一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201610 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201612
秋色だけど
昨日、東京では初雪が降って積もったとか、
当地では時間帯によっては小春日和を感じておりましたが、今朝は一転、冷えました。

大阪と京都のほぼ中間地点にある当地では、冬場には京大阪よりも冷え込むことがよくあります。
今朝は両都市とも最低気温が5~6℃でしたが、当地ではなんと2.9℃!  (@_@。
市内の地名に"氷室"が遺り、かつては寒天の名産地でもあった当地であります。
いくら何でも、もう冬だわなぁ、、、
と思いつつ、入院している母の見舞い帰りに京大農場跡地のイチョウ並木に行ってきました。

秋色だけど#1

明るい陽射しに誘われて訪れますと、なんと、並木のイチョウは見事に黄葉真っ盛り、
さすがに盛りは過ぎて散り始めの模様ですが、それでも見事に真っ黄色でありました。

秋色だけど#2

今年は長引く酷暑の後、一気に冷え込んだのでこのようにむらなく綺麗に黄葉したのか、
などと、同じように眺めに来ていた見ず知らずのおばちゃんと話が弾んでしまいました。
この景色だけを切り取ってみると、いかにも晩秋でありますが、体感の季節はもう冬であります。


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:並木道 - ジャンル:写真

ノラ猫がねぇ
我家のガレージは、車を所有しなくなってもう10年余ずっと空いています。
カチカチに踏み固められた雑草さえ生えない駐車スペースは、時折庭仕事やDIY作業場に使うくらいです。

ノラ猫がねぇ#1

庭に出るのも洗濯物を干したり取り込んだりするくらいなので、ほぼ無人で静か・・・・・
庭全体が、普段はスズメや季節の野鳥の絶好の休息場、遊び場になっています。
特にこのガレージスペースは半透明のルーフに覆われているので、絶好の雨宿り場です。

そんな穏やか?な庭なのでありますが、
時折ノラ猫(放し飼いの飼い猫?)がガレージのルーフや縁台に日向ぼっこでやってきます。

そんな日常はのどかでな風景で、束の間の癒やしタイムでもあるのですが、
困るのがノラ猫の糞、大体10日に1度程度このガレージの中にやらかしてくれます・泪
見つける都度庭をスコップで掘って糞を埋め、片付けるのですが、
1~2週間経つと、また同じ場所に置き土産をしてくれるのであります・怒

そこで、猫がトイレと決めたその主戦場に抽出の済んだコーヒー殻を撒き、
使い残して使用期限の切れた防かび剤やクレンザーなどをガレージ全体に適当に撒き、
ノラ猫が近寄りがたい状況を作ってみました。

これら写真は糞場をターゲットに朝のコーヒーかすを巻いた直後です。
午後には庭箒でこれを均して庭土と同化させます。
どうせ捨てるものの再活用ですが、今のところ効果があるようで、
以来ノラ猫の便所にはなっていません。

ノラ猫がねぇ#2

何やらしつこく領海侵犯を続ける某国への消極的対応のようにも見えますが、
これで本格的な戦闘にならなければ、それはそれでよろしきかな、と思うのであります。
別に、、、、遊びに来てくれても何の文句もありませんが、便所にして欲しくないだけなんですよ。


Nikon DF / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


テーマ:小さな庭 - ジャンル:写真

農場の朝
このところ朝晩がめっきり冷え込むようになり、そろそろ冬を感じる日々が続いています。
特にここ数日は朝からスカッと晴れ渡り、最低気温が6~8℃になっています。

そんな今朝もすっきりと晴れ渡り、弱い風さえその冷気が身に浸みます。
朝のゴミ整理の後、思い立って近所の京都大学農場跡地を覗きに行ってみました。
朝の散歩で訪れるのはおよそ半年ぶりです。
秋色が濃くなっているでしょうか、、、もう冬の気配になっているでしょうか、、、、
弥生遺跡公園整備への工事進捗具合も気になります。

行ってみますと、イチョウ並木は残っていましたが、1本おきに間引かれていました。
農場の朝#1

公園化後も残される建物群を眺めますと、
工事ロープなどで仕切られていましたが、思ったほど工事は進んでいません。
それでも、立ち入り禁止区域は確実に増えていました。
農場の朝#2

工事のフェンスやロープが写り込まないように撮ってみると、
昔と変わらない景色を見せてくれました。
農場の朝#3

並木のイチョウは黄葉が始まってすぐの感じで、まだ緑色が勝っている感じでした。
農場の朝#3-1

並木の根元を見てみると、銀杏の収穫は終わっているようです。
農場の朝#4

この農場で私が一番好きな講堂跡の景色は、
立ち入り規制のロープがあって近寄れないものの、以前の面影をそのまま残しています。
農場の朝#5

農場の朝#6

その講堂前の草地には、ここが弥生遺跡の中心であった石碑がまだ残されていました。
農場の朝#7

この中心部にある農場建物群と並木の周囲、以前はのどかな田圃や果樹園であったところはかなり工事が進み、
土盛りや整地がかなり進んでいて、早朝から工事車両の出入りも盛んでした。

農場の朝#8

いつもの散歩コースでは変化は微々たる感じではありますが、
全体で見ると、相当工事は進捗しているようです。

また暫く間を置いて、散歩してみましょうかね。
それにしても、寒かったぁ・・・・  (*_*;)


Nikon DF / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


テーマ:朝の風景 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.