ#1
 関テレ 「情報ライブワンダー」 のHPから転載

今朝の番組内容は、残念ながら局公式HPにはアップされていませんでした。

今朝の不思議は、
① 関テレは、今朝の番組 (平日朝の帯ニュースワイドショウ) 制作をしている東京キー局の系列ではない
② 「他局・他番組で話題になった」 などの断りがない、、、関テレは承知していたの?
③  放送された具体映像内容は異なっていたものの、話題の扱い方(構成)はまるで一緒
なので、安直なアイデアパクリではないかと直感したのです。
素材が言われなければ知らないようなニッチな業界紙なので、偶然の一致とは思えません。

ニュースワイド帯番組のバラエティコーナーでおもしろおかしく取り上げる内容ですので、
中身が似通ってくるのはある程度仕方ないかとは思いますが、
残念ながら新たな視点での展開とは見えず、二番煎じ感をストレートに受けてしまいました。

実は、暫く前にも 同番組の「業界紙」ネタでほぼ同じようなパクリネタらしき構成を見て、「ン?!」と感じていたからです。
繰り返しで安直に柳の下のドジョウを・・・・  と、感じてしまったのですよ。
TV業界でよく聞く”なれ合い”と”当たり障りのない”と”見て見ぬ振り”、そして”独善”のなせるワザでしょうか。

時折感じるのですが、
・猫も杓子も同じネタを追いかけて薄めるだけ薄めて映像を流しているのではないか
  アイデア枯渇が甚だしいのではないかなぁ
・TV局、特に東京キー局はマスコミのリーダーという思い込みや驕りがあって傲慢になっているのではないか
  地方局などは我が配下、上意下達で扱って当然、ユニークなアイデアは上納して当然と思ってないか

私の知人の弱小TV局の関係者は、東京キー局大手の”傲慢と横柄と厚顔”をよく愚痴っていました。
これは私の勘ぐりすぎでしょうかしらね・・・・
たまたま両番組を見たという読者の皆さんは、どう感じられますでしょうか?

皮肉にも、この”前振り”の前に話題にしていたニュースが 「オリンピックエンブレムのパクリ問題」 で、
名のあるコメンテーター連中が鹿爪らしい顔でネチネチと追求していたのが、滑稽でした・笑
”民意の代弁者”、”良心の追求”を語る偽善圧力団体としか思えないのですがね。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.