一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201510 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201512
トマソン
町内の用水路にトマソン物件が出現しました


トマソン#1


ここの住宅は拙宅よりは新しいものの、それでも数十年にわたってここに住まわれていました。
何年か前に引っ越しで出て行かれ、暫く更地になっていましたが、今年になって新築されています。

当初は勝手口に繋がっていた用水路を渡るコンクリート橋は、
新築住宅のレイアウトでは不要となるはずですが、なぜか残されていました。
ひょっとしたら擁壁保護の支えとして残したのでしょうか。

道路側からも、宅地側からも、フェンスで仕切られて使いようがありません。


トマソン#2


最近では出掛けることもなくなり、
トマソン物件を見つけることもなくなって寂しい思いをしておりましたが、
灯台もと暗し、町内に出現してくれました・笑


FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:珍百景(0^0^0) - ジャンル:写真

大阪府知事選挙
大阪府知事選挙#1

今日は大阪府知事と大阪市長のダブル選挙の投票日です。
私は大阪市民ではないので、府知事選挙のみの投票権ですが、
報道では常にセットになって騒ぎ立てています。

大阪府知事の候補は3人、
自民党推薦無所属の新人候補は民主党に加え、なんと共産党が相乗り支援し、
大阪維新の会公認の現職と一騎打ちの様相です。
そしてもう一人、泡沫候補も立っておりますが・・・・・・
その他各党は及び腰で、表だって態度を示していません。

この攻防の姿は、大阪ローカルの特異性なんでしょうかね。

マスコミは大阪戦争だ、維新軍団だ、と威勢のよい言葉ではやしておりますが、
よくよく考えるに、リベラルを標榜し、戦争を毛嫌いするマスコミが、
まるで軍国主義のような宣伝文句ではやし立てる節操のなさの方が気に入りませんがね。

大阪府知事選挙#2

投票所はいつもの小学校、いつものように自転車を漕いで投票してきました。

大阪府知事選挙#3

今夜半には自民か維新か決着がつくことでしょう。
地盤低下が著しい大阪を再浮上させるには何らかの変革が必要なのは確かなので、
今回の首長選挙には関心を持たざるを得ませんが、さて、投票率はどうなのでしょうか。
大都市圏の常で、50%程度の低調のまま済んでしまうんでしょうかねぇ。

何ヶ所かの選挙ポスター掲示板を見ましたが、とうとう泡沫候補のポスターは1回も目にしませんでした。
投票は午前中に済ませたのですけど、一応投票〆切後の午後8時に記事をアップします。


FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

樹木医
樹木医・・・・というお仕事があるそうな。

ニュースやドキュメント番組などで見聞きしたことはあるものの、
実際にお仕事の姿を見たことはありませんでした。

お仕事の内容は、
ざっくり言えば、老いた樹木、病んだ樹木、環境に傷められた樹木などの樹勢回復を図る技術者だとか。
言ってみれば、園丁職人の科学者バージョンという感じなのでしょうか。

樹木医#1

初めて見ました。
古木が栄養ドリンクを飲んでいる図に見えます。
以前TVで樹勢回復の施術の一つと紹介されていた技法を思い出しました。

ああ、これが樹木医の仕事のあとかぁ・・・・
樹木の表皮の内側に届く穴を穿ち、そこに雌ネジの口を設け、
雄ねじのついた栄養剤のボトルを取り付けて吸収させる道具立てのようです。

この大木の並木は私の子供の頃からあり、
阪急電車の高架化や線路沿いの道路拡張工事に伴って、
歩道にはみ出して、どうにも無理して植わってる感じになってしまっています。

樹木医#2

現在車道になっている向こう行きの半車線の辺りから左側は元々2m巾ほどの用水路で、
道路の拡張と移設によって暗渠化されました。
昔は年に1度ほど、狭い道路から誤って用水路に転落した自動車を見かけました。

並木は、元々用水路の内側の敷地にあったものを転用、一部移植して整えたものです。
道路拡張時に拡幅した歩道が設けられ、その歩道が一部木の根に被さって盛り上がっています。

腰の据わった古木、巨木といってもそのストレスは相当なものでしょう。
線路沿いのバス通りは年中交通量も多く、その排ガスの影響も結構なものと思われます。
少なくとも50年以上はここに植わっていた樹木も相当疲れているんでしょうね。
そこで樹木医の出番となったのでしょう。

ここは拙宅近所の大阪医科大学とその付属病院内に設けられて、市民に開放されている憩いの広場、
当ブログでも何度か登場していますが、いつも買物などの外出時の行き帰りで折々に立ち寄らせていただいています。

樹木医#3

ここは医大とその付属病院ですが、”樹木医科” という専門科目はないようです。
樹木医というのに認定資格とか免許制度があるかどうかは知りませんが、
ここはニンゲン専門の医大病院なので、樹木医さんは他所から来られているんでしょう。


FUJIFILM FinePix F550EXR


テーマ:気になるもの - ジャンル:写真

朝焼け

朝焼け#1


今朝はやたら外が赤っぽくなっていて、
雨戸を開けたら綺麗な朝焼けになっていました。

昨夜はずっと雨が降り続いていたのですが、
夜明け頃に一旦雨は上がったようで、
家の傍を通る車のタイヤ音が、路面が濡れていることを知らせてくれます。

朝焼けは天気が下り坂の徴候だとか、
案の定9時頃には西から雨雲が流れてきて、
多分、昼前には降り出すと感じられます。
天気予報では今日は午後から降り込められる見込とか、
朝のほんのひとときだけ爽快気分を味わいました。


Nikon Df / AF-S NIKKOR 50mm F1.8G SE


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

13日の金曜日
13日の金曜日#1


今朝、目覚めの後に時計代わりのTVを点けると、ニュースワイド番組をやっていました。
そこでキャスター・・・最近は軽薄な女子アナでもキャスターって言うんですね・・・が
『今日は13日の金曜日ですねぇ、、、何か怖い』 などとぶりっこ喋りで言ってました。

フ~ンと何気なくカレンダーを見ると、確かに13日の金曜日でした。
いつの頃からでしょうか、縁起の悪い日ということで騒ぐようになりましたが、
最近は熱も冷めたのか、殊更騒ぐこともなくなってきて、忘れていました。

そしてカレンダーの小さな字を見ると、 ”大安” とも書いてありました。
へ~~、今日は大安かぁ  ・・・・・・・・
ちょっと待てよ、
13日の金曜日は縁起の悪い日、大安は縁起の良い日と聞かされていましたが、
今日はどっちが ”勝つ” 日なんでしょうね、、、妙なことが気になってしまいました・笑

13日の金曜日は、
英米独仏などのキリスト教圏で、忌み数の13と関係がある迷信において不吉とされる日だそうです。
ただキリスト教圏全体で普遍的な忌み日とは言えないそうで、日本では多分アメリカの影響なんでしょうね。

対して、大安は、
中国で生まれたとされる六曜に基づく吉凶日のサイクルのうちの吉日だそうです。
基本は6日で巡りますが、、旧暦の毎月1日の六曜は月ごとに固定されているので、旧暦月初でリセットされます。
日本へは中国から伝わったようで、13日の金曜日よりは早く根付いた模様です。

最近は ”13日の金曜日” と嬉しそうに吹聴する人はあまりいなくなりましたが、
年配者を中心に、特に冠婚葬祭では年代を問わず六曜を気にする人が多いみたいですね。
確率的には、13日の金曜日は1年で1~3回、大安は60回前後と、13日の金蘊日の方が希少価値はあるようです。

さて、今日の天気をこの縁起で占うと、
朝から晴れていて、取り敢えずは大安風、
ただし薄雲が広がって下り坂、何となく靄っぽく、夕方からは雨がぱらつきそうとか、
吉凶鬩ぎ合って、大安の穏やかさに13日の金曜日がチャチャ入れしているようにも感じます。

今日の衝突する吉凶をポジティブにとるか、ネガティブにとるか、あなた次第ということでしょうかしら。


13日の金曜日#2


今日が皆さんにとって良い日になりますように。


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:気分写真 - ジャンル:写真

今日は暦の上では立冬にあたるとか、
当地ではまだまだ晩秋という気配だと感じておりましたが、
初めて冬の気配が現われてくる日と言われれば、そうかな・・・・

今朝は昨夜来の本格的な雨の中、気温はさほど下がってはいないものの、
どんよりと垂れ込めた雲と、日が昇ってるのかと疑うくらいの暗さの中で朝を迎えました。
今日は母をデイサービスに送り出す日、玄関先までのほんの数mが傘なしでは行けませんでした。
これだけの本気の雨天は、一月以上ぶりのような気がします。

雨#1

庭の、今では車のないガレージの波板を見上げますと、
これ以上は溜めきれませんぞ、と言っているようなくらい雨粒が溜まっていました。
雨#2

バタバタしているうちに、今年は毎年初秋に来てもらっている植木屋も呼び損ね、
手入れの悪いままの庭も雨でビショビショ、やたら枯れ葉が目立ちます。
雨#3

久しぶりに庭をじっくりと見回すと、確かに冬の気配を感じる景色でありました。
雨#4

ここ一月ほどで、朝起きる頃はまだ日の出前、夕餉の支度をする頃には日が落ちて、
急に日が短うなったなぁ、、、、と感じてはおりましたが、
もう確実に初冬モードになったな、と、改めて再確認した次第です。

北国の人にしてみれば、まだまだ秋やぞ、と笑われそうですが、
日本の亜熱帯である当地では、これでも十分に冬近しの気配なのであります。


Nikon Df / TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di MACRO (272E)


テーマ:雨の日 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.